同友会メディカルニュース

2016年1月号
脳動脈瘤について

近年、MRI(磁気共鳴画像)機器の発達と脳ドックの普及などにより、脳動脈瘤が発見される頻度が急激に増加しております。今回は、脳動脈瘤について解説させていただきます。

1.脳動脈瘤とは

脳動脈瘤とは、脳の動脈の一部分がふくらんだものです。その形から嚢状(袋型)と紡錘状に分けられます。脳動脈瘤は、血管が枝分かれした部分にできることが多いです。脳動脈瘤の多くは無症状ですが、脳動脈瘤が破裂すると「くも膜下出血」を起こします。くも膜下出血が起こると、約4割の方が死亡し、約3割の方は重い障害が残り社会復帰できない状態となります。くも膜下出血の原因の約8割が、脳動脈瘤の破裂です。

図1

2.脳動脈瘤の保有率

2011年に発表された、Vlakらによる21か国94912人を対象とした調査結果では、成人の3.2%に脳動脈瘤が発見されました。女性は男性の1.6倍の頻度であり、50歳以上ではその比は2.2倍でした。
また、我が国のHisayama Studyの結果によりますと、久山町における1962年から30年間にわたる1230例の剖検(剖検率80%以上)では、27例(2.2%)に脳動脈瘤が発見されました。
その他に、Rinkelらが、剖検と脳血管造影での発見率を述べた23論文を解析した結果によりますと、成人の脳動脈瘤の発生頻度は全体で2.3%、脳動脈瘤に注目して行われた検討では、剖検で3.6%、脳血管造影で6.0%となっています。
これらの結果から、脳動脈瘤の保有率は、成人の2-6%と推定されます。

3.脳動脈瘤の危険因子

Vlakらは、脳動脈瘤がある方とない方の違いについて研究をおこない、現在の喫煙、高血圧、脳卒中の家族歴は、脳動脈瘤がある方に多く、週3回以上の運動をしている方では、脳動脈瘤の発生が少ないことを報告しました。
つまり、現在タバコを吸っている方は禁煙する、高血圧のある方は治療を受ける、
また、適度な運動を続けることによって、脳動脈瘤の発生を減らすことができる可能性が示されました。

4.脳動脈瘤の原因

脳動脈瘤の多くは、先天的なものと考えられています。その他の原因としては、頭部の外傷、高血圧、動脈硬化、喫煙、コカインなどの薬物、感染、腫瘍などがあります。

5.脳動脈瘤の部位別頻度

脳動脈瘤の好発部位は、前交通動脈、内頚動脈、中大脳動脈の三か所です。日本脳神経外科学会の主導により行われた、日本未破裂動脈瘤悉皆調査(Unruptured Cerebral Aneurysm Study Japan ; UCAS Japan)の結果によりますと、部位別の頻度は、中大脳動脈(36%)、内頚動脈(34%)、前交通動脈(16%)の順でした。

図1

6.脳動脈瘤の破裂率

UCAS Japanは、日本の283施設にて2001年1月から2004年4月までに新規に発見された脳動脈瘤を観察し、5720人、6697個の脳動脈瘤が解析の対象となりました。その結果、全体の破裂率は0.95%/年でしたが、大きくなればなるほど破裂率は高くなっていき、3-4mmの小さな動脈瘤と比べて、7-9mmでは3.4倍、10-24mmでは9.1倍、25mm以上では76.3倍の破裂率でした。

7.破裂の危険因子

UCAS Japanでは、脳動脈瘤の破裂のリスクは、動脈瘤の大きさ、場所(前交通動脈、後交通動脈)、形状(不整形)に影響されることが明らかとなりました。7mm以上の動脈瘤の部位別破裂率は、後交通動脈が4.99%/年と最も高く、次いで前交通動脈が3.28%/年でした。

表1. 破裂の危険性(%/年)
部位 <7mm ≧7mm 全体
前交通動脈 0.85 3.28 1.31
内頚動脈 0.10 1.37 0.31
中大脳動脈 0.25 2.57 0.67
後交通動脈 0.58 4.99 1.73
合計 0.40 3.01 0.95

