栄養士連載 食事プラスワン

第25回 体重を測ろう

新型コロナウイルスの感染拡大の影響によりテレワークになった、ヒトシさん(38歳)

体重の増加が止まらないため、栄養相談に来室しました。

ヒトシさん(38歳)

いわゆる『コロナ太り』で、この1年で体重が8kgも増えてしまい
困っちゃいましたよ~

1年で8kg!?
新型コロナウイルスの影響で、どのような生活の変化がありましたか?

栄養士

ヒトシさん(38歳)

テレワークになりました。
通勤がなくなり、運動不足だなと実感はあります。

満員電車も大変ですが、通勤時間も貴重な身体活動の一部ですからね。
通勤時間がなくなると、1日の中で歩く機会が減ってしまいますよね。

栄養士

ヒトシさん(38歳)

そうなんです!
ずっと家にいて体を動かさないのに、いつも通りお腹は空くんです。
食べる量に気を付けなければと頭ではわかっているんですが、おやつを食べてしまったりなんだかんだ、食べている量は増えてるような気がします。

新型コロナウイルスの影響で、生活がガラっと変わってしまったんですね。
『コロナ太り』は運動不足による消費カロリーの低下、
食べ過ぎ・飲みすぎによる摂取カロリーの増加が原因です。

栄養士

食べ過ぎ・飲みすぎによる摂取カロリー

ヒトシさんは、体重を測る習慣はありますか?

栄養士

ヒトシさん(38歳)

なんとなく太ってきたのがわかり、
怖くて体重計に乗るのをやめてしまいました。

以前は体重を測っていたのですね
体重を知ることで、身長に見合った体重かBMIを用いて確認することができます。

栄養士

身長に見合った体重かBMIを用いて確認

肥満は、糖尿病・高血圧・脂質異常症など生活習慣病の引き金になることが分かっています。体重は健康のバロメーターなので、体重測定をまた習慣にできると良いですね。

栄養士

ヒトシさん(38歳)

健康のバロメーターか…
確かに、毎日計っていた時は安定して体重が増えすぎる事はなかったような…

ヒトシさん(38歳)

体重の測定、再開したいと思います!!
体重を測るおすすめのタイミングはありますか?

一定の条件での測定がおすすめです。
体重は、食事・排泄・運動などの影響を受けて変動します。
例えば...朝起きて排泄後、朝食前など決まったタイミングで測定すると良いでしょう。

栄養士

朝のルーティン

ヒトシさん(38歳)

なるほど~
今までは、何も考えず朝や夜のお風呂前後などバラバラに測定をしていました。これからは、朝一のルーティンにします。

ヒトシさん(38歳)

体重測定はもともと習慣だったし、他にできそうなことはないですか?

やる気いっぱいですね!!
ヒトシさん、ダイエットの経験はありますか?

栄養士

ヒトシさん(38歳)

何度もありますよ~
ダイエットして、リバウンドして...の繰り返しです。

ダイエット成功しても、リバウンドしてしまうのですね。
どのようなダイエットをしましたか?

栄養士

ヒトシさん(38歳)

えーっと...
2~3ヵ月の短期間で食事制限と運動を頑張って、4~5kg減量してその後、食事制限と運動はだんだんやらなくなって...
いつのまにか体重も戻っているんですよ。

短期間であれば、目的のために好きなものを制限できますよね!
けれど、それが極端なダイエットの落とし穴です。
元の生活に戻れば体重も戻るということは、経験上よくお分かりですよね。
ただ体重を落とすためと考えず良い生活習慣に改善していくことを意識できると良いでしょう。

栄養士

ヒトシさん(38歳)

つまり、短期ではなく長期間続けられることを考えるということですね。

その通りです!
ヒトシさんはまず、体重測定を再開し体重の維持を心がけましょう。
物足りないようであれば、テレワークによる運動不足解消の取り組みとして
『+10(プラステン)』から始めてみてみませんか?

