• TOP  >
  • 同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う - 鉄欠乏性貧血の話 -

無縁坂
「母がまだ若いころ 僕の手をひいて
この坂を登る度 いつもため息をついた
(中略)
笑っていた白い手は とてもやわらかだった」

これは「さだまさし」さんの「無縁坂」という曲の出足です。まだ私が医学部の学生だった頃の流行歌。当時はまだ寄生虫疾患が問題になっていました。その中で、「ズビニ鈎虫」という寄生虫に寄生されると、極度の貧血になるのが特徴で、農家のおばさん達が坂を登る体力もなくなり、坂の登り口の所でため息をつくものだと講義で教えられたことを思い出します。「無縁坂」の歌詞を口ずさんでいるうちに、「若いのに坂を登るのに躊躇していたなんて・・あれっ、この曲のさださんのお母さんは貧血だったのではないか?」と感じた訳です。今回は貧血の原因として頻度の多い、鉄欠乏性貧血のことを取り上げましょう。

血の色が赤いというのは赤血球の影響だということは皆さまご存知でしょうか?赤血球は身体の各部分に酸素を運ぶ役割を持っています。貧血というのは文字通り、この赤血球が少なくなっておこる疾患です。もちろん事故などで体外に血液が出てゆくと貧血になりますが、その他に様々な原因で貧血という病気は起こります。貧血になると細胞に十分に酸素を運搬することができにくくなり、息切れのような症状を起こすようになります。その他の症状としては動悸・めまい・たちくらみ・冷え性などが一般的でしょうか。あと身体的所見として爪が薄くなり、割れやすくなったり、舌が萎縮し、ものが舌にしみるなどの症状があるとも聞きます。ただ、貧血の状態が長く続いた場合、体はそれに慣れてくるのか、ほとんど症状が出現しない場合もありますので、血液検査の数値を気にかけるなどの注意は必要です。

当会での貧血検査に関する基準値を表1に示しますが、男性と女性とでその値は異なります。貧血の頻度は男性が受診者の5%、女性が7%。男性では70歳以上が最も多いのに対して、女性では30~50歳が多くなっています(図1)。男性と女性で基準値が異なりますので、もし同じ基準で判断したら、女性でもっと所見のある人が増えるかもしれません。比較的若い女性に貧血が多いのは生理による出血の影響があるためで、高齢の男性に多いのは造血機能が年齢とともに衰えてくると予想されます。もちろん年齢の影響は女性にもありますが、そもそも基準が男性に比べて低いため、同じ値でも女性なら「軽度の変化、問題なし」男性なら「要二次検査」という判定になる可能性が高いという訳です。

表1.当会における貧血関連項目の基準値

  男性 女性 単位
赤血球数 438~577 376~516 /mm3
ヘモグロビン 13.6~18.3 11.2~15.2 g / dl
ヘマトクリット 40.4~51.9 34.3~45.2
血清鉄(Fe) 60~210 50~170 μg / dl

図1当会人間ドック受診者における貧血症の割合

血清の鉄分を測定された方はその値が低ければ、鉄欠乏性貧血の可能性が高まります。生理のある年齢ですと月に一定量の血液が失われますので、子宮筋腫などがあり、出血量が多くなれば、貧血になりやすくなるのは容易に頷けます。一方、男性で急に貧血になった場合は消化管からの出血を疑った方がよいかもしれません。

鉄欠乏性貧血と診断された方は食事の内容に気をかける必要がありましょう。以前はレバーだとかほうれん草など、鉄分の含有量が多いとされるものをすすめていましたが、最近ではそれに加えて、蛋白質を中心にしっかりと食べること、ビタミンCを十分に摂ることがすすめられております。ビタミンCは鉄分を変化させる(詳しく言うと、3価の鉄を2価に還元する)ことにより消化管からの吸収を効率的にする役割があると考えられております。また、食事の内容が、カロリーは多いけれども、鉄分が少なめなファーストフードやジャンクフードに偏っていると貧血になる方もおられるようで、栄養士はその辺りの事情を聞きながら、肉や魚、野菜類を含めて、しっかり食べるように指導しています(図2)。

図2貧血症の食事療法

今回は鉄欠乏性貧血のみを取り上げましたが、貧血の原因は多岐にわたります。症状がない場合でも放置せずに、必ず指示に従うことをおすすめします。

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?NEW
2016年12月号
高LDL-C血症(俗にいう悪玉コレステロール)について
2016年11月号
最近のがん免疫治療の話
2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上を
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ

お元気ですか

季刊誌

2016年10月号NEW
・私の健康法 生稲晃子 女優/・乳がんについて 越谷市立病院 外科部長 行方 浩二/・ご存知ですか?機能性表示食品について/管理栄養士 花里 映里/・ダイナミック・ストレッチ/「足腰のウォーミングアップ」ヘルスケアトレーナー 原田 健/・ノロウィルス対策について/保健師 折野 順子/・歩いて健康 文京めぐり第7回「駒込大観音 光源寺」/・医療情報「日本人間ドック学会学術大会にて」

ページトップ