同友会メディカルニュース

2022年5月号
検査を行うのは誰?

検査を行うのは誰?
(イメージ)

はじめに

当会ではさまざまな医療従事者が勤務しておりますが、ふだん受けている健康診断や人間ドックで受診者様と接するスタッフがどういった職種か、意外とご存じないのではないでしょうか。

現在、当会では主に医師、看護師、臨床検査技師、診療放射線技師、管理栄養士、保健師といった医療職が従事していますが、それぞれどういった資格かご紹介します。

資格について

医師

6年制大学を修了した後、医師国家試験を受験します。合格して医師となった後は、研修医として臨床能力の研鑽を積みます。成績順と勘違いされているかたがたまにいらっしゃいますが、どの診療科を専門にするかは自分で選ぶことができます。全国に約34万人います。

看護師

4年制大学または3年制の短大・専門学校を修了した後、看護師国家試験を受験します。医師の指示のもと、診療機器を扱ったり、医薬品を投与する等、幅広く診療の補助を行うほか、療養上の世話も行っています。看護師は約120万人、准看護師は約30万人います。

臨床検査技師

4年制大学または3年制の短大・専門学校を修了した後、臨床検査技師国家試験を受験します。血液や尿、喀痰、組織など採取した検体を検査する検体検査と、医療機器を使って体を直接検査する生体検査の2つを行います。生体検査には超音波、心電図、脳波、呼吸機能、聴力、味覚・嗅覚、MRI、眼底写真といった様々な検査が含まれます。約7万人います。

診療放射線技師

4年制大学または3年制の短大・専門学校を修了した後、診療放射線技師国家試験を受験します。医師の指示のもと、X線撮影、消化管造影、マンモグラフィ、核医学検査、放射線治療、CT、MRI、超音波、骨密度、血管造影検査等に携わります。約7万人います。

管理栄養士

4年制の管理栄養士養成施設または2〜4年制の養成施設を修了して、まず栄養士の資格を取得します。前者は実務経験不要ですが、後者は1〜3年の実務経験を経て、管理栄養士国家試験を受験します。栄養に関する知識と技術を用いて、栄養指導・管理を行います。約26万人います。

保健師

看護師国家試験と保健師国家試験の両方に合格する必要があります。4年制大学または4年制専門学校を修了して両試験とも受験する方法と、まず看護師資格を取得してから保健師養成所に1年通って保健師国家試験を受験する方法があります。行政、企業、学校、病院において個人の健康相談にのったり、生活改善のためのアドバイスやサポートを行うほか、コミュニティ全体の健康を推進します。約5万人います。

同友会で検査を行っているのは

医療機関ごとに検査を担当する職種は多少違うのですが、当会での現状は以下の通りです。

採血

通常の採血は看護師または臨床検査技師が行っています。どこの病院にも我々医師よりもずっと上手で、非常に細い血管からも採血できる看護師・臨床検査技師がいます。
例外的に、動脈採血など特殊な採血は医師が行います。

X線撮影、消化管造影、CT、MRI、マンモグラフィ

医師の指示のもと、診療放射線技師が撮影し、医師が判定します。

上部・下部消化管内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ)

医師が検査を行い、看護師または臨床検査技師が介助を行います。組織を採取した場合は病理専門医が判定した結果をもとに、当会医師が最終診断をします。

超音波(エコー)、心電図、視力、聴力、呼吸機能

医師の指示のもと、臨床検査技師が行い、医師が判定します。

婦人科系

経腟超音波、子宮頚がん検査は医師が行っています。内視鏡同様、採取した組織は病理専門医が判定した結果をもとに、当会医師が最終診断をします。

眼底、眼圧

医師の指示のもと、看護師が行い、医師が判定します。

また、メタボリックシンドロームに対する栄養指導は管理栄養士が、睡眠・喫煙・飲酒などの生活習慣に対する保健指導は保健師が行っています。

おわりに

院内で白衣やスクラブ(半袖Vネックの医療用衣類)を着ていると区別がつきにくいですが、どんな職種のスタッフが検査を行っているかご理解いただいた上で受けていただくと多少緊張がほぐれるかもしれませんので、参考になれば幸いです。

同友会メディカルニュース / 医療と健康(老友新聞)

同友会メディカルニュース

小石川の健康散歩道

保健師コラム

第36回
こころを整える 〜リフレーミングをとりいれて〜NEW
第35回
パンダと一緒に健康に!?
第34回
好きな香りはありますか?
第33回
快眠のための寝具について
第32回
マスクと肌トラブル
第31回
腸内環境を整えよう~腸活のススメ~
第30回
手洗い・消毒後は、保湿をセットで手荒れを予防
第29回
心を満たす食卓が鍵
第28回
『コロナ太り』を解消!要因を知って具体的な対策に
第27回
外出自粛期間を乗り切るコツ 運動編
第26回
飛行機内の湿度は砂漠よりも低い?!
第25回
「お料理」のススメ
第24回
階段利用で歩数UP・プチ筋トレ♪
第23回
釣って食べる!海釣りのオススメ~船酔い(乗り物)酔い対策編~
第22回
素敵な和菓子
第21回
『デンタルケアから始める健康管理』
第20回
『気にしていますか? 夜間熱中症』
第19回
本当の血圧はどれくらい? ‐意外と知らない血圧上昇の原因‐
第18回
五感を働かせ、楽しみながらの英語習得!認知症予防にも効果的!?
第17回
「素敵な靴は、素敵な場所に連れて行ってくれる」って本当?!
第16回
今、スポーツ観戦がアツイ!
第15回
釣って食べる!海釣りのオススメ ~運動編~
第14回
太鼓に感動!
第13回
運動前の糖質摂取―大事なのは種類とタイミング―
第12回
体質は遺伝する、習慣は伝染する。
第11回
新生活を迎える時ほど大切に!家族・身近な相手とのコミュニケーション
第10回
もっと気軽に健康相談♪
第9回
食材で季節を感じてみませんか?
第8回
夏の日差しを楽しむために
第7回
休日は緑を求めて…
第6回
お風呂好きは日本人だけ?
第5回
気分の高揚を求めて
第4回
みなさん、趣味はありますか?
第3回
休み明けの朝だってすっきりさわやか、そんな生活への...
第2回
忙しい日々こそ、1日をふりかえること。
第1回
少しの工夫で散歩が変わる!

お元気ですか

季刊誌 お元気ですか

2022年7月号
  • 私の健康法 元陸上女子日本代表 福島 千里さん
  • 多発性嚢胞腎について知っておいてほしいこと
    医療法人社団 同友会 副理事長
    春日クリニック 副院長 吉本 貴宜
  • ~世界の健康的な食事「地中海食」~
  • 腰痛予防・解消ダイナミックストレッチ~体幹ひねり~
  • 目にも紫外線対策を
  • ご利用される方へ大切なお知らせ
  • 医療情報 第8回「健康と経営を考える会」
    シンポジウム開催レポート
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
同友会グループの社会貢献
健康と経営を考える会
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック2020 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
メディア掲載
取材に関するお問合せ

ページトップ