栄養士連載 食事プラスワン

第6回 夜遅い食事が気になる人へ

昨年から夜遅い時間の食事に気をつけている、ひできさんが栄養相談に来室しました。
気をつけている様子やその結果、減量したこと、減量以外の変化も栄養士に伝えています。その様子をのぞいてみましょう。

38歳男性 ひできさん

去年の健診結果をみて、歳も歳だし、さすがに体重を減らしたいと思ったし、検査結果もこれ以上悪くなるとヤバいと思ってね。
気になっていた夜遅い時間の食事を気をつけるようにしたら、1年で5kg減量できたんです!

すごいですね!ズボンもゆるくなったのでは?
よろしければ、具体的にどのようなことに気をつけているのか、教えていただけま すか。

栄養士

38歳男性 ひできさん

はい、ズボンもゆるく、ベルトの穴も縮みましたよ。自宅に帰って食べるのが22~23時ころになっちゃうんです。帰り道にコンビニで買って家で食べていたんだけど。
同僚が「夕食の食事量を減らしたら体重が減ってきた」と言うから、自分もやってみたんです。はじめは、もの足りなかったですけれど……。

以前の夕食

こんなふうに食事を変えてみました!

38歳男性 ひできさん

発泡酒だから、大丈夫と思っていたけど。毎日飲むのはやめました。
サラダは、蒸し鶏のサラダとか豚しゃぶサラダなどを選んで主菜と野菜を食べるようにしています。

改善後の夕食パターン1

38歳男性 ひできさん

あと、残業前になにか食べたほうがいいと雑誌に書いてあったので、残業で遅くな りそうな日は、18~19時ころにおにぎりとかサンドイッチを食べて、帰ってからは 野菜を食べるようにしています。あと23時過ぎに食べるのをやめました。

改善後の夕食パターン2

  • エネルギー(カロリー)はメーカーなど商品によって異なります。商品の表示を確認してみましょう。

同僚の方や雑誌などからいろいろな情報を得ているようですね。
お酒を毎日飲まなくなったり、23時以降は食べないなど時間を目安にするのも、よい方法ですね。
先日、相談した方も「夜中まで飲んでいたけど、終電に乗らないように、22時すぎたらお酒も食事もストップして帰るようにした」ともお話されていましたね。

栄養士

38歳男性 ひできさん

へぇ~。そうなんですよね。意外とお酒を飲まなくてもいいことに気づきました。
おこづかいも貯まりますし。
減量した同僚も近くにいるので自分もやせたくて。
徐々に体重が減ってきたことも続けるきっかけになりました。

なるほど、同僚の方の存在も大きいですね。
体重は、週に何回か測っているのですか。
夜遅い時間の食事以外に、なにか気をつけたことはありますか。

栄養士

38歳男性 ひできさん

いままで体重は健診のときしか測っていませんでしたが、今回をきっかけに毎朝 測って手帳に書いています。
あとは夜遅い時間に油の多いものは食べなくなったし。
朝食も食べるようになりましたね。夜遅い時間に食べていたときは翌朝、気持ち悪 くて食べてなかったですけど、いまは気持ち悪さもありませんし、体調もいい気が しています。あと階段も使うようになりましたね……。

毎日心がけていること

体重を測ったり、朝食べるようになったり……この1年でいろいろな変化があるのですね。 おこづかいも増えて、体調もよくなっているようですし。1日のリズムが整って、よい生活習慣に変わってきましたね。
いま続けていらっしゃることは、これからも続けられそうですか。

栄養士

38歳男性 ひできさん

はい。続けていきますよ。
洋服とか大きいサイズになると選択肢も少なくなるし、メタボにもなりたくないし。
続けますよ!

コラム

夜遅い時間の食事対策

夜遅い時間の食事を気をつけたい理由は、主に次の2つがあげられます。
(1)夜は、昼に比べて消費する活動量が低く、内臓脂肪が蓄積されやすくなるため。
(2)夜遅い時間の食べすぎが、翌朝の食欲不振や欠食につながり、その結果、間食や昼食の食べすぎ、
夜遅い時間の夕食を食べすぎ……など、このような悪循環によって内臓脂肪の蓄積が助長されるため。

対策としては、
(1)食事の時間を決める(時間になったら食べない・飲まないなど)
(2)夜遅い時間の食事量を減らす。
(3)夕方に軽食を、帰宅後の食事量を減らす、など。

職場によって、残業前などに食事をすることが困難な場合があると思われますが、ぜひご自分にあわせた方法でチャレンジしてみてください。

栄養バランスのよい食事とは

同友会メディカルニュース / 医療と健康(老友新聞)

同友会メディカルニュース

小石川の健康散歩道

保健師コラム

第24回
階段利用で歩数UP・プチ筋トレ♪NEW
第23回
釣って食べる!海釣りのオススメ~船酔い(乗り物)酔い対策編~
第22回
素敵な和菓子
第21回
『デンタルケアから始める健康管理』
第20回
『気にしていますか? 夜間熱中症』
第19回
本当の血圧はどれくらい? ‐意外と知らない血圧上昇の原因‐
第18回
五感を働かせ、楽しみながらの英語習得!認知症予防にも効果的!?
第17回
「素敵な靴は、素敵な場所に連れて行ってくれる」って本当?!
第16回
今、スポーツ観戦がアツイ!
第15回
釣って食べる!海釣りのオススメ ~運動編~
第14回
太鼓に感動!
第13回
運動前の糖質摂取―大事なのは種類とタイミング―
第12回
体質は遺伝する、習慣は伝染する。
第11回
新生活を迎える時ほど大切に!家族・身近な相手とのコミュニケーション
第10回
もっと気軽に健康相談♪
第9回
食材で季節を感じてみませんか?
第8回
夏の日差しを楽しむために
第7回
休日は緑を求めて…
第6回
お風呂好きは日本人だけ?
第5回
気分の高揚を求めて
第4回
みなさん、趣味はありますか?
第3回
休み明けの朝だってすっきりさわやか、そんな生活への...
第2回
忙しい日々こそ、1日をふりかえること。
第1回
少しの工夫で散歩が変わる!

お元気ですか

季刊誌

2019年7月号NEW
・私の健康法 あいおいニッセイ同和損害保険所属 プロランナー 川内 優輝/・膠原病とは 医療法人社団 同友会 管理者理事 日本リウマチ学会認定リウマチ専門医 松戸診療所 所長 髙谷 磨紀代/・生活習慣病予防のために、よく噛んで バランスの良い食事をとりましょう~その1~ 管理栄養士 花里 映里/・いすに座って腰痛体操~背中のストレッチ~運動指導科 原田 健/・日焼けによる肌老化。 アフターケアも重要です! 保健師 山下 眞理子/・歩いて健康 文京巡り 第18回「文京区立森鴎外記念館」/・医療情報 第6回「健康と経営を考える会」シンポジウム開催
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
同友会グループの社会貢献
健康と経営を考える会
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック2020 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
メディア掲載
取材に関するお問合せ

ページトップ