同友会メディカルニュース

2023年8月号
かぜ症候群 ~感染予防における素朴な疑問を中心に~

はじめに

2020年より流行していた新型コロナウイルスですが、重症化リスクは低下しました。その結果、感染予防としてのマスク着用は個人の判断に任せる状況へと変化し、感染症法上においても5類感染症へ変更となりました。なお、5類感染症には、季節性インフルエンザ等が分類されています。新型コロナウイルスや季節性インフルエンザは、ウイルスの感染症で、不幸にも一部の重症化する方々を除き、通常多くの感染した方々は軽症です。
これら疾患は、社会制限が緩やかになった現在において、高頻度で遭遇する疾患であり、筆者は外来診療において多くの方を診察・治療しております。同時に、受診される方より予防について相談や質問を多く受けます。そこで今回は、新型コロナウイルスや季節性インフルエンザを含めた、かぜ症候群の感染予防における素朴な疑問を、医学的根拠を用いながらわかる範囲で簡潔に説明させて頂きます。

かぜ症候群とは

俗にいう「かぜ」症状は、鼻症状(鼻汁・鼻閉)、咽頭症状(咽頭痛)、下気道症状(咳、痰)、発熱、全身倦怠感等様々です。医学用語では、「かぜ症候群」といわれておりますが、定義は様々で、基本的には鼻閉、鼻汁、くしゃみ、咽頭痛を特徴とする急性ウイルス疾患と考えられています(参考文献1、図1)。病原体の80%~90%はウイルスです。新型コロナウイルスや季節性インフルエンザも病原体はウイルスで、軽症例では上記定義の症状を満たすことから、かぜ症候群に含まれます。かぜ症候群でも、鼻症状が強くなれば急性副鼻腔炎、咽頭症状が強くなれば急性咽頭炎、下気道状が強くなれば急性気管支炎へとそれぞれ病態が進行していきます(図1)。

かぜ症候群イメージ図

睡眠不足はかぜ症候群にかかりやすいか

筆者は学童期に「寝不足だとかぜをひくよ」とよく親に言われていました。実際はどうなのでしょうか。
健康成人(21歳~55歳)計153人において14日間の睡眠時間を評価したうえで、かぜ症候群の原因として最も多いライノウイルスに暴露させて症状を検討した研究があります。睡眠時間が7時間未満の人は、8時間以上の人と比較して2.94倍かぜ症候群にかかる可能性が高くなったという報告があります(参考文献2、図2)。

睡眠不足はかぜ症候群にかかりやすい

プロバイオティクスはかぜ症候群に有効か

以前より、ヨーグルトや乳酸菌飲料の摂取は、かぜ症候群の予防に効くと耳にします。プロバイオティクス(乳酸菌)は、ギリシャ語で「生命のために」を意味します。宿主に有益な効果をもたらす微生物の事です。
米国の小児に対する研究で、プロバイオティクス摂取群の方が、プロバイオティクス非摂取群よりも一般的な感染症(かぜ症候群を含む)の発症リスクが19%低いという報告があります(参考文献3)。メカニズムは十分にわかっていません(どの乳酸菌が有用か、どのくらい摂取すれば有用か等)が、免疫系を調整すると考えられ、他の研究でも同様内容の報告(参考文献4)がされています。

ビタミンCはかぜ症候群に有効か

ビタミンCとかぜ症候群予防に関しては、よく話題になりますね。メタ解析(複数の医学的論文をまとめた報告)ではビタミンCによるかぜ症候群の予防は否定されています(参考文献4)。しかしながら、小児領域では、ビタミンCはかぜ症候群の発症予防効果を認めなかったものの、かぜ症候群の感染期間を1.6日減少させたという報告があります(参考文献5)。

まとめ

上記かぜ症候群の予防についてお話ししました。かぜ症候群に感染するには、ウイルスの感染力と、感染する方の体のコンディション(睡眠や疲労度や腸内環境やストレス等)のバランスに依存すると考えられます。今回紹介した中で、かぜ症候群予防には、睡眠はやはり重要のようです。その他は効けばラッキーという気持ちで接してみるのはいかがでしょうか。また、かぜ症候群の症状を有する方は、周囲の方にうつさないためにも、場面ごとの状況に応じたマスク着用等の基本的な感染予防策は引き続き重要ではないでしょうか。

