同友会メディカルニュース

2018年6月号
多発性嚢胞腎(のうほうじん)のことを御存じですか?

腎臓の病気の一つに常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD:Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease)というものがあることを御存じでしょうか。あまり有名ではないかもしれませんが、実は最も頻度の高い遺伝性の腎疾患で、成人以降に左右両方の腎臓に多数の嚢胞(のうほう:水が溜まった袋状のもの)が進行性に発生・増大することによって腎不全が進み、60歳までに約半数が末期腎不全に陥り人工透析に至るとされている厄介な病気です。腎不全に至る前でも嚢胞感染や脳出血(脳動脈瘤の破裂)など、致死的な合併症を伴うことがあります。

わが国では高齢化の急速な進展を背景に人工透析治療を受ける人が増えており、2016年末には約33万人と2000年末に比べ約6割増え[1]、ADPKDはその原因の第4位を占めています[2]。ADPKDの患者さんを早期に発見し透析導入を未然に防ぐことが出来れば、本人の生活の質(QOL)を保つ上で非常に有益です。また医療経済の面からも、40兆円規模の日本の総医療費の約4%を占める人工透析のコスト[3]をいかに抑制するかが医療費削減の大きな焦点となっています。しかしそうした状況にあってもADPKDは最近まで効果的な治療法がなく、また40歳代までほとんど無症状で経過することから、診断基準(図1)に基づいた早期診断には残念ながらこれまであまり注力されてきませんでした。

<図1>ADPKD の診断基準

(厚生労働省進行性腎障害調査研究班「常染色体優性多発性囊胞腎診療ガイドライン (第2版)」より)

1.家族内発生が確認されている場合

  1. 超音波断層像で両腎に各々 3 個以上確認されているもの
  2. CT、MRIでは両腎に囊胞が各々 5 個以上確認されているもの

2.家族内発生が確認されていない場合

  1. 15歳以下では CT、MRI または超音波断層像で両腎に各々 3 個以上囊胞が確認され、以下の疾患が除外される場合
  2. 16歳以上では CT、MRI または超音波断層像で両腎に各々 5 個以上囊胞が確認され、以下の疾患が除外される場合

除外すべき疾患

  • 多発性単純性腎囊胞(multiple simple renal cyst)

  • 尿細管性アシドーシス(renal tubular acidosis)

  • 多囊胞腎(multicystic kidney)〔多囊胞性異形成腎(multicystic dysplastic kidney)〕

  • 多房性腎囊胞(multilocular cysts of the kidney)

  • 髄質囊胞性疾患(medullary cystic disease of the kidney)〔若年性ネフロン癆(juvenile nephronophthisis)〕

  • 多囊胞化萎縮腎(後天性囊胞性腎疾患)(acquired cystic disease of the kidney)

  • 常染色体劣性多発性囊胞腎(autosomal recessive polycystic kidney disease)

しかし2014年に新しい治療薬(バソプレッシン受容体拮抗薬、サムスカ ®)が登場してからは治療によって腎機能低下の抑制が期待出来るようになり、また2015年に難病新法が施行されADPKDが難病医療費助成制度の対象疾患に認定されるなど、社会的な受け皿の整備も次第に進みつつあります[4]。ADPKDを取り巻くこうした環境の変化を踏まえて、私達の施設において2017年度に人間ドックと健康診断で腹部超音波検査を受けられた47,383名の方に御協力を頂いて調査を実施したところ、興味深い事実が分かってきました。

これまで国内で行われた疫学調査では日本人のADPKDの有病率は10万人当たり約25人とされていました[5]が、今回の調査において超音波検査で両側の腎臓に一定数以上の嚢胞を認めた方にADPKDに詳しい病院の受診を勧めたところ、実際にはその約3~6倍に当たる68~143人もいることが推定されました(図2)。その一方で、現在健康診断で一般的に用いられている腹部超音波健診判定マニュアルに則って判定を行った場合は、今回判明したADPKD患者の約10人に1人しか要精密検査(D判定)の対象になっていないことも明らかになりました。