栄養士

健康日本21アクティブガイド
アクティブガイド(PDF)を開く

ヒトシさん(38歳)

1日10分のウォーキングなら、ずっと続けられそうです!!
少しの努力をずっと続けていくことが大切なんですね!
健康のために、少しづつ生活改善に取り組みたいです。

安全に運動・スポーツをするポイントは?ver.2
安全に運動・スポーツをするポイントは?ver.2(PDF)を開く

コラム

プラス10分のウォーキング

新型コロナウイルス感染拡大を受け、テレワークの導入や外出自粛など様々な影響により、運動不足を実感している人は多いのではないでしょうか。

健康日本21では1日の平均歩数を男性9200歩、女性8300歩を目標としていますが、
令和元年の国民健康栄養調査では1日の平均歩数が男性約6800歩、女性約5800歩でした。

目標値に達していない方も、まずは「+10(プラステン)」から始めましょう。
プラス10分のウォーキングで、歩数平均1000歩、歩行距離600~700mの増加に相当します。

最近はスマートフォンで簡単に歩数確認をすることができるようになりました。
あなたの平均歩数をこれまでより1000歩多くしてみませんか?

そしてウォーキングを習慣とし、新型コロナウイルスの影響による運動不足を解消しましょう。

注意
特に治療中の方は、食事量、調理方法など、必ず担当の医師や栄養士に確認し、指示に従ってください。

栄養バランスのよい食事とは

同友会メディカルニュース / 医療と健康(老友新聞)

同友会メディカルニュース

小石川の健康散歩道

保健師コラム

第30回
手洗い・消毒後は、保湿をセットで手荒れを予防NEW
第29回
心を満たす食卓が鍵
第28回
『コロナ太り』を解消!要因を知って具体的な対策に
第27回
外出自粛期間を乗り切るコツ 運動編
第26回
飛行機内の湿度は砂漠よりも低い?!
第25回
「お料理」のススメ
第24回
階段利用で歩数UP・プチ筋トレ♪
第23回
釣って食べる!海釣りのオススメ~船酔い(乗り物)酔い対策編~
第22回
素敵な和菓子
第21回
『デンタルケアから始める健康管理』
第20回
『気にしていますか? 夜間熱中症』
第19回
本当の血圧はどれくらい? ‐意外と知らない血圧上昇の原因‐
第18回
五感を働かせ、楽しみながらの英語習得!認知症予防にも効果的!?
第17回
「素敵な靴は、素敵な場所に連れて行ってくれる」って本当?!
第16回
今、スポーツ観戦がアツイ!
第15回
釣って食べる!海釣りのオススメ ~運動編~
第14回
太鼓に感動!
第13回
運動前の糖質摂取―大事なのは種類とタイミング―
第12回
体質は遺伝する、習慣は伝染する。
第11回
新生活を迎える時ほど大切に!家族・身近な相手とのコミュニケーション
第10回
もっと気軽に健康相談♪
第9回
食材で季節を感じてみませんか?
第8回
夏の日差しを楽しむために
第7回
休日は緑を求めて…
第6回
お風呂好きは日本人だけ?
第5回
気分の高揚を求めて
第4回
みなさん、趣味はありますか?
第3回
休み明けの朝だってすっきりさわやか、そんな生活への...
第2回
忙しい日々こそ、1日をふりかえること。
第1回
少しの工夫で散歩が変わる!

お元気ですか

季刊誌

2021年4月号
  • 私の健康法 女優 松原 智恵子さん
  • 熱中症あれこれ
    順天堂大学医学部附属順天堂医院
    救急プライマリケアセンター 渡辺 心
  • 「国民健康・栄養調査」健康無関心層
  • 腰痛チェック ~足の筋力テスト~
  • ストレスから心と体を守る
  • ご利用される方へ大切なお知らせ
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
同友会グループの社会貢献
健康と経営を考える会
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック2020 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
メディア掲載
取材に関するお問合せ

ページトップ