同友会メディカルニュース

2013年8月号
今一度、低炭水化物食(糖質制限食)について考えてみましょう。

1.はじめに

以前にメディカルニュースで低炭水化物食について書かせて頂きました(2011年3月号をご参照ください)。ニュース等でご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、日本の研究グループが今年1月に低炭水化物食によって死亡率が1.31倍増加すると報告(*1)しました。3月には、日本糖尿病学会が食事療法に関して提言を公表しています(日本糖尿病学会のホームページからPDFファイルでダウンロードできます)。このように最近、低炭水化物食についての論議がますます盛んになっていますので、補足する形で述べさせて頂きます。

2.低炭水化物食の代謝に対する影響

低炭水化物食の是非については、いまだ決着はついていません。一因として、低炭水化物食には様々な方法があり、方法によって結果が異なってしまう事が挙げられます。また、効果や安全性を評価するには、長期に渡る臨床研究結果が必要となるため、まだ当面決着はつかないものと思われます。
以前、お伝えしましたように、低炭水化物食のメリットとして従来推奨されている低脂肪食よりも減量効果で若干勝る可能性があります。一方で高脂肪食となりやすいため、血清脂質(コレステロールや中性脂肪)での不利益が懸念されますが、(報告によってまちまちですが)客観的に見ますと低炭水化物食が劣るとは言えません。血圧に対する影響も結果は様々ですが、低炭水化物食は低脂肪食より劣る事はなさそうです。しかしながら、意外にも血糖に対しては低炭水化物食が優れるとは言い切れず、逆に劣るという報告も少なくありません。つまり、体重・血圧・血清脂質・血糖の面から総合的に判断しますと、低炭水化物食が少し優れる可能性もありますが、決定的な差はないものと思われます。

3.低炭水化物食の懸念

詰まる所、最も重要なのは、寿命・動脈硬化・認知機能に関して有益なのかどうかです。寿命に関しましては冒頭でご紹介した研究や以前お伝えしました研究にありますように、低炭水化物食が不利となる可能性が指摘されています。
動脈硬化に関して、スウェーデンの研究(*2)をご紹介致します。この研究では、炭水化物のエネルギー比率と蛋白質のエネルギー比率でスコア化しています。例えば、炭水化物30%かつ蛋白質25%のような低炭水化物高蛋白食の場合は、10+10で20点という事です。そしてこのスコアと心血管疾患(脳卒中・狭心症・心筋梗塞など)リスクを検討しています。図に示しましたように、低炭水化物・高蛋白質の食事になるに従い、リスクが有意に高まるという結果でした。しかし一方で、米国の看護師を対象にした研究(*3)では、炭水化物のエネルギー比率と狭心症・心筋梗塞の関係は全く関連がないと報告していますし、頚動脈超音波による動脈硬化の検討(*4)では、低炭水化物食は低脂肪食と同等の改善効果を認めています。ちなみに動物実験では極端な糖質制限食(炭水化物エネルギー比率12%)で動脈硬化が進行する事が示されています(*5)。このように判断が難しい所ですが、動脈硬化に対して低炭水化物食は不利にはたらく可能性があります。

図1:低炭水化物は心血管疾患のリスクを高める

ご存知のように、脳はエネルギー源として炭水化物のブドウ糖を主に利用します。よって低炭水化物食は脳に対しての悪影響が懸念されます。最も気になる認知機能障害に関しては、短期的には否定している報告が多いですが、長期的には不明です。低炭水化物食は気分に悪影響を与えたり(*6)、うつ病のリスク(*7)になる事が多く報告されています。そしてこれは、実際に低炭水化物食に取り組んだ方の訴えとしてよく聞く内容です。低炭水化物食は仕事や勉学には不利益である事は確実と思われます。

4.まとめ:個々の栄養素に関して論じるのは間違いのもと

従来では、炭水化物の摂取量としてエネルギー比率55~60%が良いとされてきました。しかし地中海食の有益性(別の機会に取り上げたいと思います)など、様々な臨床研究の結果などから炭水化物の摂取量を厳格に定めるのではなく、ある程度柔軟に考えてよいと思います(エネルギー比率で45~60%)。むしろ大事なのは、炭水化物は何で摂るのか?蛋白質や脂質は何で摂るのか?です。例えば、菓子類や菓子パンを減らす、主食に全粒穀物(玄米など)を取り入れる、主菜は肉類に偏りすぎないようにするといった事になります。ただし、調理法の影響も非常に受けますので素材だけでは語れません。加えて食べ方(噛み方や食べる順序など)の影響も受けると思われます。つまり栄養は包括的に考えるべきものであり、個々の栄養素や有効成分等のみで論じるのはナンセンスです。
このように、食事の話は突き詰めていくと、非常に難解なものになってしまい、何をどう食べたらよいのか解らなくなってしまいます。もっとシンプルに考えましょう。以前からお話ししている7つの“あ”に注意しつつ、“3つの皿”を毎食意識して頂ければ、おのずと適切なエネルギーバランスとカロリーになります。

