同友会メディカルニュース

2019年1月号
食後過血糖(血糖値スパイク)について

1.はじめに。血糖値スパイクがリスク

現在、日本には糖尿病の方が約1,000万人、境界型糖尿病の方が約1,000万人おられます。糖尿病が大きな問題となるのは主に血管合併症のためです。高い血糖値の状態が長年続いていると、網膜症(最終的には失明)、腎症(最終的には腎不全となり透析が必要)、神経障害(知覚異常や自律神経障害、足壊疽の原因にもなります)、動脈硬化(脳卒中や心筋梗塞を起こしやすい)などが非常に起きやすくなってしまいます。糖尿病は血管がボロボロになる病気と言ってもよいでしょう。また、糖尿病の方は認知機能が低下しやすく、認知症のリスクも高くなります。

境界型糖尿病も脳卒中や心筋梗塞などの動脈硬化性疾患や認知機能障害に関して、糖尿病に匹敵する危険因子である事は以前より知られていました。境界型糖尿病の多くの方が食事前の血糖値は正常(もしくはわずかに高値)なものの、食事等で入ってくる栄養を処理しきれずに食後は一時的に血糖値が急激に上がってしまいます(これを食後過血糖と言います)。この食後過血糖が、境界型糖尿病の方でも動脈硬化や認知機能低下などを引き起こしやすい主原因と考えられます。数年前よりメディア等で、「血糖値スパイク」という言葉をよく耳にするようになりましたが、正にこの食後過血糖のことを指しています。

2.血糖値スパイクに気付くには?

糖代謝異常の検査としては、約2ヶ月間の血糖値の平均を反映するHbA1c値がよく用いられます。しかし、HbA1c値は血糖値の平均値であるが故に、血糖値の変動や血糖値スパイクの判断には不向きです。実際、日本人の糖尿病患者を対象に行った持続グルコースモニタリング(CGM)†のデータ1)でもHbA1c6%台の方と10%以上の方の血糖変動には有意な差がありませんでした(図1)

血糖値スパイクの把握のために、簡易的な手段としては食後30~60分に採血や血糖測定をする方法が以前からよく用いられています。また、外来診療では1,5-アンヒドログルシトール(1,5-AG)‡を活用します。精密検査としては経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)があります。75gのブドウ糖液を飲用する負荷試験で、飲用前、30分、60分、120分に採血し血糖値などを調べます。判定方法については図2をご覧下さい。

空腹時 負荷後2時間 判定区分
血糖値
(mg/dL)
110未満 および 140未満 正常型
126以上 または 200以上 糖尿病型
いずれにも合致しないもの 境界型

† 持続グルコースモニタリング(CGM:Continuous Glucose Monitoring):皮下に刺した細いセンサーにより皮下の間質液中の糖濃度(間質グルコース値)を持続的に測定する事が可能で、1日の血糖変動を知ることが出来ます。
‡ 1,5-AGは尿糖排泄に呼応して血中濃度が低下し、尿糖を認めなくなると徐々に回復(0.3μg/mL/日)する特性を持っています。つまり血糖値が尿糖排泄閾値(通常は160~180mg/dLの事が多いです)を超える頻度や程度に応じて1,5-AG値は低下します。

3.糖負荷試験で正常型と診断されても油断できない

前述のOGTTで正常型と診断されたら血糖値スパイクはないと言っていいのでしょうか?この数年でCGMが広く使われるようになり、現実には正常型でも血糖値スパイクが潜んでいる方は極めて多い事がわかってきました。米国の研究2)ですが、2~4週間CGMを行った所、血糖の最大値はOGTTを行い正常型だった方で平均190.3mg/dLでした。つまり、境界型の方は勿論ですが正常型の方でも血糖値スパイクがある場合も少なくないと思われます。日本でもCGMと同じ原理のフラッシュグルコースモニタリング(FGM)が昨年から入手できるようになりましたが、実際に高血糖を指摘された事がない方でも血糖値スパイクがあったという話をよく聞きます。

故に、少なくとも過去に一度でも高血糖を指摘された事がある方は、生活習慣改善に留意(食習慣に関しましてはメディカルニュース2015年9月号を参照して下さい)しつつ、検査などで経過を見る必要があります。例え、その後の検査で正常と判断された場合でも経過を慎重に見るべきでしょう。

4.実際にFGMを装着して感じた事

私自身がFGMを装着して、改めて感じた事が2点あります。1つは野菜と全粒穀物の重要性です。図3は朝食内容と血糖変動ですが、その重要性がわかる結果です。2つ目は食直後歩行の有効性です。図4は夕食後の血糖変動ですが、両日ともサラダボウル専門店で同じメニューを食べています。両者の違いは食直後に歩行をしているのか否かであり、食直後歩行の有効性が示唆されます。実際、食直後の歩行に血糖値スパイクを抑える効果がある事は知られています。ある研究3)では、時速2Kmのゆっくりとした歩行でも30分間行うと、図5に示したように、糖尿病ではない方でも血糖値スパイクが軽減されたと報告しています。また、別の研究4)では、食事時間も含めて座位30分間と立位5分間を交互に行うと、ずっと座位を維持した群に比して血糖値スパイクが34%軽減したと報告しています。

●

●

●

以上をもとに一案として、外食であれば10分以上歩いた先の店に行き(野菜の多いメニューを注文)、食べ終わったら直ぐ歩いて帰る。自宅であれば、食べ終わったらテレビなどを見ずに直ぐに片付けて食器を洗うなどが考えられます。

