• TOP  >
  • 同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2016年2月号
過敏性腸症候群について

1.現代病『過敏性腸症候群』について

「通勤電車の中で急におなかが痛くなりトイレに駆け込んだり、仕事が忙しくなると便秘が続いて困る」といった症状を経験した方が多いと思います。ストレスなどの心理的要因も影響し、下痢または便秘を来たしたり、下痢と便秘を繰り返したりする病態を過敏性腸症候群といいます。腸管には基本的に器質的な異常は見つからず、腸管の蠕動運動などの機能面に異常を来たすことで、症状が出現します。消化器内科を受診される5人に1人くらいは過敏性腸症候群ともいわれています。まさにストレス社会である先進国に多い現代病であり、誰にでも起こりうる病気といえます。
診断は従来よりRome基準というものが用いられています。現在は、2006年に作成されたRomeIII基準が用いられております。

表1.ROMEⅢ基準
反復する腹痛または不快感が、最近3ヶ月のうち少なくとも1ヶ月に3日以上存在し、しかもそれらの症状が以下の3つのうち2つ以上を伴うこと。
  • 1.症状が排便により軽快する
  • 2.症状の発現が排便頻度の変化を伴う
  • 3.症状の発現が便性状の変化を伴う

過敏性腸症候群は便の形状によりさらに4つに分類され、「便秘型」、「下痢型」、便秘と下痢を繰り返す「混合型」、そしてどれにも分類されない「分類不能型」に分けられます。

表2.分類
  • 1.便秘型  硬便または兎糞状便が25%以上、軟便または水様便が25%未満
  • 2.下痢型  軟便または水様便が25%以上、硬便または兎糞状便が25%未満
  • 3.混合型  硬便または兎糞状便が25%以上、軟便または水様便も25%以上
  • 4.分類不能型  便性状異常が上記いずれも満たさないもの

排便頻度より便の形状により分類されることがポイントです。男性では下痢型、女性では便秘型が目立ちます。
炎症性腸疾患や大腸がんなどの除外診断は必要ですので、一度は大腸内視鏡検査をおすすめします。

2.腸脳相関

過敏性腸症候群は、ストレスや生活のリズム、腸内細菌の乱れなどが微妙にかかわって発症します。腸と脳は密接な関連があり、お互いに情報を伝え合って機能しています。脳の中枢神経は、腸の運動や分泌、免疫機能、血液の流れなどを調節し、腸からも脳に情報が伝達されています。私たちがストレスを感じると脳から腸にその情報が伝えられます。すると腸の運動を亢進させるだけでなく、腸内細菌のバランスにも影響を及ぼすのです。過敏性腸症候群では、「消化管の運動異常」と「内臓知覚過敏」と「心理的要因」の3つが密接に関わっています。ストレス負荷時の大腸運動の異常が遷延したり、消化管の内臓知覚過敏性が亢進しています。うつや不安障害などの情動変化を合併することもよくあります。

3.改善方法

過敏性腸症候群の原因はストレスだけではなく、食生活や睡眠などがあり、こうした生活リズムの乱れは、腸の症状にも大きく影響してくるといわれています。心身両面のセルフコントロールを身につけ、バランスのいい生活を送ることこそ、予防&治療の第一歩です。おなかの不調を感じたら、ストレスと上手に向き合いながら、ふだんの食事内容やバランス、食事時間なども見直してみましょう。薬物療法では、腸内環境を整える「乳酸菌製剤」や、消化管の動きを調節する「消化管運動調整薬」、腸の異常な運動を抑えて腹痛を和らげる「抗コリン薬」などがあります。便秘型や混合型の人は状態に合わせて、便を柔らかくする下剤や、便の性状を整える「高分子重合体製剤」を追加します。心理状態によっては「抗うつ薬」や「抗不安薬」が有効なこともあります。専門外来で御相談ください。

  • 参考文献・サイト:
  • 1) 過敏性腸症候群―脳と腸の対話を求めて.182-192,2006
  • 2) Vakil N, van Zanten SV, Kahrilas P, et al : Am J Gastroenterol 101 : 1900-1920, 2006
  • 3) N Engl J Med 2011; 364:22-32January 6, 2011

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?NEW
2016年12月号
高LDL-C血症(俗にいう悪玉コレステロール)について
2016年11月号
最近のがん免疫治療の話
2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上を
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ

お元気ですか

季刊誌

2016年10月号NEW
・私の健康法 生稲晃子 女優/・乳がんについて 越谷市立病院 外科部長 行方 浩二/・ご存知ですか?機能性表示食品について/管理栄養士 花里 映里/・ダイナミック・ストレッチ/「足腰のウォーミングアップ」ヘルスケアトレーナー 原田 健/・ノロウィルス対策について/保健師 折野 順子/・歩いて健康 文京めぐり第7回「駒込大観音 光源寺」/・医療情報「日本人間ドック学会学術大会にて」

ページトップ