3つの皿

  • 参考文献:
  • *1 Noto H, et al. Low-Carbohydrate Diets and All-Cause Mortality: A Systematic Review and Meta-Analysis of Observational Studies. PLoS ONE 2013;8:e55030 
  • *2 Lagiou P, et al. Low carbohydrate-high protein diet and incidence of cardiovascular disease in Swedish women: prospective cohort study. BMJ 2012;344:e4026
  • *3 Halton TL, et al. Low-Carbohydrate-Diet Score and the Risk of Coronary Heart Disease in Women. N Engl J Med 2006;355:1991
  • *4 Shai I, et al. Dietary Intervention to Reverse Carotid Atherosclerosis. Circulation 2010;121:1200
  • *5 Foo SY, et al. Vascular effects of a low-carbohydrate high-protein diet. Proc Natl Acad Sci USA 2009;106:15418
  • *6 Brinkworth GD, et al. Long-term Effects of a Very Low-Carbohydrate Diet and a Low-Fat Diet on Mood and Cognitive Function. Arch Intern Med 2009;169:1873
  • *7 Park Y, et al. Erythrocyte n-3 Polyunsaturated Fatty Acid and Seafood Intake Decrease the Risk of Depression: Case-Control Study in Korea. Ann Nutr Metab 2012;61:25

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2017年8月号
サルコペニアご存知ですか?NEW
2017年7月号
認知機能障害について
2017年6月号
心房細動と診断されたら
2017年5月号
逆流性食道炎とバレット食道について
2017年4月号
頭痛について
2017年3月号
汗っかきに潜む怖い病気
2017年2月号
睡眠時間確保のすすめ
2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?
2016年12月号
高LDL-C血症(俗にいう悪玉コレステロール)について
2016年11月号
最近のがん免疫治療の話
2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上を
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ
2013年10月号
大腸がん検診受けていますか?
2013年9月号
ピロリ菌除菌治療の保険適用が拡大されました。
2013年8月号
今一度、低炭水化物食(糖質制限食)について考えてみましょう。
2013年7月号
片足立ちで靴下を履けますか?
2013年6月号
腹部大動脈瘤も人間ドック・健診で早期発見を
2013年5月号
アルコールと消化器疾患について
2013年4月号
糖尿病とがん・糖尿病治療とがんの関係
2013年3月号
最近の禁煙事情
2013年2月号
膵臓(すいぞう)がんについて知っておいてほしいこと
2013年1月号
遺伝的なリスクはその後の行いで変えられるかもしれません
2012年12月号
血尿とIgA腎症
2012年11月号
動脈硬化疾患予防ガイドラインについて
2012年10月号
機能性胃腸障害について
2012年9月号
ドライアイのリスクと治療
2012年8月号
高血圧のタイプ別心血管・脳血管疾患リスクについて
2012年7月号
遺伝情報を用いたオーダーメイド医療の時代が、すぐ近くまで来ています。
2012年6月号
今の生活習慣が老後を決めてしまうかもしれません
2012年5月号
がん治療の最前線
2012年4月号
骨粗鬆症の予防について
2012年3月号
高血圧とは ガイドラインを中心に
2012年2月号
消炎鎮痛剤とがんの意外な関係
2012年1月号
食習慣改善はお菓子やジュース類を減らす事から始めましょう
2011年12月号
日本人はなぜ平均寿命が世界でトップクラスなの?
2011年11月号
大腸がん対策について
2011年10月号
生活習慣改善の目標と方法
2011年9月号
ひとりひとりが認知症に対する備えを
2011年8月号
よい睡眠が健康にはとても重要です
2011年7月号
たかがコレステロール、されどコレステロール
2011年6月号
肺がんには胸部CTが有効です
2011年5月号
動脈硬化を調べましょう
2011年4月号
「脂肪肝なんて」と軽く考えていませんか
2011年3月号
減量に最適なカロリーバランスは?
2011年2月号
血清抗p53抗体に関する話題
2011年1月号
関節リウマチの話題

お元気ですか

季刊誌

2017年4月号NEW
・私の健康法 服飾評論家 市田ひろみ/・食道がんについて 春日クリニック 医師 天野 高行/・むし歯予防の日 管理栄養士 花里 映里/・ダイナミック・ストレッチ/「肩こり予防・解消のペットボトル体操」 ヘルスケアトレーナー 原田 健/・効率のよい睡眠で元気な毎日を 保健師 福 わかな/・歩いて健康 文京巡り 第9回「関口芭蕉庵」/・医療情報「日本総合健診医学会第45回大会にて」
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
同友会グループの社会貢献
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック2020 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
取材に関するお問合せ
取材に関するお問合せ

ページトップ