同友会メディカルニュース

2023年3月号
遺族ケアガイドラインについて

遺族ケアガイドラインが、日本サイコオンコロジー学会と日本がんサポーティブケア学会により作成されました。日本サイコオンコロジー学会は、がんに関連した心理・社会・行動的側面について科学的な研究と実践を行い、がん患者と家族により良いケアを提供していくことを目指している学会です。また、日本がんサポーティブケア学会は、がん医療における包括的な支持療法を、教育・研究・診療を通して確立し、国民の福祉に寄与することを基本理念とする学会です。

2022年に、わが国で、がんで亡くなった人は385,797人(男性223,291人、女性162,506人)で、死亡総数の24.6%を占めています。

日本人の死因

患者の死は、多くの場合、遺族にとって死別の苦しみのなかで生きていくことの始まりです。また、がんに限らず、最愛の家族や大切な人(遺族ケアガイドラインでは、「重要他者」という言葉が用いられています)を失うことは、人生で最大の苦しみとも言えます。
今回は、遺族ケアガイドラインについて解説させて頂きます。

1.遺族ケアガイドラインの目的

遺族ケアガイドラインの目的は、がん等の身体疾患によって重要他者を失った遺族を支える人を対象として、がん患者における遺族ケアを中心に、最新の知見を総括し、標準的な対応について示すことです。

死別後の悲しみは、多くは自然な形で現れ、時間とともに軽減する通常の悲嘆反応であり、多くの遺族は自分自身の力でその悲しみから回復していきます。一方、悲嘆による心理的・身体的症状が強く継続する場合は、日常生活に支障が出る場合や、死別後の健康状態に大きな影響を与える場合があります。

さらに、健康上の問題が生活や仕事など社会的に深刻な影響を与える場合には、積極的な支援が望まれ、一部の遺族では、うつ病、適応障害などに対する専門的な治療を心療内科や精神科で受けて頂くことが必要となります。

2.喪失と悲嘆

愛する人や物など、かけがえのない対象を失うことを「喪失」といい、喪失に対する心理的・身体的・行動的な反応を「悲嘆」と呼びます。
人生において、人は転居や別離など何度もの喪失を体験していますが、愛する人との死別は、自分のコントロールを超えた衝撃的な出来事となる場合があります。

例えば、Holmesらの研究では、ライフイベントをストレスの強度で順位付けしており、「家族の死」はその中でも上位を占めます【表1】。この方法は、ライフイベント法といわれ、結婚によるストレス度を50点とし、それを基準に0~100点の範囲で自己評価により点数化させたものです。この尺度は、多くの追試がされており、評価が高い測定法です。

〔表1〕 ライフイベントとそのストレス強度
                               
順位* ライフイベント ストレス強度
1 配偶者の死 100
2 離婚 73
3 配偶者との別居 65
5 近親者の死 63
6 自身の怪我や病気 53
7 結婚 50
8 失業 47
10 定年退職 45
11 家族の怪我や病気 44
12 妊娠 40
17 親友の死 37
18 転職 36
23 息子や娘が家を離れる 29
30 上司とのトラブル 23
32 転居 20

*Holmesらの原著では、43項目のライフイベントを順位付けしているが、主な15種類のライフイベントを引用した。

一方、恋人や友人、同僚を亡くした場合などにも、強い悲嘆が生じる場合があります。このように、悲嘆は、家族に限らず「重要他者」を失った人に現れる反応です。ただし、家族の悲嘆は社会的に認知されやすいのに対し、家族以外の重要他者を亡くした場合の悲嘆は社会的に認知されにくく、悲嘆の表出が制限されやすいため注意が必要です。

3.遺族とのコミュニケーション

遺族とのコミュニケーションを行う場合、遺族はどのような内容を多く語るのかについて知っておくことが重要です。多いものは、「治療の後悔」、「記念日反応」、「周囲からの言葉かけ、態度」についての三つです。

① 治療の後悔

遺族からの語りで最も多いのが「治療の後悔」です。遺族も患者の治療方針の決定に参加していることがほとんどですが、どのような選択だったにしても、その後、患者が亡くなっていますので、遺族はもっと良い方法があったのではないかと考えてしまい、後悔の思いを抱えていることが多いです。

② 記念日反応

悪いことが起きた日も含めて記念日と表現されますが、記念日に合わせて遺族に生じる様々な心理的な反応を「記念日反応」と呼びます。記念日反応は、命日はもちろん、がんの告知や再発など診断や治療の節目となる出来事、亡くなった人の誕生日や結婚記念日などでも生じます。

③ 周囲からの言葉かけ、態度

遺族は、「周囲からの言葉かけ、態度」によって、つらい気持ちになる場合があることが知られています。遺族のつらさを何とかしたいと考えている周囲の人の言葉かけが逆効果になってしまうことは少なくなく、「役に立たない援助」と呼ばれています。例えば、「寿命だったのよ」、「気付かなかったの?」などの言葉が挙げられます。遺族が傷つく言葉の代表例を【表2】に示します。