5.最後に

今回は血糖値スパイクについて書かせて頂きました。今回は触れませんでしたが、睡眠の問題や朝食欠食は血糖値スパイクをより大きくする事がわかっており、生活リズムを整える事も重要です。また、多数の論文を統合解析した研究5)でも血糖値スパイク抑制効果が証明されておりますので、食後の歩行を含め、座位時間を短くするようにしましょう。

参考文献

  • Hajime M, et al. Twenty-four-hour variations in blood glucose level in Japanese type 2 diabetes patients based on continuous glucose monitoring. J Diabetes Investig 2018;9:75
  • Hall H, et al. Glucotypes reveal new patterns of glucose dysregulation. PLoS Biol 2018;16:e2005143
  • Manohar C, et al. The effect of walking on postprandial glycemic excursion in patients with type 1 diabetes and healthy people. Diabetes Care 2012;35:2493
  • Henson J, et al. Breaking up prolonged sitting with standing or walking attenuates the postprandial metabolic response in postmenopausal women: A randomized acute study. Diabetes Care 2016;39:130
  • Saunders TJ et al. The acute metabolic and vascular impact of interrupting prolonged sitting: A systematic review and meta‑analysis. Sports Med 2018;48:2347

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2019年1月号
食後過血糖(血糖値スパイク)についてNEW
2018年12月号
失神の原因と対処法
2018年11月号
尿路結石と生活習慣による予防法
2018年10月号
副腎偶発腫瘍
2018年9月号
前立腺がんのPSA検診について
2018年8月号
めまいについて
2018年7月号
大人の麻疹(はしか)―あなたは抗体を持っていますか?
2018年6月号
多発性嚢胞腎(のうほうじん)のことを御存じですか?
2018年5月号
動脈硬化を気にしていますか?
2018年4月号
健康的な食習慣によって腸内環境を整えましょう
2018年3月号
心不全の予防とケアを推進しよう!
2018年2月号
IPMNは経過観察が必要?
2018年1月号
「血圧高め」は「高血圧」になる?
2017年12月号
長引く咳の原因について
2017年11月号
人工知能の医療への応用
2017年10月号
膀胱炎の正しい知識と治し方
2017年9月号
暑さ指数(WBGT)をもっと活用しましょう
2017年8月号
サルコペニアご存知ですか?
2017年7月号
認知機能障害について
2017年6月号
心房細動と診断されたら
2017年5月号
逆流性食道炎とバレット食道について
2017年4月号
頭痛について
2017年3月号
汗っかきに潜む怖い病気
2017年2月号
睡眠時間確保のすすめ
2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?
2016年12月号
高LDL-C血症(俗にいう悪玉コレステロール)について
2016年11月号
最近のがん免疫治療の話
2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上を
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ
2013年10月号
大腸がん検診受けていますか?
2013年9月号
ピロリ菌除菌治療の保険適用が拡大されました。
2013年8月号
今一度、低炭水化物食(糖質制限食)について考えてみましょう。
2013年7月号
片足立ちで靴下を履けますか?
2013年6月号
腹部大動脈瘤も人間ドック・健診で早期発見を
2013年5月号
アルコールと消化器疾患について
2013年4月号
糖尿病とがん・糖尿病治療とがんの関係
2013年3月号
最近の禁煙事情
2013年2月号
膵臓(すいぞう)がんについて知っておいてほしいこと
2013年1月号
遺伝的なリスクはその後の行いで変えられるかもしれません
2012年12月号
血尿とIgA腎症
2012年11月号
動脈硬化疾患予防ガイドラインについて
2012年10月号
機能性胃腸障害について
2012年9月号
ドライアイのリスクと治療
2012年8月号
高血圧のタイプ別心血管・脳血管疾患リスクについて
2012年7月号
遺伝情報を用いたオーダーメイド医療の時代が、すぐ近くまで来ています。
2012年6月号
今の生活習慣が老後を決めてしまうかもしれません
2012年5月号
がん治療の最前線
2012年4月号
骨粗鬆症の予防について
2012年3月号
高血圧とは ガイドラインを中心に
2012年2月号
消炎鎮痛剤とがんの意外な関係
2012年1月号
食習慣改善はお菓子やジュース類を減らす事から始めましょう
2011年12月号
日本人はなぜ平均寿命が世界でトップクラスなの?
2011年11月号
大腸がん対策について
2011年10月号
生活習慣改善の目標と方法
2011年9月号
ひとりひとりが認知症に対する備えを
2011年8月号
よい睡眠が健康にはとても重要です
2011年7月号
たかがコレステロール、されどコレステロール
2011年6月号
肺がんには胸部CTが有効です
2011年5月号
動脈硬化を調べましょう
2011年4月号
「脂肪肝なんて」と軽く考えていませんか
2011年3月号
減量に最適なカロリーバランスは?
2011年2月号
血清抗p53抗体に関する話題
2011年1月号
関節リウマチの話題

お元気ですか

季刊誌

2018年10月号NEW
・私の健康法 タレント・ミュージシャン エド山口/・大腸がん健診・検診のすすめ 聖マリアンナ医科大学東横病院 消化器病センター長・教授 中嶋 孝司/・冬野菜が美味しくなる季節/管理栄養士 花里 映里/・ペットボトル体操~大胸筋を鍛える~ 運動指導科 原田 健/・最先端技術で変わる、日本の未来 ~健康・医療・介護の未来予想図 保健師 内田 道子/・歩いて健康 文京巡り 第15回「肥後細川庭園」/・医療情報 第59回日本人間ドック学会学術大会に同友会からも3題口演
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
同友会グループの社会貢献
健康と経営を考える会
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック2020 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
メディア掲載
取材に関するお問合せ

ページトップ