<図2> 今回の調査と国内外の報告におけるADPKD有病率の比較

今回の調査 国内疫学調査 [5] 海外文献 [6]
有病率 699~1,481人に1人 4,033人に1人 3019人に1人
人口10万人あたり 68~143人 24.8人 33.1人

ADPKDの患者はこれまで想定されているよりもずっと多い一方で、現状では仮に健康診断で腹部超音波検査を受けていても相当数の症例が放置されている可能性が強く示唆される結果でした。健康診断においてADPKDを早期に発見し治療を行うことが出来れば、腎機能の悪化から透析に至る転帰を未然に防ぎ、最初に述べたように本人のQOL(生活の質)の改善や我が国の医療費削減に大きく貢献することが出来るはずです。

今回の調査で行った「両腎に認める嚢胞の数に基づいた判定法」を健診の現場で実践する事は決して難しいことではなく、私達はこれからも学会発表や論文投稿などを通じてその有用性と重要性を発信し啓蒙に努めていきたいと考えていますが、同時に受診者の皆さんにも自ら行動することが望まれます。今回の調査では、ADPKDと判明した患者さんの8割以上で肝嚢胞が合併しており、6割以上に高血圧の病歴を認めました。またADPKDは家族内発生が多い事が特徴で、実際に今回の調査でADPKDと分かった方の6割は家族の中にもADPKDの人がいました。半数の方は家族に透析中の人がおり、3分の1の家族の中に脳出血を起こした人がいることも確認出来ました。もし健康診断で両側の腎臓に複数の嚢胞を指摘され、自身や御家族の病歴でこれらに該当する事があれば、下記サイトなどを参考に一度専門の病院で御相談されることをお勧めします。

多発性嚢胞腎についてよくわかるサイト
https://www.adpkd.jp/

参考文献:

  • Masakane I, Taniguchi M, Nakai S et al. Current status of chronic dialysis therapy in Japan I. Statistics of chronic dialysis patients at the end of 2016 1) Current status of chronic dialysis therapy (2) Changes in the number of chronic dialysis patients. Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 2018; 51:1–51 (In Japanese).
  • Masakane I, Taniguchi M, Nakai S, et al. Current status of chronic dialysis therapy in Japan I. Statistics of chronic dialysis patients at the end of 2016 2) Patients on dialysis (2) Underlying disease and gender of patients on dialysis. Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy. 2018; 51(1):1–51 (In Japanese).
  • Japanese Society for Dialysis Therapy. Report on the 19th Actual Condition Survey on Medical Expenses for Dialysis. The Journal of Japanese Association of Dialysis Physicians. 2016;31:90–103 (In Japanese).
  • Otsuka Pharmaceutical Co., Ltd. About Incentive Medical Cost Subsidy System for the Management of Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease (In Japanese). Available from: https://www.adpkd.jp/subsidy/apply/
  • Higashihara E, Nutahara K, Kojima M, et al. Prevalence and Renal Prognosis of Diagnosed Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease in Japan. Nephron. 1998;80:421–7.
  • de Almeida E, Sousa A, Pires C, et al. Prevalence of autosomal-dominant polycystic kidney disease in Alentejo, Portugal. Kidney Int. 2001;59:2374.

