• TOP  >
  • 同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと

「ヘリコバクター・ピロリ菌」の存在はほとんどの胃がんの原因としてメディア等で広く取り上げられ、また2000年以降その除菌治療が保険適応・順次拡大されている事もあって、御存知の方も多いと思います。当メディカルニュースでも記念すべき第一号(2009年6月号)をはじめこれまで何回か取り上げてきましたが(直近は2013年9月号)、認知度の上昇に伴って健診機関を始めとする医療機関でピロリ菌の検査を受けられる方も年々増加しています。当然の事ながら検査で陽性の場合は更に詳しい検査や除菌治療を検討頂く事になりますが、実は陰性であってもその結果の意味は人によって大きく違ってくるという事を今回お話させて頂きたいと思います。

陰性=未感染とは限らない

ピロリ菌検査を受けて「陰性」という結果であった場合、一般的には「陰性だから胃がんにかかる危険は相当低い」と考えがちです。確かに、「ピロリ菌に一度もかかった事がない」方<未感染>の場合はそういえるのですが、最近はそうでない方も「陰性」の中に少なからず含まれる状況になっています(表1)。

表1:ピロリ菌検査で結果が陰性でも注意が必要なケース
過去に感染していた事がある
  • ・ピロリ菌の治療を受けて成功した場合(除菌済)
  • ・以前に感染があり、治療しなくてもいなくなった場合(偶然の除菌、自然消失)
現在も感染している(偽陰性)
  • ・実際には今もピロリ菌がいるのに、陰性と出る場合
    (境界値近辺、内服薬や免疫状態、体質等による)

陰性でも注意を要する場合 ①除菌後

最も多いのは、「以前はピロリ菌はいたけれど、除菌治療のおかげで今はいなくなっている」場合<除菌後>です。最近は除菌歴のある方が増えてきましたが、除菌に成功した場合はその後の検査では陰性となる事が多くなります(血液や尿を用いた抗体検査の場合は、治療に成功しても陽性が続く場合もあります)。確かに除菌によって胃がんの危険を大幅に下げられる事は事実ですが、除菌までの間に胃粘膜を荒らされた影響はその後も残りますので<未感染>の人と全く同じというわけにはいきません。同じ「陰性」であっても、除菌後の方は定期的な内視鏡検査を受けることが推奨されています。

陰性でも注意を要する場合 ②偶然の除菌、自然消失

他には「意図的に除菌しなくても、結果的に以前いたピロリ菌がいなくなっている」こともあります。別の病気で使用した抗生剤がたまたまピロリ菌に効いたケース<偶然の除菌>や、胃の萎縮が進んでピロリ菌が住めなくなってしまった場合<自然消失>等がこれに当たります。こうした場合もピロリ菌がいなくなるまで続いた胃炎の影響は残りますので検査結果が陰性であってもやはり内視鏡検査による経過観察の対象になりますが、<自然消失>の場合は胃粘膜の萎縮が相当程度進んでおり、ピロリ菌が陽性の人以上に胃がんになる確率が高い(約80人に1人)とされていますので、内視鏡検査の間隔を短めに設定するなど特に注意が必要です。

陰性でも注意を要する場合 ③偽陰性

更に最近は、「検査で陰性であっても実はピロリ菌がいる」状態<偽陰性>も一定の割合で起こりうることが分かってきました。検査結果が陽性との境界値に近い方に多いようです。抗生剤やPPIと呼ばれる強めの胃薬、またはステロイド剤を服用中の方、免疫力が低下している方など、偽陰性となってしまう原因は検査法によっても違いはありますが、実際はピロリ菌がいますので、定期的な内視鏡検査のみならず速やかに除菌治療を行う事が推奨されます。

この中で①<除菌後>の場合は、医師からの説明や治療の経緯で本人も治療後の「陰性」の意味を正しく理解する事が期待出来ますが、他の②③のケース<偶然の除菌、自然消失、偽陰性>についてはピロリ菌検査だけでは自身の正しい感染歴を知るすべがなく、<未感染>の方と同じ陰性の結果で区別がつかずそのまま放置してしまうとかえって危険な事になります。

陰性でも一度は画像検査で確認を!

同じ「陰性」でも未感染の方と、これらの注意を要する方とを区別するための有効な手段は、やはり実際に胃粘膜の状態を知る事、つまり画像検査(胃部X線検査、内視鏡検査)になります。ピロリ菌検査を受けて陰性と言われても、一度は画像検査で自身の胃の状態を確認しておくことがとても大切です。こうした流れを受けて内視鏡検査では、2014年にピロリ菌感染胃炎の診断指標となる所見を明確化した新たな診断基準である「胃炎の京都分類(1)」が策定されています。画像検査の結果、表2に挙げられているような所見を指摘された方は、現在または過去にピロリ菌に感染している可能性があります。今後も定期的な画像検査を続けて頂くと共に、ピロリ菌検査には血液、尿、呼気、便など様々な検体を使った検査法がありますので、最初に受けた検査とは別の方法でもう一度確認されることを是非お勧めします。

表2:ピロリ菌感染歴が疑われる画像所見の例
胃部X線検査(バリウム検査)
  • ・慢性(萎縮性、過形成性)胃炎
  • ・襞(ひだ)の腫大または肥厚、巨大
       皺襞(すうへき)
  • ・胃潰瘍瘢痕(はんこん)、十二指腸
       球部変形
上部内視鏡検査(胃カメラ)
  • ・慢性(萎縮性、過形成性)胃炎
  • ・鳥肌胃炎
  • ・腸上皮化生
  • ・襞(ひだ)の腫大または肥厚、巨大
       皺襞(すうへき)
  • ・白濁粘液
  • ・過形成性ポリープ
  • ・黄色腫(キサントーマ)
  • ・胃または十二指腸の潰瘍瘢痕
      (はんこん)
  • 参考文献・サイト:
  • 1) 春間 賢(監修):胃炎の京都分類、日本メディカルセンター、東京、2014

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2017年4月号
頭痛についてNEW
2017年3月号
汗っかきに潜む怖い病気
2017年2月号
睡眠時間確保のすすめ
2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?
2016年12月号
高LDL-C血症(俗にいう悪玉コレステロール)について
2016年11月号
最近のがん免疫治療の話
2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上を
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ

お元気ですか

季刊誌

2016年10月号NEW
・私の健康法 生稲晃子 女優/・乳がんについて 越谷市立病院 外科部長 行方 浩二/・ご存知ですか?機能性表示食品について/管理栄養士 花里 映里/・ダイナミック・ストレッチ/「足腰のウォーミングアップ」ヘルスケアトレーナー 原田 健/・ノロウィルス対策について/保健師 折野 順子/・歩いて健康 文京めぐり第7回「駒込大観音 光源寺」/・医療情報「日本人間ドック学会学術大会にて」

ページトップ