同友会メディカルニュース

2018年5月号
動脈硬化を気にしていますか?

生活の質や生命に大きな影響を与える2大要因であるがんと動脈硬化性疾患、本格的な高齢化社会に突入し、ますますその対策が重要になってきました。今回は動脈硬化性疾患についてのお話です。

ヒトの血液は、心臓から送り出され動脈を流れて組織、臓器に達して、静脈を通って心臓に戻ってきます。この動脈の壁が硬く、厚くなり内腔が細くなり、脆くなる病気が動脈硬化症です。動脈硬化症により動脈の狭窄がかなり進行するまで症状はありません。ご自身の動脈硬化の進行を自覚することはありません。動脈が必要とされる血液が流れることができないほど細くなったり、詰まったり、破裂したりして症状を出します。心臓の血管(冠動脈)で起これば狭心症、心筋梗塞、脳の血管で起これば脳梗塞、脳出血、認知症の原因になります。このように全身のいろいろな臓器に動脈硬化による障害を起こす病気をまとめて動脈硬化性疾患と言います。ひとたび動脈硬化性疾患による症状が現れれば、生活の質や生命に重大な影響を与えることは間違いありません。動脈硬化性疾患による症状は、認知症のように緩徐に発症する場合もありますが、多くは突然起こります。症状が出るまでは、動脈硬化は年余をかけて徐々に進行してゆきます。動脈硬化の進行を止め、あるいは遅らせることで動脈硬化症による症状の出現を予防することは、重要でありかつ可能なのです。動脈硬化のリスクは、脂質異常症、喫煙、高血圧、糖尿病、慢性腎臓病(CKD)、加齢、男性、冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞など)の家族歴、冠動脈疾患既往、非心原性(不整脈などによる血栓性塞栓によらない)脳梗塞、末梢動脈疾患、腹部大動脈瘤、高尿酸血症、睡眠時無呼吸症候群、内臓脂肪蓄積、メタボリックシンドロームなどです。これらのリスクをいかに少なくして、動脈硬化性疾患を予防するかが重要です。ご自身に思い当たるリスクはありませんか?ご自身の動脈硬化の有無を確認したことはありますか?

日本動脈硬化学会から、“動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版”が2017年6月に出版されました。日本動脈硬化学会では2007年から5年毎に動脈硬化性疾患ガイドラインの改定を行い、当会メディカルニュースでも2012年11月号に“動脈硬化疾患予防ガイドラインについて”として動脈硬化性疾患ガイドライン2012をご紹介させていただきました。動脈硬化症のうち、突然生命に危険を及ぼす冠動脈疾患について、重要な危険因子である脂質異常症を中心に取り扱われています。今回のガイドライン改定では、吹田スコアというモデルを用いて、脂質異常症を中心とした動脈硬化症リスクから、冠動脈疾患発症のリスクを推定し、リスクに応じた脂質異常症の管理目標値を設定して、危険因子を加療・コントロールすることが採用されました。冠動脈疾患の既往がある場合は、二次予防(重症化の防止)としてより厳重な危険因子のコントロールを行います。冠動脈疾患の既往がなければ、次に糖尿病、慢性腎臓病、非心原性脳梗塞、末梢動脈疾患の有無を確認し、これらがある場合は高リスクとなります(図1)。これらがない場合は、吹田スコアによるリスク分類を行います。吹田スコアは、年齢、性別、喫煙、血圧、HDLコレステロール、LDLコレステロール、耐糖能異常、冠動脈疾患の家族歴からそれぞれを点数化して合計し、点数により10年以内の冠動脈疾患の発症確率を推定し、その発症確率に基づいて、低、中、高リスクを判定します(図2)。リスクに応じて脂質の管理目標値が設定されています(表1)。今回のガイドライン改定から医療従事者向けのアプリが公開されています(もちろん無料です)。

(URL:http://www.j-athero.org/publications/gl2017_app.html)。一般の方向けのアプリは準備中です。脂質の採血結果といくつかの質問に答えることで、自分の今後10年以内の冠動脈疾患の発症確率と脂質の管理目標を簡単に知ることができます。ご自身の10年以内の狭心症や心筋梗塞の発症確率に興味はありませんか?そしてよりリスクを下げるために、ご自身の脂質はどのくらいにコントロールすれば良いのか興味はありませんか?興味のある方はかかりつけ医にご相談か、一般の方向けアプリが公開されるのを待ってチェックしてみてはいかがでしょうか。脂質異常についてリスクに応じた数値目標を設定して、明確な目標を持って食事や運動など生活習慣の改善、薬物治療を行うことは、発症するまで症状の乏しい動脈硬化性疾患の治療に有効です。

現在の動脈硬化の進行度を画像として知る検査法として、頚動脈超音波検査があります。超音波で首の動脈(頚動脈)を観察することで、動脈硬化を起こす動脈壁の厚さ(IMT:Intima Media Thickness、内膜中膜複合体厚)を測定します。このIMTは動脈硬化の進行程度とよく相関することがわかっています。1.1mm未満が正常です。春日クリニックでも検査できます。検査に特に食事など制限はありません。当日申し込みでも対応可能な場合が多いです。動脈硬化症のリスクに思い当たることのある方はご検討ください。

高齢化社会、人生100年時代をより快適に過ごすため、自分の動脈を健康に保つことは、がんの予防、早期発見とともに非常に重要です。動脈硬化気にしてみませんか?