8.治療

「脳ドックのガイドライン2014」では、5-7mm以上の動脈瘤は、治療を検討することが推奨されています。また、5mm未満の小さな動脈瘤であっても、症状(頭痛、眼痛、視野異常など)があるもの、前交通動脈や内頚動脈―後交通動脈分岐部のもの、不整形などの特徴を持つものは、治療を検討することが推奨されています。

現在、脳動脈瘤の治療は、開頭によるクリッピング術と血管内治療によるコイル塞栓術の二つがありますが、第一選択は開頭クリッピング術です。しかし、頭蓋骨を開けて行う手術が困難な場合は、血管内コイル塞栓術が適用されます。

治療の適応を決める際は、個別の症例に応じた判断が欠かせませんので、脳神経外科専門医の外来を受診してください。

9.経過観察の方法

多くの小さな動脈瘤では、外科的な治療を行わずに保存的に経過観察することが主な選択肢となります。その場合、「脳ドックのガイドライン2014」では半年または一年ごとにMRA(磁気共鳴血管画像)などでフォローすることが推奨されています。また、禁煙、節酒、高血圧の治療が必須です。経過観察中に増大するものは年2%弱であり多くはありませんが、増大した動脈瘤の年間破裂率は約18%と極めて高いため、注意深い経過観察が必要です。

10.まとめ

ご家族に脳卒中を起こされた方がいらっしゃる方、高血圧の方、喫煙されている方、脂質異常症や糖尿病や肥満があり動脈硬化を心配されている方などには、是非、頭部MRI検査および頭部MRA検査をお受けになることをおすすめいたします。

参考文献・サイト:

  • Vlak, et al: Prevalence of unruptured intracranial aneurysms, with emphasis on sex, age, comorbidity, country, and time period: a systematic review and meta-analysis. Lancet Neurol 10: 626-636, 2011.
  • Iwamoto H, et al: Prevalence of intracranial saccular aneurysms in a Japanese community based on a consecutive autopsy series during a 30-year observation period. The hisayama study. Stroke 30: 1390-1395, 1999.
  • Rinkel GJ, et al: Prevalence and risk of rupture of intracranial aneurysms: a systematic review. Stroke 29: 251-256, 1998.
  • Morita A, et al: The natural course of unruptured cerebral aneurysms in a Japanese cohort. N Engl J Med 366: 2474-2482, 2012.
  • 日本脳ドック学会脳ドックの新ガイドライン作成委員会(編):未破裂脳動脈瘤の対応. 脳ドックのガイドライン2014, p71-84, 響文社, 2014.
  • 日本脳卒中学会脳卒中ガイドライン委員会(編):未破裂脳動脈瘤の治療. 脳卒中治療ガイドライン2015, p230-235, 協和企画, 2015.
  • Inoue T, et al: Annual rupture risk of growing unruptured cerebral aneurysms detected by magnetic resonance angiography. J Neurosurg 117: 20-25, 2012.

同友会メディカルニュース / 医療と健康(老友新聞)

同友会メディカルニュース

お元気ですか

季刊誌

2019年4月号NEW
・私の健康法 落語家 三遊亭 小遊三/・解離性動脈瘤 順天堂大学 大学院医学研究科 循環器内科学 准教授 小西 博応/・生活習慣病予防のために、よく噛んでバランスの良い食事をとりましょう~その1~ 管理栄養士 花里 映里/・ペットボトル体操~体幹を鍛える~ 運動指導科 原田 健/・軽く考えると危ない! 口呼吸習慣を改善しましょう 保健師 脇神 亜希子/・歩いて健康 文京巡り 第17回「播磨坂さくら並木」/・医療情報 日本総合健診医学会第47回大会に同友会より2題口演
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
同友会グループの社会貢献
健康と経営を考える会
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック2020 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
メディア掲載
取材に関するお問合せ

ページトップ