• TOP  >
  • 同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2017年4月号
頭痛について

日本において、頭痛を自覚する人は、年間4000万人にのぼることが知られています。その多くは、他に原因となる病気がない「一次性頭痛」といわれる頭痛です。一次性頭痛は、生命を脅かすものではありませんが、繰り返し慢性的に痛みが現れ、時には就労や登校が出来なくなるなど、生活の質を低下させます。頭痛がある場合でも、これをうまくコントロールし、快適な生活を送るためには、ただ薬を服用するのみではなく、自身の頭痛に関する正しい知識を持つことが重要です。また、頭痛診療の現場では、くも膜下出血をはじめとする「二次性頭痛」、つまり何らかの病気が原因で起こる危険な頭痛を速やかに診断することも重要です。今回は頭痛について解説させて頂きます。

1.頭痛の分類

1962年にアメリカ神経学会の頭痛分類が発表されるまで、頭痛の診断基準はなく、頭痛の診断は各医師の判断に任されていました。また、1988年に国際頭痛学会が「国際頭痛分類」を発表し、世界共通の診断基準が示されたことによって、頭痛診療の国際的な標準化が可能となりました。2004年には、研究の進歩や科学的根拠を取り入れて、「国際頭痛分類 第2版」が公表されました。そして2013年、さらに改良された「国際頭痛分類 第3版 beta版」(International Classification of Headache Disorder : ICHD-3β)が公表されました。このICHD-3βの概要は以下の通りです。

  • ① 頭痛は「一次性頭痛」と「二次性頭痛」に分けられる。
  • ② 「一次性頭痛」とは、頭痛自体が病気とされるもので、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛に分けられる。
  • ③ 「二次性頭痛」とは、くも膜下出血や髄膜炎など、他の病気の一症状としての頭痛を指すグループである。
[ 表1 ] 主な頭痛の分類
第1部 一次性頭痛
  • 1.片頭痛
  • 2.緊張型頭痛
  • 3.群発頭痛
第2部 二次性頭痛
  • 4.頭部外傷による頭痛
  • 5.くも膜下出血による頭痛
  • 6.脳腫瘍による頭痛
  • 7.薬剤の使用過多による頭痛
  • 8.髄膜炎による頭痛
  • 9.高血圧性頭痛
  • 10.顎関節症による頭痛
  • 11.精神疾患による頭痛

2.二次性頭痛

頭の中に限らず、何らかの病気があって起こる頭痛を、二次性頭痛といいます。二次性頭痛の原因は多種多様であり、生命にかかわる場合もあるため、慎重かつ速やかに診察と検査を行います。単に一次性頭痛か、二次性頭痛かの区別だけでなく、その両方がある場合もあるため注意が必要です。二次性頭痛の診断には、頭部CTや頭部MRIなどによる画像診断が非常に役立ちます。

3.片頭痛

片頭痛は、頭の「片側」に発作的に発生することが多いため、「片」頭痛と呼ばれますが、両側性の例もあるので注意が必要です。片頭痛は、仕事・学業・家事などに悪影響を及ぼす頭痛発作です。7割を超える患者が、日常生活に支障があることを自覚しています。片頭痛は、頭痛発作を繰り返す病気で、痛みの強さは中等度~重度です。日常的な動作により頭痛が悪化することが特徴であり、痛み以外に、吐き気や、明るい光を辛く感じる「光過敏」、やかましい音を辛く感じる「音過敏」を伴います。

片頭痛は、「前兆のない片頭痛」と「前兆のある片頭痛」に分けられます。片頭痛の前兆は、5分以上持続し60分以内に完全に消失することが多く、視覚性、感覚性、言語性があります。視覚性前兆はキラキラした光・点・線が見えたり、視野の一部が見えにくくなったりする症状で、典型的なものが閃輝暗点(せんきあんてん)です。閃輝暗点は、視野のある部分にジグザグ形が現れ、徐々に拡大し、その周囲がキラキラ光る閃光で縁取られます。感覚性前兆は、顔・舌・体の一部に始まり、次第に拡大するチクチク感や感覚の鈍さなどの症状です。言語性前兆は、言葉が思うように出ない、話しにくいという症状が多いです。

[ 図1 ] 片頭痛の前兆の例(閃輝暗点)

視野にギザギザした稲妻様の閃輝が現れ、これが次第に拡大していきます。その後、視覚消失(暗点)が現れ、やがて頭痛が始まります。これを閃輝暗点といいます。

日本では、片頭痛の年間有病率が8.4%と報告されています。その内、前兆のない片頭痛が5.8%で、前兆のある片頭痛が2.6%でした。また、片頭痛の年間有病率は、女性12.9%、男性3.6%と、女性に4倍近く多い傾向があります。欧米の調査結果でも、女性約18%、男性約6%と、女性に多いです。