<図1>

1)日本動脈硬化学会. 動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版. 東京2017.

<図2>吹田スコアによる冠動脈疾患発症予測モデル

吹田スコアによる冠動脈疾患発症予測モデル

<表1>リスク区分別脂質管理目標値

リスク区分別脂質管理目標値

参考文献:

  • 日本動脈硬化学会. 動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版. 東京2017.

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2018年11月号
尿路結石と生活習慣による予防法NEW
2018年10月号
副腎偶発腫瘍
2018年9月号
前立腺がんのPSA検診について
2018年8月号
めまいについて
2018年7月号
大人の麻疹(はしか)―あなたは抗体を持っていますか?
2018年6月号
多発性嚢胞腎(のうほうじん)のことを御存じですか?
2018年5月号
動脈硬化を気にしていますか?
2018年4月号
健康的な食習慣によって腸内環境を整えましょう
2018年3月号
心不全の予防とケアを推進しよう!
2018年2月号
IPMNは経過観察が必要?
2018年1月号
「血圧高め」は「高血圧」になる?
2017年12月号
長引く咳の原因について
2017年11月号
人工知能の医療への応用
2017年10月号
膀胱炎の正しい知識と治し方
2017年9月号
暑さ指数(WBGT)をもっと活用しましょう
2017年8月号
サルコペニアご存知ですか?
2017年7月号
認知機能障害について
2017年6月号
心房細動と診断されたら
2017年5月号
逆流性食道炎とバレット食道について
2017年4月号
頭痛について
2017年3月号
汗っかきに潜む怖い病気
2017年2月号
睡眠時間確保のすすめ
2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?
2016年12月号
高LDL-C血症(俗にいう悪玉コレステロール)について
2016年11月号
最近のがん免疫治療の話
2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上を
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ
2013年10月号
大腸がん検診受けていますか?
2013年9月号
ピロリ菌除菌治療の保険適用が拡大されました。
2013年8月号
今一度、低炭水化物食(糖質制限食)について考えてみましょう。
2013年7月号
片足立ちで靴下を履けますか?
2013年6月号
腹部大動脈瘤も人間ドック・健診で早期発見を
2013年5月号
アルコールと消化器疾患について
2013年4月号
糖尿病とがん・糖尿病治療とがんの関係
2013年3月号
最近の禁煙事情
2013年2月号
膵臓(すいぞう)がんについて知っておいてほしいこと
2013年1月号
遺伝的なリスクはその後の行いで変えられるかもしれません
2012年12月号
血尿とIgA腎症
2012年11月号
動脈硬化疾患予防ガイドラインについて
2012年10月号
機能性胃腸障害について
2012年9月号
ドライアイのリスクと治療
2012年8月号
高血圧のタイプ別心血管・脳血管疾患リスクについて
2012年7月号
遺伝情報を用いたオーダーメイド医療の時代が、すぐ近くまで来ています。
2012年6月号
今の生活習慣が老後を決めてしまうかもしれません
2012年5月号
がん治療の最前線
2012年4月号
骨粗鬆症の予防について
2012年3月号
高血圧とは ガイドラインを中心に
2012年2月号
消炎鎮痛剤とがんの意外な関係
2012年1月号
食習慣改善はお菓子やジュース類を減らす事から始めましょう
2011年12月号
日本人はなぜ平均寿命が世界でトップクラスなの?
2011年11月号
大腸がん対策について
2011年10月号
生活習慣改善の目標と方法
2011年9月号
ひとりひとりが認知症に対する備えを
2011年8月号
よい睡眠が健康にはとても重要です
2011年7月号
たかがコレステロール、されどコレステロール
2011年6月号
肺がんには胸部CTが有効です
2011年5月号
動脈硬化を調べましょう
2011年4月号
「脂肪肝なんて」と軽く考えていませんか
2011年3月号
減量に最適なカロリーバランスは?
2011年2月号
血清抗p53抗体に関する話題
2011年1月号
関節リウマチの話題

お元気ですか

季刊誌

2018年7月号NEW
・私の健康法 リオデジャネイロオリンピック 男子陸上4×100mリレー銀メダリスト 山縣亮太/・慢性腎臓病―尿検査とeGFR(推算糸球ろ過量)の測定で早期発見を 品川クリニック 所長 横松 守/・食中毒に気をつけましょう/管理栄養士 花里 映里/・ペットボトル体操~体幹(腹筋)を鍛える~ 運動指導科 原田 健/・抗がん剤治療と仕事の両立 保健師 今井 真美/・歩いて健康 文京巡り 第14回「白山神社」/・医療情報 第5回「健康と経営を考える会」シンポジウム開催
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
同友会グループの社会貢献
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック2020 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
取材に関するお問合せ
取材に関するお問合せ

ページトップ