同友会メディカルニュース

2015年2月号
進歩する内視鏡検査

2015年は、国連総会が宣言した光と光技術の国際年です。これは光と光に関する技術があらゆる科学技術と文化・芸術の中核をなすものであり、その発展が重要であることを一般社会に浸透させるための活動で、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)が中心になっています。光と光技術を利用した医療技術と言えば、内視鏡です。今回は内視鏡の歴史特に上部消化管(食道、胃、十二指腸)内視鏡検査についてその歴史と現状を見てみましょう。

人体の内部を観察するという医療行為は、紀元前4世紀の古代ギリシャ、ヒポクラテスの時代、肛門から直腸の観察をしたことに始まります。内視鏡の命名は1853年フランスの医師デソルテが作成した尿道や膀胱を観察する器具に由来しています。1868年金属製の筒を、剣を飲む大道芸人に用いてドイツ医師クスマウルが世界で初めて生きた人の胃の観察に成功しました。その後先端の屈曲の出来ない硬性胃鏡が開発されました。

しかし当時のランプの光では暗く十分な観察は出来ませんでした。1932年ドイツの医師シンドラーにより、先端がわずかに屈曲する軟性胃鏡が開発されました。その観察の照明は豆電球によるものでした。固い金属の筒を用いた胃鏡に対して、軟らかい管の先端にフラッシュと超小型カメラをつけた“胃カメラ”が1950年に日本のオリンパス社により実用化されました。ただこの胃カメラは直接胃の中を観察しながら撮影するのではなく、撮影したフィルムを現像して診断するものでした。

その後1960年代になり体外の光源装置から光ファイバーを利用して胃の中を照らし、光ファイバーを通してリアルタイムに観察することが出来るファイバースコープが開発されました。光源として色再現性の良い自然光(太陽光)に近い明るいキセノンランプが開発され、胃の中を明るく照らしながら、スコープの先端を自由に曲げ、操作し観察、記録することが可能になり、上部消化管(食道、胃、十二指腸)の診断は格段に進歩しました。

1980年代になり撮像素子であるCCD(Charge Coupled Device:電荷結合素子)を先端部に組み込み、カラーテレビモニターで観察するようになりました。現在の内視鏡検査の原型であるビデオスコープ(電子スコープ)の登場です。照明用の光はCCDと同期させたフラッシュライトとなり更に明るく、観察用の光ファイバーは不要になり、CCDの小型化によりスコープの細径化が可能となりました。通常口からの検査で使用されるスコープ径は約10mmですが、6mm径以下の細径スコープが可能になり、現在では“鼻からの内視鏡(経鼻内視鏡)”として普及しています(細径でも10mm径のスコープと遜色ない観察が可能で、もちろん細径スコープで口からの検査も可能です)。近年の携帯カメラやデジタルカメラの目覚ましい発展と同様に、CCDや画像処理技術の進歩により、内視鏡も高画質化と画像強調処理技術、拡大など観察診断の進歩は日進月歩です。通常の白色光観察に加え、観察光にフィルターを加えたり、画像処理してより詳細な観察を行う技術が開発されました。

オリンパス社の開発したNBI(Narrow Band Imaging:狭帯域光観察)という技術は、血液中のヘモグロビンの光吸収特性は波長により異なることを利用して、吸収されやすい波長の青い光の415nm(浅い層の観察)と緑の光の540nm(より深い層の観察)を照らして血管の鮮明な像や病変の凹凸、色調変化の認識を容易にしたものです(がんがあるとがんの部分やその周囲に不規則に微細な血管が増加します。その血管が詳細に観察できることはがんの診断に有用です)。

千葉大学と富士フイルムの開発したFICE(Flexible spectral Imaging Color Enhancement)は、すべての波長が入り交じった白色光(キセノンランプによる光)から、病変の観察に必要な波長を選び強調、必要でない波長は除去する画像処理技術により、病変が強調され認識しやすく、より鮮明な画像で観察することを可能にしました。

NBIやFICEによる観察は、これまで診断の困難であった早期食道がんの発見を容易にし、より小さな病変の正確な診断を可能にしました。また富士フイルムは2012年にこれまでのキセノンランプからレーザー光を利用した内視鏡システムを発売しました。これは白色光観察用レーザーによる自然な色の画像と粘膜表層の微細血管やわずかな粘膜の凹凸などのコントラストを強調して画像をシャープに映し出すBLI(Blue LASER Imaging)画像用狭帯域光観察用レーザーの2種類のレーザーを搭載しています。レーザー光の使用により消費電力は1/30となり、ランプ交換は不要になりました。そしてより高画質な病変の観察が可能となりました。もちろん細径スコープでの観察も可能です。今後も光の技術の開発により、身体に負担の少ない、精度の高い内視鏡検査が急速に実用化するのは間違いないと思われます。

胃がん検診としては、対策型や職域検診ではバリウムによる胃X線検査が行われていますが、一部自治体や任意検診では内視鏡検査も導入されています。2014年5月東京都医師会はペプシノーゲン法+ヘリコバクターピロリ抗体併用法による「胃がんリスク(ABC)検診」について将来性の検討と普及に向けた提案を行いました。全国の自治体、健保でも胃がんリスク(ABC)検診を導入するところが増えています。胃がんリスク検診(ABC)検診を導入した自治体からは、胃がん検診受診率の増加とがん発見率の増加が報告されています。胃がんリスク(ABC)検診で精再検になると内視鏡検査になります。2013年2月から慢性胃炎に対するピロリ菌除菌が保険適応になりましたが、慢性胃炎の診断には、内視鏡検査が必須とされています。ピロリ菌感染胃炎に対するピロリ菌除菌治療後も胃がん発症のリスクは除菌後十数年間あるとされ、バリウムによる胃X線検査ではなく、内視鏡による年余にわたる経過観察を行うことが推奨されています。胃がん検診に置ける内視鏡検査の重要性と検査需要は今後増加するものと考えられます。胃がんはピロリ菌除菌により予防が可能になり、早期発見により治癒することの出来る病気です。あなたも是非、光と光の技術の集大成である内視鏡検査を受けてみませんか?

春日クリニック  内視鏡検査のご案内
http://www.kasuga-clinic.com/seimitu/naishikyo.html

同友会メディカルニュース / 医療と健康(老友新聞)

同友会メディカルニュース

お元気ですか

季刊誌

2019年4月号NEW
・私の健康法 落語家 三遊亭 小遊三/・解離性動脈瘤 順天堂大学 大学院医学研究科 循環器内科学 准教授 小西 博応/・生活習慣病予防のために、よく噛んでバランスの良い食事をとりましょう~その1~ 管理栄養士 花里 映里/・ペットボトル体操~体幹を鍛える~ 運動指導科 原田 健/・軽く考えると危ない! 口呼吸習慣を改善しましょう 保健師 脇神 亜希子/・歩いて健康 文京巡り 第17回「播磨坂さくら並木」/・医療情報 日本総合健診医学会第47回大会に同友会より2題口演
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
同友会グループの社会貢献
健康と経営を考える会
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック2020 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
メディア掲載
取材に関するお問合せ

ページトップ