片頭痛の薬物治療は、頭痛を抑える薬と、頭痛発作を予防する薬に分けることができます。頭痛を抑える薬には、非特異的な鎮痛剤と、片頭痛に特異的なトリプタン製剤があります。重症の片頭痛に対しては、初めからトリプタン製剤を使用する方が、早く効果が得られます。トリプタン製剤は、内服するタイミングが重要です。頭痛発現後2時間を過ぎると治療効果が低下するため、「片頭痛が始まった」と感じたらすぐに内服しましょう。ただし、狭心症や心筋梗塞などの心臓病や、一過性脳虚血発作の既往のある方は服用できませんので、注意が必要です。

発作予防薬には、元々は血圧を下げる薬であるカルシウム拮抗薬やβ遮断薬、抗けいれん薬、抗うつ薬などがあります。発作予防薬の適応は、日常生活を妨げるような発作が、頻繁にみられる時です。

それぞれの患者に合った薬を内服することにより、片頭痛による生活のロスタイムを減らすことができます。

4.緊張型頭痛

緊張型頭痛は、頭が重く締め付けられるように痛む頭痛で、比較的症状が軽く、動いても痛みがひどくなることはありません。時々起こる緊張型頭痛では、日常生活に支障をきたすことは少なく、病気として扱わなくてもよいという考えもあります。しかし、頭痛が頻回に繰り返される慢性緊張型頭痛では、日常生活の質が低下し、心理的負担も大きくなるため、医療機関を受診した方がよい場合もあります。

日本での調査によりますと、緊張型頭痛の年間有病率は約22%と報告されています。また、緊張型頭痛が一次性頭痛のなかで最も有病率が高く、女性の方が男性よりも有病率が高いです。

緊張型頭痛というと、肩こりによる頭痛と思われることが多いのですが、片頭痛でも発作の初期に肩こりがみられることもあり、肩こりと頭痛があるだけでは緊張型頭痛と診断することはできません。首やその周りの筋肉の緊張も原因の一つですが、ストレスや不安、抑うつなどの心理的な原因のために、痛みの調整がうまくできない状態であることが分かってきました。

急性期(発作時)には鎮痛薬が治療の中心となりますが、不安を取り除き、心を落ち着かせる効果のある薬(抗不安薬)や筋肉の緊張を和らげる薬(筋弛緩薬)を併用することで、高い効果が期待できます。

5.群発頭痛

群発頭痛は、片側の眼の周囲から前頭部や側頭部にかけての激しい頭痛が、数週間から数か月の間ほぼ毎日起こる頭痛です。痛みは、毎日ほぼ同じ時間に起こる傾向があり、特に夜間や睡眠中に頭痛発作が起こりやすいのが特徴です。頭痛の最中に、頭痛がある側だけ眼が充血したり、涙が出たり、鼻水が出たりするという自律神経症状に気が付けば、診断は難しくありません。

また、群発頭痛の年間有病率は数%と報告されており、日本では少ないです。

群発頭痛では、発作時に、トリプタン製剤を服用する、純酸素を吸うという治療の他に、元々は血圧を下げる薬であるカルシウム拮抗薬を内服する予防療法が有効です。

6.まとめ

頭痛のある方は、人間ドックを受診した際、頭部MRI検査および頭部MRA検査をお受けになることをおすすめいたします。また、画像上は異常が認められず、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などが疑われる場合は、頭痛外来を受診し、精密検査や治療について御相談下さい。

  • 参考文献:
  • 1) 国際頭痛分類 第3版 beta版(ICHD-3β), 医学書院, 2014.
  • 2) Sakai F, et al: Prevalence of migraine in Japan. A Nationwide Survey. Cephalalgia 17: 15-22, 1997.
  • 3) Lipton R. B, et al: A self-administered screener for migraine in primary care. The ID Migraine validation study. Neurology 61: 375-382, 2003.
  • 4) Michel P, et al: Validity of the International Headache Society criteria for migraine. Neuroepidemiology 12: 51-57, 1993.

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2017年4月号
頭痛についてNEW
2017年3月号
汗っかきに潜む怖い病気
2017年2月号
睡眠時間確保のすすめ
2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?
2016年12月号
高LDL-C血症(俗にいう悪玉コレステロール)について
2016年11月号
最近のがん免疫治療の話
2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上を
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ

お元気ですか

季刊誌

2016年10月号NEW
・私の健康法 生稲晃子 女優/・乳がんについて 越谷市立病院 外科部長 行方 浩二/・ご存知ですか?機能性表示食品について/管理栄養士 花里 映里/・ダイナミック・ストレッチ/「足腰のウォーミングアップ」ヘルスケアトレーナー 原田 健/・ノロウィルス対策について/保健師 折野 順子/・歩いて健康 文京めぐり第7回「駒込大観音 光源寺」/・医療情報「日本人間ドック学会学術大会にて」
  • 人間ドックギフト券
同友会メディカルニュース
2017年4月号
頭痛について
2017年3月号
汗っかきに潜む怖い病気
2017年2月号
睡眠時間確保のすすめ~長時間労働の悪循環を防ぐために~
2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?
バックナンバー
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年

執筆者プロフィール

同友会メディカルニュースについて…
医療現場を担当している同友会の医師団が、月替わりで医療情報をわかりやすく紹介しています。

  • 健康メールマガジン
  • 人間ドックギフト券

ページトップ