• TOP  >
  • 同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について

人間ドックや健診を受診していただきますと、糖代謝検査として血糖値とHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)を測定します。

血糖値とは、血液中のブドウ糖の濃度のことで、空腹時に低下し、食後には上昇します。

<空腹時血糖の判定>

基準範囲 要注意 糖尿病型
99 mg/dl以下 100-125 mg/dl 126 mg/dl以上

HbA1cは、赤血球に存在するヘモグロビン(Hb)に、ブドウ糖が結合したものです。赤血球の寿命は約4か月であり、この間に赤血球が体内をめぐり、ヘモグロビンにブドウ糖が結合します。血液中のブドウ糖が多いほどHbA1cの値は高くなり、HbA1c値は過去1~2か月の血糖コントロールの状態を反映します。

<HbA1cの判定>

基準範囲 要注意 糖尿病型
5.5%以下 5.6-6.4% 6.5%以上

血糖値とHbA1cを同時に測定し、ともに「糖尿病型」であることが確認されれば、初回検査のみで糖尿病と診断されます。

HbA1cは、糖尿病診療において血糖コントロール状態の最も重要な指標として利用されていますが、以前から日本で使用されてきたJapan Diabetes Society (JDS)値で表記されたHbA1cは、国際的に使用されているNational Glycohemoglobin Standardization Program(NGSP)値と比較すると約0.4%低いという問題点がありました。そこで、2012年4月からHbA1c(NGSP値)をHbA1c(JDS値)と併用することとなり、2014年4月からはHbA1c(NGSP値)のみを使用しております。以前の健診結果などのHbA1c(JDS値)と、2012年4月以降のHbA1c(NGSP値)を比べる場合は、HbA1c(JDS値)に0.4%を加えてください。

糖尿病は放置しますと、眼・腎臓・神経などに細小血管合併症(網膜症・腎症・神経障害)を引き起こします。個人差がありますが、糖尿病発症から、0~5年で神経障害、7~8年で網膜症、10~13年で腎症を発症する方が多いです。
網膜症が進行すると眼底出血などにより失明、腎症が進行すると腎不全になる恐れがあります。糖尿病は、日本における透析導入原因の第一位、成人の失明原因の第二位を占めています。また、糖尿病を発症しますと、脳梗塞・心筋梗塞・閉塞性動脈硬化症などの大血管障害も起こしやすくなります。

日本人の2型糖尿病患者さんを対象としたKumamoto研究、および海外で行われた大規模臨床研究の結果から、細小血管合併症予防のための管理目標値として、HbA1c(NGSP値)7.0%未満が推奨されています。

2013年5月、熊本において日本糖尿病学会年次学術集会が開催され、新しい血糖コントロール目標が示されました。血糖正常化を目指す際の目標値としてHbA1c 6.0%未満、合併症予防のための目標値として7.0%未満、低血糖などの副作用やその他の理由で治療強化が困難な際の目標値として8.0%未満とする基準が示され、「熊本宣言2013」として社会にアピールしました。

<血糖コントロール目標>

目標 血糖正常化を
目指す際の目標
合併症予防の
ための目標
治療強化が
困難な際の目標
HbA1c(NGSP) 6.0%未満 7.0%未満 8.0%未満

是非この機会に、人間ドックや健診の結果などに記載されている血糖値とHbA1cをご確認いただき、今後の健康増進にお役立てください。

  • 参考文献:
  • (1) 日本糖尿病学会編:糖尿病治療ガイド 2014-2015 文光堂, 東京, 9-25, 2014
  • (2) 糖尿病診断基準に関する調査検討委員会:糖尿病の分類と診断基準に関する委員会報告(国際標準化対応版). 糖尿病 55 : 485-504, 2012
  • (3) Ohkubo Y, et al : Intensive insulin therapy prevents the progression of diabetic microvascular complications in Japanese patients with non-insulin-dependent diabetes mellitus : a randomized prospective 6-year study. Diabetes Res Clin Pract 28 : 103-117, 1995.
  • (4) The Diabetes Control and Complications Trial Research Group : The effect of intensive treatment of diabetes on the development and progression of long-term complications in insulin-dependent diabetes mellitus. N Engl J Med 329 : 977-986, 1993.
  • (5) UK Prospective Diabetes Study (UKPDS) Group : Intensive blood-glucose control with sulphonylureas or insulin compared with conventional treatment and risk of complications in patients with type 2 diabetes (UKPDS 33). Lancet 352 : 837-853, 1998.

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2017年2月号
睡眠時間確保のすすめNEW
2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?
2016年12月号
高LDL-C血症(俗にいう悪玉コレステロール)について
2016年11月号
最近のがん免疫治療の話
2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上を
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ

お元気ですか

季刊誌

2016年10月号NEW
・私の健康法 生稲晃子 女優/・乳がんについて 越谷市立病院 外科部長 行方 浩二/・ご存知ですか?機能性表示食品について/管理栄養士 花里 映里/・ダイナミック・ストレッチ/「足腰のウォーミングアップ」ヘルスケアトレーナー 原田 健/・ノロウィルス対策について/保健師 折野 順子/・歩いて健康 文京めぐり第7回「駒込大観音 光源寺」/・医療情報「日本人間ドック学会学術大会にて」

ページトップ