同友会メディカルニュース

2013年5月号
アルコールと消化器疾患について

人間ドック受診者の中にも多量の飲酒をされている方やγGTPなどの肝機能障害を指摘された方も多いと思います。わが国では戦後一貫してアルコール消費量が増加してきていますが、1990年代から横ばいになり、1999年から若干減少傾向となっています。しかしながら依然としてアルコールに関連した肝硬変・食道がん・喉頭がんなどの疾患が多いのも事実です。『常習飲酒家』は一日平均エタノール60g以上、『大酒家』は一日平均エタノール100g以上で5日間以上継続と定義されています(表1)が、日本におよそ240万の大酒家がいると推計されています。飲酒による発がんリスクとして食道がん、咽頭喉頭がん、胃がん(慢性胃炎の進行をすすめる)、直腸癌が知られており、もちろん肝機能障害や膵炎の発症にも直接関与します。一日平均飲酒量は適量なのに一気に大量に飲むような飲み方は発がんというよりは心筋梗塞や脳梗塞による死亡率を増加させます。ここではアルコールについて、消化管疾患との関連とあわせてお話したいと思います。

表1:エタノール60g(過剰飲酒、常習飲酒家)とは

日本酒(15%) 3合
ビール(5%) 500ml×3本
焼酎(25%) 1.8合(330ml)
ウィスキー(43%) ダブル3杯(180ml)
ワイン(14%) 3/4本(約540ml)

昔から知られているように日本人には下戸、上戸がいます。それは体内に入ってきたアルコールを処理する酵素の一つのアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きによるものです。それには人種差・個人差があるのです。日本人は(表2)の通り3種類のALDH2の遺伝子型が知られており、全体の40%くらいはALDH2の遺伝子変異(二つの対の遺伝子のどちらかまたは両方が変異をおこしている)があるといわれています。一方欧米ではほぼ100%がALDH2活性型です。ALDH2ヘテロ欠損型(遺伝子のどちらか一方が変異を起こしている)は、もともとは酒に弱いのに慣れで飲めるようになることが多いです。また血中アセトアルデヒド濃度の急な上昇により、フラッシング反応(すぐ顔が赤くなったり、動悸、気持ち悪くなるなど)や二日酔いが見られます。徐々に飲めるようになることで耐性ができやすいため、一日3合以上の飲酒家の25%、アルコール依存者の15%がこのタイプといわれています。

表2:日本人のALDH2

ALDH2活性型(正常型NN) 50%以上 アルコールに強い
ALDH2ヘテロ欠損型(MN)30-40% アルコールに弱いが慣れれば飲める
ALDH2ホモ欠損型(MM) 5%前後 アルコールが全く飲めない

ALDH2ヘテロ欠損型の人の問題の一つは、活性型に比べて発がんリスクが高まることです。食道がんでは7.12倍の発がんリスクといわれています。耳鼻科系がんも1.6~8.4倍上昇し、多重がんとよばれるように食道と耳鼻科系のがんが合併することも多いです。特に濃いウィスキーなどを薄めずに飲む人、喫煙者はリスクが上がりやすいです。欧米と比較しても決して一人当たりのアルコール消費量は少なくないのでALDH2ヘテロ欠損型の飲酒家は特に発がんに関しては注意が必要です。飲酒でフラッシング反応がでる多量飲酒家の方は、是非内視鏡検査を受けられることをお勧めします。 また、アルコールは肝機能障害を起こします。健診やドックなどで約30%に発見される肝機能障害の大部分は脂肪肝です。アルコール、肥満、糖尿病、脂質異常症などの因子が関係しています。アルコールに関係ない(一日エタノール20g以下)脂肪肝もあり、近年では非アルコール性脂肪肝炎(NASH)など進行性のものがあるので注目されています。

アルコール性肝障害の診断基準は表3の通りで、エタノール60g以上の飲酒家で禁酒によりデータが改善し、他の疾患を否定できていることです。アルコール性肝障害はアルコール性脂肪肝、アルコール性肝線維症、アルコール性肝炎、アルコール性肝硬変の病理診断で病型分類されます。簡単に言うと、アルコール性脂肪肝は肝臓組織の脂肪化で運動や節酒により改善されます。何らかの原因で進行すると肝線維化(肝臓が硬くなる)が起こり、画像や血液データから臨床的に肝硬変と診断されます。もう一つのALDH2ヘテロ欠損者の問題点はアルコール量が少なくても肝障害を起こしやすいことです。女性では2/3程度、ALDH2ヘテロ欠損者では2/3以下でもアルコール肝障害を起こしうることが知られています。 治療としては、アルコールの適量(エタノール20g以下、女性では10g以下)を見直していただくこと、尚且つ体重の減量も重要になります。メタボリック症候群は肝機能の悪化を後押ししますので、適度な運動と食事の制限が必要となります。 ただしアルコール依存者、すでに肝硬変となっている患者、アルコール性慢性膵炎の患者は節酒ではなく必ず断酒しなければいけなせん。アルコール依存者は専門施設での治療が必要です。
この機会に今一度、健康診断データの見直していただき、アルコールの適量を見直して頂くことをおすすめします。

表3:2011年アルコール性肝障害診断基準

1過剰の飲酒 (エタノール60g以上)
※ただし肥満者は60g以下でも、女性やALDH2活性欠損者は2/3程度でも起こしうる
2 禁酒によりγGTP ,AST(GOT),ALT(GPT)が明らかに改善する
3 肝炎ウイルスマーカー、抗核抗体、抗ミトコンドリア抗体いずれも陰性

参考文献:

  • IARC Monographs on Evaluation of Carcinogenic Risks to Humans :Alcohol beverage consumption and ethyl carbamate IARC,2010
  • Cui R et al: Functional variants in ADH1B and ALDH2 coupled with alcohol and smoking synergistically enhance esophageal cancer risk. Gastroenterology 2009

同友会メディカルニュース / 医療と健康(老友新聞)

同友会メディカルニュース

お元気ですか

季刊誌

2019年1月号NEW
・私の健康法 読売新聞スポーツアドバイザー 報知新聞評論家 堀内 恒夫/・パーキンソン病について/順天堂大学大学院 医学研究科 神経学 藤巻 基紀・平成29年「国民健康・営業調査」の結果/管理栄養士 花里 映里/・ペットボトル体操~腰周りを鍛える~ 運動指導科 原田 健/・早めに対策!乳がん予防 保健師 野中 未夏/・歩いて健康 文京巡り 第16回「護国寺」/・医療情報 第45回医学講演会「企業を成長に導く女性の健康推進」開催
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
同友会グループの社会貢献
健康と経営を考える会
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック2020 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
メディア掲載
取材に関するお問合せ

ページトップ