栄養士連載 食事プラスワン

第13回 野菜プラスキャンペーン開始!

「野菜を多く食べるように気をつけている」とおっしゃるノリオさん。野菜について、栄養士に質問しています。様子をのぞいてみましょう。

55歳男性 ノリオさん

野菜を多く食べるように気をつけています。
夕食に両手いっぱいくらいのサラダを食べるようにしていますよ。トマトとかブロッコリーとか。

夕食に両手いっぱいのサラダ、すごいですね。
朝とお昼は、いかがですか。

栄養士

55歳男性 ノリオさん

朝は時間がないし、パンとコーヒーだけ。
お昼は、外食だし。さっと食べられるどんぶりとかラーメンが多いから野菜はほとんど食べていないんですよね。

そうですか。さっと食べられるお店で、野菜が多いラーメンとか、サラダなどの野菜の1皿料理とか、メニューはありますか。

栄養士

55歳男性 ノリオさん

サラダとかあって、食べている人もいるけど……。
そうだ! 質問したかったんです。野菜ジュースを飲んでいれば、野菜を食べたことになりますか。
「1日食べたい野菜350g」とか書いてあるジュースを飲んでおけばいいのかなぁ~なんて思っていたんですけど、妻に「食べたほうがいいんじゃないの?」とか言われて……。

奥様と話題になっているのですね。
野菜ジュースを飲めば、野菜から得られる栄養素を補うことはできますが、「ジュースを飲んでいれば、野菜を食べなくてもいい」とは言えませんね。
あくまでも1日食べたい野菜350gを 「使用」したジュースということなので、野菜を食べたときと、ジュースを飲んだときでは違いもありますよ。

栄養士

55歳男性 ノリオさん

やっぱりそうか……。

たとえば、野菜を噛んで食べるメリット、効果の違いがありますよ。野菜を食べるとき、ごはんやパンなど他の食品と比べて、噛む回数が多くなっていませんか。野菜を食べ るメリットには、次のようなことがあります。

栄養士

野菜を食べるメリット!

55歳男性 ノリオさん

なるほどね……。歯周病にも、か。

野菜ジュースは、手軽に短時間で飲むことができますが、満腹感を感じているかな? と考えてみてください。
野菜の量を多くしたら、
・「ごはんをおかわりしなくなった」
・「肉や魚などのおかずを1品減らしても満足感を感じるようになった」
・「食後に食べるお菓子の量が減った」
という相談者の方がいらっしゃいますよ。

栄養士

55歳男性 ノリオさん

そうか。たしかにおなかいっぱいにするために大盛りにしていたけど……食後にチョコとか食べちゃうときもあるしね。

野菜を噛んで食べたほうが、からだにはいろいろな面でよい影響がありそうですよね。
お昼のメニューの選び方をこのようにちょっと替えてみませんか。

栄養士

海苔を多く食べる改善術

55歳男性 ノリオさん

そうか、これくらいならできますよ。

いいですね、明日からためしてみてください。
サラダのほかにも、あえものや煮ものでもよいですよ。外食のお店やコンビニ、スーパーの惣菜でお気に入りの野菜料理を見つけてみ てください。
ご自宅では……。

栄養士

コラム

野菜料理を1皿プラスしてみませんか。

厚生労働省では、1日あたり350gの野菜を食べるように、目標を決めています。
トマト1個で約150g、きゅうり1本で約100g。
片手にのる程度のお皿、1皿の野菜料理で約70~100gの野菜を食べることができます。

1日350gというと、約4~5皿の計算になります。また毎年、厚生労働省が実施している国民健康・栄養調査結果によると、20歳以上の方々が召しあがっている野菜の摂取量は、1日平均、約280g。もっとも多く食べている60歳代の方々でも、約320g(1日平均)という結果がわかりました。(平成22年度結果より)「夕食だけ山盛りで野菜を食べていればいい」というわけにはいかないようです。
野菜料理は1日3食、朝、昼、夜の食事にそれぞれ1~2皿、片手か両手くらいの量を目安に。外食やコンビニでも野菜の多いメニューを選んだり、野菜料理をプラスしてみませんか。野菜のメリットをぜひ実感してください。

注意
特に治療中の方は、食事量、調理方法など、必ず担当の医師や栄養士に確認し、指示に従ってください。

栄養バランスのよい食事とは

同友会メディカルニュース / 医療と健康(老友新聞)

同友会メディカルニュース

小石川の健康散歩道

保健師コラム

第24回
階段利用で歩数UP・プチ筋トレ♪NEW
第23回
釣って食べる!海釣りのオススメ~船酔い(乗り物)酔い対策編~
第22回
素敵な和菓子
第21回
『デンタルケアから始める健康管理』
第20回
『気にしていますか? 夜間熱中症』
第19回
本当の血圧はどれくらい? ‐意外と知らない血圧上昇の原因‐
第18回
五感を働かせ、楽しみながらの英語習得!認知症予防にも効果的!?
第17回
「素敵な靴は、素敵な場所に連れて行ってくれる」って本当?!
第16回
今、スポーツ観戦がアツイ!
第15回
釣って食べる!海釣りのオススメ ~運動編~
第14回
太鼓に感動!
第13回
運動前の糖質摂取―大事なのは種類とタイミング―
第12回
体質は遺伝する、習慣は伝染する。
第11回
新生活を迎える時ほど大切に!家族・身近な相手とのコミュニケーション
第10回
もっと気軽に健康相談♪
第9回
食材で季節を感じてみませんか?
第8回
夏の日差しを楽しむために
第7回
休日は緑を求めて…
第6回
お風呂好きは日本人だけ?
第5回
気分の高揚を求めて
第4回
みなさん、趣味はありますか?
第3回
休み明けの朝だってすっきりさわやか、そんな生活への...
第2回
忙しい日々こそ、1日をふりかえること。
第1回
少しの工夫で散歩が変わる!

お元気ですか

季刊誌

2019年4月号NEW
・私の健康法 落語家 三遊亭 小遊三/・解離性動脈瘤 順天堂大学 大学院医学研究科 循環器内科学 准教授 小西 博応/・生活習慣病予防のために、よく噛んでバランスの良い食事をとりましょう~その1~ 管理栄養士 花里 映里/・ペットボトル体操~体幹を鍛える~ 運動指導科 原田 健/・軽く考えると危ない! 口呼吸習慣を改善しましょう 保健師 脇神 亜希子/・歩いて健康 文京巡り 第17回「播磨坂さくら並木」/・医療情報 日本総合健診医学会第47回大会に同友会より2題口演
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
同友会グループの社会貢献
健康と経営を考える会
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック2020 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
メディア掲載
取材に関するお問合せ

ページトップ