• TOP  >
  • 小石川の健康散歩道

保健師コラム 小石川の健康散歩道

保健師コラム小石川の健康散歩道

第8回 夏の日差しを楽しむために

保健師 川﨑 未夏

まだまだ暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
イベントの多いこの季節。私はフェスや花火大会などで夏を満喫しています。他にもプールやバーベキュー、キャンプなど楽しいイベントがたくさんありますね!

そこで気になるのが紫外線。
紫外線の浴びすぎは日焼け、しわ、シミ等の原因となるだけでなく、長年紫外線を浴び続けていると、時には皮膚がんや白内障等を引き起こすことがあります。

しかし紫外線は悪い影響ばかりではなく、カルシウム代謝に重要なビタミンDを皮膚で合成する手助けもします。紫外線の浴びすぎに注意しながら上手に紫外線とつきあっていくことが大切です。

暑い季節に役立つアイテムの一つに日傘があります。日傘は、太陽の光を直接浴びるのを防いでくれて暑さ対策や紫外線対策にも役に立ちます。ここで注意しなくてはいけないことが、太陽の光の照り返しです。アスファルトなどから反射された太陽の光にも紫外線が含まれています。
地面からの照り返しによる紫外線から肌を守るためには、日傘の内側の色を黒などの色の濃いものを使用すると更に効果的です。黒は紫外線を吸収してくれますが、白やシルバーなどの色は光が反射され顔に光が当たってしまうことがあり、日焼けの原因となるからです。ただ地面などからの照り返し自体を無くすことはできないので、日傘をさした上で日焼け止めを使用する、サングラスをかけるなどの対策も合わせていくと効果的です。

紫外線対策に多くの人が日焼け止めを使っていると思いますが、商品を選ばれる時SPF、PAが高い方が良いかな、と選ばれることがあるのではないでしょうか。日焼け止めは、数値が高いものを塗っておけば良いというものではなく、その時の状況や自分自身に合ったタイプのものを選ぶ必要があります。
SPFは主に紫外線のUVBを防ぐ効果を表しています。UVBとはオゾン層などにさえぎられて地表に届く量は少ないですが、肌への作用が強く、短時間でも肌が赤くなったり、肌が黒くなる色素沈着を引き起こす作用があります。肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけるなど影響が強いものです。商品には「SPF30」といった数値が記載され、数値の大きい方がUVBの防止効果は高くなります。ただSPFは、数値が高いとそれだけ乾燥し、肌に与える負担が大きくなります。UVBは直接日光に当たることを避けるだけでもある程度は防げるため、普段屋内で仕事をされる方などはSPFの数値は10~30くらいでも大丈夫です。

PAは肌老化の原因である紫外線UVAを防ぐ効果があります。UVAは、UVBに比べて影響は小さいですが、その多くが地表に届くため、肌に蓄積的なダメージを与えます。肌の奥の真皮にまで侵入し、肌のハリや弾力を失わせる原因になるのです。PA値には、「PA+」~「PA++++」までの段階があり、+が多いほど効果が高いことを表します。

日焼け止めは用法、用量を守って使うことが一番大切です。量を少なく塗ったり、塗り直しをしないと衣服や汗で日焼け止めが落ちて効果が得にくくなります。
紫外線と上手に付き合いながら夏を満喫しましょう!

参考文献
 環境省 「紫外線環境保健マニュアル2015」

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2017年4月号
頭痛についてNEW
2017年3月号
汗っかきに潜む怖い病気
2017年2月号
睡眠時間確保のすすめ
2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?
2016年12月号
高LDL-C血症(俗にいう悪玉コレステロール)について
2016年11月号
最近のがん免疫治療の話
2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上を
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ

お元気ですか

季刊誌

2016年10月号NEW
・私の健康法 生稲晃子 女優/・乳がんについて 越谷市立病院 外科部長 行方 浩二/・ご存知ですか?機能性表示食品について/管理栄養士 花里 映里/・ダイナミック・ストレッチ/「足腰のウォーミングアップ」ヘルスケアトレーナー 原田 健/・ノロウィルス対策について/保健師 折野 順子/・歩いて健康 文京めぐり第7回「駒込大観音 光源寺」/・医療情報「日本人間ドック学会学術大会にて」

ページトップ