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2018年12月号
失神の原因と対処法NEW
2018年11月号
尿路結石と生活習慣による予防法
2018年10月号
副腎偶発腫瘍
2018年9月号
前立腺がんのPSA検診について
2018年8月号
めまいについて
2018年7月号
大人の麻疹(はしか)―あなたは抗体を持っていますか?
2018年6月号
多発性嚢胞腎(のうほうじん)のことを御存じですか?
2018年5月号
動脈硬化を気にしていますか?
2018年4月号
健康的な食習慣によって腸内環境を整えましょう
2018年3月号
心不全の予防とケアを推進しよう!
2018年2月号
IPMNは経過観察が必要?
2018年1月号
「血圧高め」は「高血圧」になる?
2017年12月号
長引く咳の原因について
2017年11月号
人工知能の医療への応用
2017年10月号
膀胱炎の正しい知識と治し方
2017年9月号
暑さ指数(WBGT)をもっと活用しましょう
2017年8月号
サルコペニアご存知ですか?
2017年7月号
認知機能障害について
2017年6月号
心房細動と診断されたら
2017年5月号
逆流性食道炎とバレット食道について
2017年4月号
頭痛について
2017年3月号
汗っかきに潜む怖い病気
2017年2月号
睡眠時間確保のすすめ
2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?
2016年12月号
高LDL-C血症(俗にいう悪玉コレステロール)について
2016年11月号
最近のがん免疫治療の話
2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上を
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ
2013年10月号
大腸がん検診受けていますか?
2013年9月号
ピロリ菌除菌治療の保険適用が拡大されました。
2013年8月号
今一度、低炭水化物食(糖質制限食)について考えてみましょう。
2013年7月号
片足立ちで靴下を履けますか?
2013年6月号
腹部大動脈瘤も人間ドック・健診で早期発見を
2013年5月号
アルコールと消化器疾患について
2013年4月号
糖尿病とがん・糖尿病治療とがんの関係
2013年3月号
最近の禁煙事情
2013年2月号
膵臓(すいぞう)がんについて知っておいてほしいこと
2013年1月号
遺伝的なリスクはその後の行いで変えられるかもしれません
2012年12月号
血尿とIgA腎症
2012年11月号
動脈硬化疾患予防ガイドラインについて
2012年10月号
機能性胃腸障害について
2012年9月号
ドライアイのリスクと治療
2012年8月号
高血圧のタイプ別心血管・脳血管疾患リスクについて
2012年7月号
遺伝情報を用いたオーダーメイド医療の時代が、すぐ近くまで来ています。
2012年6月号
今の生活習慣が老後を決めてしまうかもしれません
2012年5月号
がん治療の最前線
2012年4月号
骨粗鬆症の予防について
2012年3月号
高血圧とは ガイドラインを中心に
2012年2月号
消炎鎮痛剤とがんの意外な関係
2012年1月号
食習慣改善はお菓子やジュース類を減らす事から始めましょう
2011年12月号
日本人はなぜ平均寿命が世界でトップクラスなの?
2011年11月号
大腸がん対策について
2011年10月号
生活習慣改善の目標と方法
2011年9月号
ひとりひとりが認知症に対する備えを
2011年8月号
よい睡眠が健康にはとても重要です
2011年7月号
たかがコレステロール、されどコレステロール
2011年6月号
肺がんには胸部CTが有効です
2011年5月号
動脈硬化を調べましょう
2011年4月号
「脂肪肝なんて」と軽く考えていませんか
2011年3月号
減量に最適なカロリーバランスは?
2011年2月号
血清抗p53抗体に関する話題
2011年1月号
関節リウマチの話題

お元気ですか

季刊誌

2018年7月号NEW
・私の健康法 リオデジャネイロオリンピック 男子陸上4×100mリレー銀メダリスト 山縣亮太/・慢性腎臓病―尿検査とeGFR(推算糸球ろ過量)の測定で早期発見を 品川クリニック 所長 横松 守/・食中毒に気をつけましょう/管理栄養士 花里 映里/・ペットボトル体操~体幹(腹筋)を鍛える~ 運動指導科 原田 健/・抗がん剤治療と仕事の両立 保健師 今井 真美/・歩いて健康 文京巡り 第14回「白山神社」/・医療情報 第5回「健康と経営を考える会」シンポジウム開催
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
同友会グループの社会貢献
健康と経営を考える会
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック2020 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
メディア掲載
取材に関するお問合せ

ページトップ