保健師コラム 小石川の健康散歩道

第42回 味噌汁は健康づくりの救世主?!
~味噌汁の塩分量と栄養素どっちをとる?~

産業保健本部 保健師 志村 麻衣子

~味噌汁の歴史と現状~

皆さんは一日に味噌汁を口にする機会はありますか。あったかい味噌汁は、日本独特の料理でもあるそうです。その歴史は鎌倉時代から始まり、室町、江戸、現代へ。
味噌は大豆、麹、塩からつくられる発酵食品。腸内細菌を整える効果があり、積極的に摂ることを意識されている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、味噌汁を含む日本食文化は、戦後80年近く欧米化が進み、洋食、中華、ファストフードなど食の多様化により、日本食の利用も減少傾向にあるようです。最近の動向では主食の米の消費量や味噌の消費量も年々減少しているようです。反対に動物性脂肪の摂取は増加していることも統計で示されています。
日々の保健指導の際にも、食事内容が朝は菓子パン、昼はカップ麺、夕はハンバーガーというような方もおり、栄養バランスの偏りが顕著になるケースもみられます。

~味噌汁に含まれる塩分~

欧米化している日本人の食生活、少しでも日本食を手軽に利用できないでしょうか?
そこで、日本食にかかせない“味噌汁”。豆腐やお野菜が入り、タンパク質と食物繊維、ビタミン類、カリウムなども摂れ、ヘルシーで消化にも良い。なんとも魅力的ですよね。
しかし、味噌汁は、塩分が多いのでは?と気にされる方もいるかもしれません。
実際は、味噌汁1杯:約1.2〜1.5gほど。反対にカップ麺やラーメンは約5g~8gほどの塩分量です。市販のレトルトカレーは約2.7g。味噌汁よりも、簡単に食べられる加工食品は塩分が高いことがわかります。

~味噌汁の栄養素とメリット~

さらに、味噌汁は、味噌の原料である大豆の栄養素による、健康効果も期待できる面があります。

コレステロールの抑制
大豆に含まれるレシチンや食物繊維は、コレステロールを排出する作用が期待できます。

抗酸化作用
大豆に含まれるポリフェノールをはじめ、ビタミンE・イソフラボンなどは、どれも体内の酸化抑制効果をもたらし、がんや生活習慣病、老化の予防にも。

~塩分量/栄養素どっちを取るの?メタボ対策の強い味方~

さらに、味噌汁は、具材として、野菜やタンパク源を入れれば1品でも十分なおかずになります。気になる塩分も、具沢山にすることで、スープ量も抑えられ減塩対策に。
また、夜遅い食事に利用すれば、満足度も高く、ヘルシーな一品にもなります。

作るのが面倒・時間がない時は、フリーズドライの味噌汁を利用するのも1つです。余裕があれば、卵や豆腐、冷凍の根菜、葉物を利用するのも便利ですね。また、即席味噌汁は付属の味噌量を加減して利用すれば、塩分量も調整できます。

味噌汁の塩分量は加工品に比べると比較的抑えられ、栄養価も高い。“日本食・味噌汁”
利用しない手はないかと思います。食事は面倒、時間がなくて、昼にカップ麺や夕に加工食品が多い方、まずはその1食を具沢山の味噌汁とおにぎりにかえてみるのも栄養バランスの偏り防止になるのではないでしょうか。

参考資料:
・厚生労働省 国民健康・栄養調査 国民健康・栄養調査|厚生労働省 (mhlw.go.jp)
・全国味噌工業協同組合連合会 /味噌健康づくり委員会 みそ健康づくり委員会/ 味噌の公式サイト (miso.or.jp)
・農林水産省 農林水産省ホームページ (maff.go.jp)
・七訂食品成分表2023

同友会メディカルニュース / 医療と健康(老友新聞)

同友会メディカルニュース

小石川の健康散歩道

保健師コラム

第43回
「座り過ぎ」に要注意!   ~毎日コツコツ、病気予防~NEW
第42回
味噌汁は健康づくりの救世主?!
      ~味噌汁の塩分量と栄養素どっちをとる?~
第41回
食べる・育てる・観る ガーデニングの良いところ
第40回
推しの力!
第39回
炭酸飲料?お茶?あなたは何を飲みますか?
第38回
気になる喉の乾燥の防ぎ方
第37回
香りやにおい、マスク着用の日々だからこそ、意識してみませんか。
第36回
こころを整える 〜リフレーミングをとりいれて〜
第35回
パンダと一緒に健康に!?
第34回
好きな香りはありますか?
第33回
快眠のための寝具について
第32回
マスクと肌トラブル
第31回
腸内環境を整えよう~腸活のススメ~
第30回
手洗い・消毒後は、保湿をセットで手荒れを予防
第29回
心を満たす食卓が鍵
第28回
『コロナ太り』を解消!要因を知って具体的な対策に
第27回
外出自粛期間を乗り切るコツ 運動編
第26回
飛行機内の湿度は砂漠よりも低い?!
第25回
「お料理」のススメ
第24回
階段利用で歩数UP・プチ筋トレ♪
第23回
釣って食べる!海釣りのオススメ~船酔い(乗り物)酔い対策編~
第22回
素敵な和菓子
第21回
『デンタルケアから始める健康管理』
第20回
『気にしていますか? 夜間熱中症』
第19回
本当の血圧はどれくらい? ‐意外と知らない血圧上昇の原因‐
第18回
五感を働かせ、楽しみながらの英語習得!認知症予防にも効果的!?
第17回
「素敵な靴は、素敵な場所に連れて行ってくれる」って本当?!
第16回
今、スポーツ観戦がアツイ!
第15回
釣って食べる!海釣りのオススメ ~運動編~
第14回
太鼓に感動!
第13回
運動前の糖質摂取―大事なのは種類とタイミング―
第12回
体質は遺伝する、習慣は伝染する。
第11回
新生活を迎える時ほど大切に!家族・身近な相手とのコミュニケーション
第10回
もっと気軽に健康相談♪
第9回
食材で季節を感じてみませんか?
第8回
夏の日差しを楽しむために
第7回
休日は緑を求めて…
第6回
お風呂好きは日本人だけ?
第5回
気分の高揚を求めて
第4回
みなさん、趣味はありますか?
第3回
休み明けの朝だってすっきりさわやか、そんな生活への...
第2回
忙しい日々こそ、1日をふりかえること。
第1回
少しの工夫で散歩が変わる!

お元気ですか

季刊誌 お元気ですか

2024年7月号
  • 私の健康法
    野球解説者 江本 孟紀さん
  • 多様化する心臓弁膜症の治療
    順天堂大学心臓血管外科主任教授 田端 実
    ドクターによる健康に役立つ医学情報をご紹介いたします。
  • 認知症予防のための食事
  • 自宅でできる「平衡感覚・足の筋力」テスト
  • WBGTを活用して、熱中症を予防しよう!
  • 春日クリニック 特別ドック2024年4月1日フロアリニューアル

ページトップ