〔表2〕 遺族に対して慎みたい言葉
  • 寿命だったのよ
  • 気付かなかったの?
  • いつまでも悲しまないで
  • 元気そうね
  • でも、これで楽になったでしょ

逆に、遺族から見て有用であったと思える援助としては、遺族同士で話し合う機会を持つ、遺族が感情を表出する機会を持つ、援助者が関心を持つ、援助者がそばにいることが挙げられます。

4.おわりに

遺族とお会いした際は、ねぎらいやお悔やみの言葉を伝え、死別後の状況を含めて、遺族の話に共感的に耳を傾けることが大切です。
そして、悲嘆による心理的・身体的症状が強く継続する場合には、専門家(精神科医、心療内科医、心理士など)への相談を勧めましょう。
また、遺族の問題が低減し、日常生活が問題なく送れるようになった場合でも、愛する人を失った悲しみが消えたわけではないことを忘れないようにしましょう。

参考文献

  • 一般社団法人 日本サイコオンコロジー学会, 一般社団法人 日本がんサポーティブケア学会 : 遺族ケアガイドライン2022年版. 金原出版, 2022.
  • Holmes TH, Rahe RH. : The Social readjustment rating scale. Journal of Psychosom. Res, 11, 213-218, 1967.
  • 夏目誠, 村田弘 : ライフイベント法とストレス度測定. Bull. Inst. Public Health, 42, 402-412, 1993.

参考サイト

同友会メディカルニュース / 医療と健康(老友新聞)

同友会メディカルニュース

小石川の健康散歩道

保健師コラム

第42回
味噌汁は健康づくりの救世主?!
      ~味噌汁の塩分量と栄養素どっちをとる?~
NEW
第41回
食べる・育てる・観る ガーデニングの良いところ
第40回
推しの力!
第39回
炭酸飲料?お茶?あなたは何を飲みますか?
第38回
気になる喉の乾燥の防ぎ方
第37回
香りやにおい、マスク着用の日々だからこそ、意識してみませんか。
第36回
こころを整える 〜リフレーミングをとりいれて〜
第35回
パンダと一緒に健康に!?
第34回
好きな香りはありますか?
第33回
快眠のための寝具について
第32回
マスクと肌トラブル
第31回
腸内環境を整えよう~腸活のススメ~
第30回
手洗い・消毒後は、保湿をセットで手荒れを予防
第29回
心を満たす食卓が鍵
第28回
『コロナ太り』を解消!要因を知って具体的な対策に
第27回
外出自粛期間を乗り切るコツ 運動編
第26回
飛行機内の湿度は砂漠よりも低い?!
第25回
「お料理」のススメ
第24回
階段利用で歩数UP・プチ筋トレ♪
第23回
釣って食べる!海釣りのオススメ~船酔い(乗り物)酔い対策編~
第22回
素敵な和菓子
第21回
『デンタルケアから始める健康管理』
第20回
『気にしていますか? 夜間熱中症』
第19回
本当の血圧はどれくらい? ‐意外と知らない血圧上昇の原因‐
第18回
五感を働かせ、楽しみながらの英語習得!認知症予防にも効果的!?
第17回
「素敵な靴は、素敵な場所に連れて行ってくれる」って本当?!
第16回
今、スポーツ観戦がアツイ!
第15回
釣って食べる!海釣りのオススメ ~運動編~
第14回
太鼓に感動!
第13回
運動前の糖質摂取―大事なのは種類とタイミング―
第12回
体質は遺伝する、習慣は伝染する。
第11回
新生活を迎える時ほど大切に!家族・身近な相手とのコミュニケーション
第10回
もっと気軽に健康相談♪
第9回
食材で季節を感じてみませんか?
第8回
夏の日差しを楽しむために
第7回
休日は緑を求めて…
第6回
お風呂好きは日本人だけ?
第5回
気分の高揚を求めて
第4回
みなさん、趣味はありますか?
第3回
休み明けの朝だってすっきりさわやか、そんな生活への...
第2回
忙しい日々こそ、1日をふりかえること。
第1回
少しの工夫で散歩が変わる!

お元気ですか

季刊誌 お元気ですか

2024年4月号
  • 私の健康法
    公益社団法人井村アーティスティックスイミング
    代表理事 井村 雅代さん
  • 眠れないとは? ~不眠症とその対処法について~
    相良労働衛生コンサルタント事務所 所長
    睡眠専門医 相良 雄一郎
    ドクターによる健康に役立つ医学情報をご紹介いたします。
  • 減塩食を取り入れてみよう
  • 自宅でできる平衡感覚テスト
  • 頭の凝りをほぐして、すっきりリフレッシュ
  • 春日クリニック 特別ドック4/1フロアリニューアル

ページトップ