保健師コラム 小石川の健康散歩道

第39回 炭酸飲料?お茶?あなたは何を飲みますか?

保健師 川口 理恵

暖かいを通り越して「暑い」と感じる日も出てきました。暑いと喉も乾きますので、冷たい飲み物もおいしいですね。さて、あなたがよく飲む飲み物は何が多いでしょうか?炭酸飲料、ジュース、甘いミルクティー…。楽しみとして飲んでいるもの、何となく飲んでいるもの様々かと思います。

甘い飲み物のここが気になる!

加糖飲料を飲みますと、吸収の早い糖類が高血糖状態をまねきます。この急激な高血糖状態は糖尿病や肥満を招くといわれています。さらに血糖値が上昇すると喉が渇くため、再び加糖飲料を飲むという悪循環に陥ってしまうのも問題です。
注意してほしいのは炭酸飲料だけではなくスポーツドリンクも。スポーツをしていないときに飲むスポーツドリンクはエネルギーの過剰摂取につながることも。

そして加糖飲料の常飲は肥満や糖尿病を招くだけではなく、重度の場合は、意識朦朧・昏睡などの症状を呈すこともあります。スポーツをした時や、お好きな場合はたまに飲む程度にして、普段飲むのは水やお茶にすることをおすすめします。

砂糖の量で比べてみると…(500mlで換算)

炭酸飲料…スティックシュガー約19本分
ミルクティー…スティックシュガー約11本分
オレンジジュース(100%)…スティックシュガー約15本分
オレンジジュース(30%)…スティックシュガー約18本分
スポーツドリンク…スティックシュガー約10本分
(スティックシュガー1本=砂糖3g)

緑茶の健康サポート効果

普段飲むにもおすすめのお茶には様々な健康サポート効果が期待されています。
お茶と言えばまずは緑茶を思い浮かべる方が多いかと思います。緑茶の代表的な健康成分がカテキンです。カテキンは渋みの成分で抗酸化作用があるといわれています。その他にもカフェイン(苦み)やテアニン(うまみ)、ビタミン類など様々な成分が入っています。
代表的な効果には抗菌・抗毒作用があります。日常生活の中でも緑茶カテキンの効果をうたった商品を見かけることがあるかと思います。腸炎ビブリオや腸管出血性大腸菌O-157などに対しても抗菌・抗毒作用があるとも言われています。
一方で、カフェインも含まれますので、寝る前に飲むのは避けるなど対策は必要です。
そのほか抗アレルギー作用やストレス対策効果なども期待されていますので、美味しいお茶を日々の生活に上手に取り入れていきたいですね。

必要な水の量

年齢や体格、活動量にもよりますが、成人が飲み物として必要な水分量は1日1~1.5Lと言われています。水分が不足しますと脳梗塞や心筋梗塞のリスクも上がりますので、1日コップ6~8杯を目安に水分を取りましょう。特に入浴後や睡眠後は水分不足になりやすいので、意識して水を飲むとが推奨されています。

必要な水の量

<参考>
厚生労働省eヘルスネット 「嗜好飲料(アルコール飲料を除く)」
厚生労働省 「健康のため水を飲もう」推進運動
茶の健康効果20選

同友会メディカルニュース / 医療と健康(老友新聞)

同友会メディカルニュース

小石川の健康散歩道

保健師コラム

第43回
「座り過ぎ」に要注意!   ~毎日コツコツ、病気予防~NEW
第42回
味噌汁は健康づくりの救世主?!
      ~味噌汁の塩分量と栄養素どっちをとる?~
第41回
食べる・育てる・観る ガーデニングの良いところ
第40回
推しの力!
第39回
炭酸飲料?お茶?あなたは何を飲みますか?
第38回
気になる喉の乾燥の防ぎ方
第37回
香りやにおい、マスク着用の日々だからこそ、意識してみませんか。
第36回
こころを整える 〜リフレーミングをとりいれて〜
第35回
パンダと一緒に健康に!?
第34回
好きな香りはありますか?
第33回
快眠のための寝具について
第32回
マスクと肌トラブル
第31回
腸内環境を整えよう~腸活のススメ~
第30回
手洗い・消毒後は、保湿をセットで手荒れを予防
第29回
心を満たす食卓が鍵
第28回
『コロナ太り』を解消!要因を知って具体的な対策に
第27回
外出自粛期間を乗り切るコツ 運動編
第26回
飛行機内の湿度は砂漠よりも低い?!
第25回
「お料理」のススメ
第24回
階段利用で歩数UP・プチ筋トレ♪
第23回
釣って食べる!海釣りのオススメ~船酔い(乗り物)酔い対策編~
第22回
素敵な和菓子
第21回
『デンタルケアから始める健康管理』
第20回
『気にしていますか? 夜間熱中症』
第19回
本当の血圧はどれくらい? ‐意外と知らない血圧上昇の原因‐
第18回
五感を働かせ、楽しみながらの英語習得!認知症予防にも効果的!?
第17回
「素敵な靴は、素敵な場所に連れて行ってくれる」って本当?!
第16回
今、スポーツ観戦がアツイ!
第15回
釣って食べる!海釣りのオススメ ~運動編~
第14回
太鼓に感動!
第13回
運動前の糖質摂取―大事なのは種類とタイミング―
第12回
体質は遺伝する、習慣は伝染する。
第11回
新生活を迎える時ほど大切に!家族・身近な相手とのコミュニケーション
第10回
もっと気軽に健康相談♪
第9回
食材で季節を感じてみませんか?
第8回
夏の日差しを楽しむために
第7回
休日は緑を求めて…
第6回
お風呂好きは日本人だけ?
第5回
気分の高揚を求めて
第4回
みなさん、趣味はありますか?
第3回
休み明けの朝だってすっきりさわやか、そんな生活への...
第2回
忙しい日々こそ、1日をふりかえること。
第1回
少しの工夫で散歩が変わる!

お元気ですか

季刊誌 お元気ですか

2024年7月号
  • 私の健康法
    野球解説者 江本 孟紀さん
  • 多様化する心臓弁膜症の治療
    順天堂大学心臓血管外科主任教授 田端 実
    ドクターによる健康に役立つ医学情報をご紹介いたします。
  • 認知症予防のための食事
  • 自宅でできる「平衡感覚・足の筋力」テスト
  • WBGTを活用して、熱中症を予防しよう!
  • 春日クリニック 特別ドック2024年4月1日フロアリニューアル

ページトップ