• TOP  >
  • 産業医業務受託のご案内

産業医業務受託のご案内

従業員様の健康管理をサポート 産業医業務受託

同友会では、東京都を中心に産業医の受託を行っております。
従業員数が50名以上規模の企業などでは、労働安全衛生法により、産業医の選任が義務付けられています。 労働衛生管理に詳しい医師が、専門的な医学知識をもとに従業員の相談や健康管理についてサポートを行います。

産業医が主に行う業務

  • ・健康診断実施のアドバイス、その結果に基づく措置
  • ・作業環境の管理と改善
  • ・作業の管理
  • ・上記以外の健康管理に関すること
  • ・健康教育、健康相談
  • ・健康障害の原因調査、再発防止の措置
  • ・月1回の職場巡視

次のような場合では、産業医が必要になります。

  • ・従業員数が50名になる予定だ →14日以内に産業医を選任する必要があります。
  • ・労働基準監督署から是正勧告を受けている
  • ・従業員数は少ないが、従業員の健康管理を応援したい

私たちにご相談ください。

中小企業においては、仕事場における労働環境や、条件、そして近年問題となっているメンタルヘルス(心の病)や復職の問題、さまざまな従業員の健康についてコントロールしていくのは、非常に難しい問題です。

特に、医師を雇う余裕などないという事業主様も多いのではないでしょうか?

矢印

実は産業医は常時使用する労働者の数が1000人未満の事業所であれば原則として産業医の選任は専属でなくても構わないことになっています。そのため、外部に委託する方法が可能となります。

東京都文京区の同友会では、産業医活動の経験が豊かな医師が数多く在籍していますので、事業主様の負担を軽くしながら従業員の皆様の健康管理をバックアップしていくことができるのです。

小規模事業所においては、法律で50名以上の従業員数を抱える企業などが、産業医の選任義務が生じますが、特に1人1人の役割が大きい小規模事業所であれば、従業員の長期離脱は企業存続の危機に直結します。そのため、近い将来企業が発展して従業員数が多くなり義務化となる前に、大切な従業員への福利厚生としても、早めに対応していくことが、事業主と従業員の強い味方になるでしょう。

産業医業務受託
産業医業務受託のご案内
  • 産業医室のお問合せ
  • インターネットでのお問合せ

ページトップ