保健師コラム 小石川の健康散歩道

第9回 食材で季節を感じてみませんか?

保健師 脇神 亜希子

早いもので、冬の足音が聞こえる晩秋となりました。
みなさん、秋の味覚は存分に堪能されましたでしょうか?
旬のサンマ、さつまいも、栗やきのこ、かぼちゃなど、特に秋は食欲をそそる食べ物が楽しみな季節です。
私は、実家の家庭菜園から野菜を定期購入しています。
きっかけは、母との電話での会話。

私:「いつも行くスーパーの野菜はあまりおいしくないし、共働きやから外食も増えてるねん」
母:「野菜送ろか?」
私:「嬉しいけど、送料もかかるし悪いわ。定期購入したいくらいやわ」
母:「それいい考えやね。お父さんも張り合い出るわ。」

…というわけで、自宅には家庭菜園の野菜が月に2回届くことになりました。父が趣味で始めた菜園ですが、父はもともと凝り性で記録好き。美味しさと効率化を追求し書物や近くの農家の方にアドバイスを仰ぐなど研究を重ね、600坪の畑は常に旬の野菜が安定して収穫できる農地へと成長しています。
送られてきた段ボールいっぱいの野菜が届くと、足の早い野菜順に消費し、休日の夜にまとめて保存食作り。

かぼちゃ:一口サイズに切ってふかしてから冷凍庫へ(煮物やポタージュ・コロッケ・サラダに便利です)。

ニラやネギ:小口切りにして冷凍庫へ。ニラ玉やお味噌汁にそのまま使えます。

人参やジャガイモ、大根:新聞紙に包んでからラップし冷蔵庫へ(2週間は新鮮な状態で保存できます)。

ショウガ:スパイスや砂糖と一緒に煮て保管容器へ(手作りの辛口ジンジャーエールは最高です!)

季節の野菜1
季節の野菜2

露地栽培ですから、とにかく今採れる野菜や果物が届きます。この時期は毎回ナス。夏はトマトとオクラ、キュウリの嵐でした(笑)。時々小さいアオムシがついていてビックリしますが、それもまたおいしい証拠。
これからは、さといも、新キャベツや白菜が届くのかなあと楽しみです。
旬の野菜は特に栄養価が高くおいしいですね。野菜の多くは、旬の時期にビタミンCやカロテン量が最多となることがわかっています。
一年中とれる野菜も多くなっていますが、今しか食べられない食材を楽しんで季節を感じてみてはいかがでしょうか。八百屋さんで「旬の野菜は?」と聞いてみるのもいいかもしれません。

同友会メディカルニュース / 医療と健康(老友新聞)

同友会メディカルニュース

お元気ですか

季刊誌

2019年4月号NEW
・私の健康法 落語家 三遊亭 小遊三/・解離性動脈瘤 順天堂大学 大学院医学研究科 循環器内科学 准教授 小西 博応/・生活習慣病予防のために、よく噛んでバランスの良い食事をとりましょう~その1~ 管理栄養士 花里 映里/・ペットボトル体操~体幹を鍛える~ 運動指導科 原田 健/・軽く考えると危ない! 口呼吸習慣を改善しましょう 保健師 脇神 亜希子/・歩いて健康 文京巡り 第17回「播磨坂さくら並木」/・医療情報 日本総合健診医学会第47回大会に同友会より2題口演
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
同友会グループの社会貢献
健康と経営を考える会
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック2020 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
メディア掲載
取材に関するお問合せ

ページトップ