参考文献

  • 岡部信彦:子どものかぜ薬 何がホント? ; 総論 かぜって何?~そもそも「かぜ」とは何なのか⋯~. チャイルドヘルス,18:718-720,2015
  • Cohen S et al: Arch Intern Med. 2009 Jan 12;169(1):62-7.
  • Merenstein D et al: Eur J Clin Nutr. 2010 Jul;64(7):669-77.
  • 日山亨、吉原正治:かぜ症候群の予防に関するメタ解析論文のレビュー.総合保健科学, Vol. 34, 2018, 67-74
  • Vorilhon P et al: The Role of Vitamin C as Adjuvant Therapy in COVID-19. Cureus 12(11)

同友会メディカルニュース / 医療と健康(老友新聞)

同友会メディカルニュース

小石川の健康散歩道

保健師コラム

第41回
食べる・育てる・観る ガーデニングの良いところNEW
第40回
推しの力!
第39回
炭酸飲料?お茶?あなたは何を飲みますか?
第38回
気になる喉の乾燥の防ぎ方
第37回
香りやにおい、マスク着用の日々だからこそ、意識してみませんか。
第36回
こころを整える 〜リフレーミングをとりいれて〜
第35回
パンダと一緒に健康に!?
第34回
好きな香りはありますか?
第33回
快眠のための寝具について
第32回
マスクと肌トラブル
第31回
腸内環境を整えよう~腸活のススメ~
第30回
手洗い・消毒後は、保湿をセットで手荒れを予防
第29回
心を満たす食卓が鍵
第28回
『コロナ太り』を解消!要因を知って具体的な対策に
第27回
外出自粛期間を乗り切るコツ 運動編
第26回
飛行機内の湿度は砂漠よりも低い?!
第25回
「お料理」のススメ
第24回
階段利用で歩数UP・プチ筋トレ♪
第23回
釣って食べる!海釣りのオススメ~船酔い(乗り物)酔い対策編~
第22回
素敵な和菓子
第21回
『デンタルケアから始める健康管理』
第20回
『気にしていますか? 夜間熱中症』
第19回
本当の血圧はどれくらい? ‐意外と知らない血圧上昇の原因‐
第18回
五感を働かせ、楽しみながらの英語習得!認知症予防にも効果的!?
第17回
「素敵な靴は、素敵な場所に連れて行ってくれる」って本当?!
第16回
今、スポーツ観戦がアツイ!
第15回
釣って食べる!海釣りのオススメ ~運動編~
第14回
太鼓に感動!
第13回
運動前の糖質摂取―大事なのは種類とタイミング―
第12回
体質は遺伝する、習慣は伝染する。
第11回
新生活を迎える時ほど大切に!家族・身近な相手とのコミュニケーション
第10回
もっと気軽に健康相談♪
第9回
食材で季節を感じてみませんか?
第8回
夏の日差しを楽しむために
第7回
休日は緑を求めて…
第6回
お風呂好きは日本人だけ?
第5回
気分の高揚を求めて
第4回
みなさん、趣味はありますか?
第3回
休み明けの朝だってすっきりさわやか、そんな生活への...
第2回
忙しい日々こそ、1日をふりかえること。
第1回
少しの工夫で散歩が変わる!

お元気ですか

季刊誌 お元気ですか

2024年1月号
  • 私の健康法 歌舞伎役者 松本 幸四郎さん
  • 白内障を乗り越え、クリアな未来へ:
    自分の眼を知り、最適な眼内レンズ選択を
    町田市民病院眼科 東京慈恵会医科大学 眼科学講座
    助教 小松 功生士
    ドクターによる健康に役立つ医学情報をご紹介いたします。
  • 郷土料理を食してみませんか?
  • 四十肩・五十肩体操~両腕ひねり体操~
  • 冬の体調管理のポイント~インフルエンザにかからないために~
  • 春日クリニック 再検査・精密検査・外来診療センターが3Fに移転
  • 深川クリニック 婦人科検診を開設
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
健康と経営を考える会
日本ユニセフ協会への寄付
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
メディア掲載
取材に関するお問合せ

ページトップ