• TOP  >
  • 小石川の健康散歩道

保健師コラム 小石川の健康散歩道

保健師コラム小石川の健康散歩道

第11回 新生活を迎える時ほど大切に!家族・身近な相手とのコミュニケーション

保健師 内田 道子

春は変化の季節といいますように、新年度を迎え、新たな生活や人間関係をスタートさせた方も多いかと思います。新年度開始から1ヶ月半、そうした変化に慣れてきた頃でしょうか。
かくいう私は、この春に育休から復帰し、いまだ新生活と格闘している毎日です。
妊娠、出産、育児を通し、ライフスタイルはもちろん、心身ともに多くの「変化」を感じてきました。人間関係でいえば「ママ友」といった新たなコミュ二ティも加わりました。
そこでよく話題になっていたのは「夫へのイライラ」など夫との関係性の変化についてです。
実はこうした変化、単なる夫への不満ではなく、「オキシトシン」というホルモンが関連しているそうです。
科学的根拠に基づく不満、イライラというわけですね!

オキシトシンは出産を機に女性の脳から大量に分泌され、我が子への「愛情」を強める反面、「他者への攻撃性」も強める働きがあります。
その結果、育児に非協力的な人間は敵とみなして攻撃の対象となる…まさに夫が攻撃の対象になってしまう、ということです。
そこでオキシトシンを攻撃性ではなく、愛情を強める方向に働かせるために夫にできることは、育児の分担といった物理的な関わりだけではなく、

育児でストレスを抱える妻の状況に寄り添う
  • *常に育児でストレスを抱える妻の状況に寄り添う気持ちを示す
  • *辛さを理解、共感し、頑張っていることを認める

こうした精神的な面での関わりがポイントのようです。
気持ちに寄り添い、思いを共感する…夫が妻の育児相談に真剣に耳を傾けるだけでも効果的ということですね。「傾聴」の姿勢、まさにカウンセリングの理論です。

育児という新生活を通して、改めて身近な存在である夫とのコミュニケーションについて考えさせられました。今回は育児における夫婦関係での変化についてピックアップしましたが、新生活においては、育児に限らず、身近な方とのこれまでの関係性にも何かしら変化が生じているのではないでしょうか。
新たな人間関係に目が向きがちで、身近な相手をあまり意識しないことが多いかもしれません。しかしご自身が、もしくは身近な方が新生活をむかえた時こそ、これまでの身近な相手とのコミュニケーション、改めて気にかけてみることも大切ですね!
気心が知れていると思う相手ほど、じっくり相手を観察し、変化を見逃さないようご注意です。

余談ですが…
このオキシトシン、実は我が子と触れ合うほど男性にも分泌されてくるそうです。「イクメン」と呼ばれる男性も増えておりますが、こうして子育てに関われば関わるほど、オキシトシンパワーも加わり、子供との関係はもちろん夫婦関係も良好に、家族の絆も深まるのですね!

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?NEW
2016年12月号
高LDL-C血症(俗にいう悪玉コレステロール)について
2016年11月号
最近のがん免疫治療の話
2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上を
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ

お元気ですか

季刊誌

2016年10月号NEW
・私の健康法 生稲晃子 女優/・乳がんについて 越谷市立病院 外科部長 行方 浩二/・ご存知ですか?機能性表示食品について/管理栄養士 花里 映里/・ダイナミック・ストレッチ/「足腰のウォーミングアップ」ヘルスケアトレーナー 原田 健/・ノロウィルス対策について/保健師 折野 順子/・歩いて健康 文京めぐり第7回「駒込大観音 光源寺」/・医療情報「日本人間ドック学会学術大会にて」

ページトップ