保健師コラム 小石川の健康散歩道

第38回 気になる喉の乾燥の防ぎ方

保健師 脇神 亜希子

朝起きたら、喉がカラカラで軽い痛みも…もしかしたら風邪?コロナ?インフルエンザ?
この冬、そんな経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
喉の粘膜には小さな繊毛が生えており、ウイルスや細菌が体に侵入するのを防いでくれています。繊毛の働きは寒さと乾燥に弱く、まさに冬は喉の粘膜を介した感染症にかかりやすい時季といえます。
特に寝ている時は室内環境の変化に対応しにくく、呼吸の仕方も無防備に。しっかりと対策し喉を守りましょう。

【原因】

1.寝室の乾燥
エアコンのつけっぱなしで寝るなど湿度が下がりやすくなります。寝室の湿度は50%程度が最も快適とされており、40%を下回るとウイルスが飛散しやすくなります。

2.口呼吸
寝ている間は気づきにくいのですが、朝起きた時に口内の渇きが気になる、普段から無意識に口が開くことが多い、鼻づまりがある、いびきをかく、などがあれば、口呼吸による喉の乾燥が考えられます。

3.水分不足
人は寝ている間コップ1杯程度(200~300ml)の汗をかくと言われています。お酒やカフェインの摂り過ぎで排尿量が増えたり、女性ではホルモンバランスの乱れで発汗量が増えるなど、寝ている間に水分不足(脱水)になることがあります。

【対策】

1.加湿器を使用し最適な湿度を確保しましょう。
湿度は40~60%未満に。60%以上になると不快に感じられ、加湿器内の水に細菌が繁殖しやすくなることも。感染すると肺炎を引き起こすこともありますので、加湿器の清掃とともに、適切な湿度になるよう調整が大切です。

2.洗濯物の部屋干しや濡れたタオルを部屋内に置いておく
洗濯物を部屋干しすると、湿度が10~20%上がり部屋全体の加湿に役立ちます。

3.口呼吸を防ぐ・保湿マスクの利用
鼻呼吸をサポートするグッズや、寝る時専用の保湿マスクの利用も効果的です。寝ている間は不快感に気づきにくいため、朝起きた時の装着感を確認し、ご自身に合った素材・グッズを選ぶようにしましょう。

4.鼻づまりやいびきは受診し適切な治療を受けましょう
アレルギー性鼻炎や睡眠時無呼吸症候群などの病気が考えられる場合は、ご自身で口呼吸を治すことが難しくしっかり治療することが大切です。耳鼻科や睡眠外来に相談の上、適切な治療を受けましょう。

5.寝る前にコップ1杯の水分を摂る
寝ている間に失われる水分をあらかじめ摂っておくことで脱水予防になり、喉の乾燥を抑えます。厚生労働省では、入浴後から寝る前にコップ1杯程度の水分を摂ることをすすめています。

気になる喉の乾燥の防ぎ方

参考:厚生労働省 「健康のため水を飲もう」推進運動 より

同友会メディカルニュース / 医療と健康(老友新聞)

同友会メディカルニュース

小石川の健康散歩道

保健師コラム

第41回
食べる・育てる・観る ガーデニングの良いところNEW
第40回
推しの力!
第39回
炭酸飲料?お茶?あなたは何を飲みますか?
第38回
気になる喉の乾燥の防ぎ方
第37回
香りやにおい、マスク着用の日々だからこそ、意識してみませんか。
第36回
こころを整える 〜リフレーミングをとりいれて〜
第35回
パンダと一緒に健康に!?
第34回
好きな香りはありますか?
第33回
快眠のための寝具について
第32回
マスクと肌トラブル
第31回
腸内環境を整えよう~腸活のススメ~
第30回
手洗い・消毒後は、保湿をセットで手荒れを予防
第29回
心を満たす食卓が鍵
第28回
『コロナ太り』を解消!要因を知って具体的な対策に
第27回
外出自粛期間を乗り切るコツ 運動編
第26回
飛行機内の湿度は砂漠よりも低い?!
第25回
「お料理」のススメ
第24回
階段利用で歩数UP・プチ筋トレ♪
第23回
釣って食べる!海釣りのオススメ~船酔い(乗り物)酔い対策編~
第22回
素敵な和菓子
第21回
『デンタルケアから始める健康管理』
第20回
『気にしていますか? 夜間熱中症』
第19回
本当の血圧はどれくらい? ‐意外と知らない血圧上昇の原因‐
第18回
五感を働かせ、楽しみながらの英語習得!認知症予防にも効果的!?
第17回
「素敵な靴は、素敵な場所に連れて行ってくれる」って本当?!
第16回
今、スポーツ観戦がアツイ!
第15回
釣って食べる!海釣りのオススメ ~運動編~
第14回
太鼓に感動!
第13回
運動前の糖質摂取―大事なのは種類とタイミング―
第12回
体質は遺伝する、習慣は伝染する。
第11回
新生活を迎える時ほど大切に!家族・身近な相手とのコミュニケーション
第10回
もっと気軽に健康相談♪
第9回
食材で季節を感じてみませんか?
第8回
夏の日差しを楽しむために
第7回
休日は緑を求めて…
第6回
お風呂好きは日本人だけ?
第5回
気分の高揚を求めて
第4回
みなさん、趣味はありますか?
第3回
休み明けの朝だってすっきりさわやか、そんな生活への...
第2回
忙しい日々こそ、1日をふりかえること。
第1回
少しの工夫で散歩が変わる!

お元気ですか

季刊誌 お元気ですか

2024年1月号
  • 私の健康法 歌舞伎役者 松本 幸四郎さん
  • 白内障を乗り越え、クリアな未来へ:
    自分の眼を知り、最適な眼内レンズ選択を
    町田市民病院眼科 東京慈恵会医科大学 眼科学講座
    助教 小松 功生士
    ドクターによる健康に役立つ医学情報をご紹介いたします。
  • 郷土料理を食してみませんか?
  • 四十肩・五十肩体操~両腕ひねり体操~
  • 冬の体調管理のポイント~インフルエンザにかからないために~
  • 春日クリニック 再検査・精密検査・外来診療センターが3Fに移転
  • 深川クリニック 婦人科検診を開設
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
健康と経営を考える会
日本ユニセフ協会への寄付
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
メディア掲載
取材に関するお問合せ

ページトップ