• TOP  >
  • 栄養士連載 食事プラスワン

栄養士連載 食事プラスワン

Oneランクアップ の食事改善術
年齢、環境、健康状態に応じて色々と食生活のスタイルは違います。あふれるほどの食情報に翻弄することなく、ご自分に合った栄養バランスを整えていく方法をご紹介します。今よりも、よりよいOneランクアップの食事を目指してみませんか。

第12回 「お豆腐」食べ過ぎ注意報!

体にいいと言われる豆腐や納豆などの大豆製品も、食べる量に気をつけていただきたい食品です。栄養士との会話の様子をのぞいてみましょう。

49歳男性 ヒデさん

最近、豆腐とか納豆とか、
毎日食べるようにしていますよ。

毎日、豆腐や納豆を食べるようになったきっかけは、
どのようなことだったのですか。

栄養士

49歳男性 ヒデさん

コレステロールとか血糖値とかずっと高くてね。
野菜を増やしたほうがよいと思って。豆腐ならカロリーが低いし、おなかもいっぱいになるし、いいかなと思ってね。

野菜を増やすことはよい心がけですね。
でも、豆腐など大豆製品は、たんぱく質が多く含まれているため、野菜とは別のグループ、お肉やお魚のグループとして考えてくださいね。
豆腐や納豆は、1日どのくらい召し上がっていらっしゃるのですか。

栄養士

49歳男性 ヒデさん

あ~野菜とは別なんですね。
朝、納豆1パックでしょ。昼は社食で豆腐の小鉢があれば追加して、夜は豆腐1丁くらいかな。
これから寒くなってくると湯豆腐で1丁くらいは簡単に食べちゃいますよ。夏は冷ややっこで食べていたけれど、それくらい食べてもいいですか。

もし、1日のうちに、お豆腐や納豆のほかにも、お肉やお魚、卵を使った料理を召しあがっている場合は、お豆腐を毎日1丁、約300gは多いですね。
たとえば、同じ重さの豆腐と豚肉を比べた場合、豆腐のほうがカロリーは低く、カルシウムを多く補うこともできますが、大豆製品も、どの食品も食べ過ぎは体に影響を与えますよ。

栄養士

100gの豆腐とお肉の栄養成分を比べてみよう!

100gの豆腐とお肉の栄養成分表

*参考:新しい「日本食品標準成分表2010」による食品成分表(女子栄養大学出版部発行)

49歳男性 ヒデさん

えぇ~そうなの? 確かにカロリーは低いですよね。コンビニで買って、1丁くらい食べていたけれど……。

そうですね、カロリーが低いからと言って、豆腐をたくさん食べてもいいというわけではないのですよ。
たとえば、お豆腐300g食べたときと、その他の料理と比べてみましょう。カロリーが低いお豆腐も、量を多く食べれば、ゆで卵1個よりもカロリーが高く、たんぱく質や脂質の量も増えてきますね。

栄養士

それぞれの料理を比べてみよう!

料理比較表

*参考:家庭のおかずのカロリーガイドブック(女子栄養大学出版部発行)

1食のうち、お肉の代わりにお豆腐を食べるなど置き換えて食べた場合(例1)、食べ過ぎを防ぐこともできますが、お肉もお魚もプラスお豆腐なども食べた場合(例2)、期待した効果が得られないことが考えられますよ。

栄養士

1食あたりの主菜のおかず例 (目安は1~2品)

例1:置き換えて食べる場合例2:魚も肉も豆腐も食べる場合

49歳男性 ヒデさん

そうなんだね……卵よりも多いのか……。
検査値も変わらないはずか……だいぶ食べ過ぎですね。

豆腐や納豆など大豆製品の1日の目安量

注意
年齢や1日の活動量によって、目安量は異なります。
特に治療中の方は、食事量、調理方法など、必ず担当の医師や栄養士に確認し、指示に従ってください。

たとえば、朝食で納豆を1パック食べた場合、昼と夕食は、お肉かお魚などの料理を食べるなど調整できると、バランスがより良くなりますね。
検査結果が変わるには、時間がかかり、いろいろな要因が考えられます。一緒に対策を考えていきましょう。

栄養士

コラム

「○○によい」食品も、質(種類)と量のバランスが大事!

「コレステロール値を下げる効果がある」など、ある効果をクローズアップされている食品がありますが、それらの食品も一長一短です。
たとえば、豆腐は脂質が少なく、カルシウムの供給源として有効ですが、豆腐ばかり食べる食事では、動物性たんぱく質(アミノ酸の一種)や鉄などの栄養素が不足してしまいます。
お肉やお魚、卵などとあわせて、大豆製品も適量を食べることが大切です。
1日あたり「なにを」「どのくらい」食べたらよいのか、目安量と実際に食べている量を確認して、食事をより良く整えていきましょう。

栄養バランスのよい食事とは

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上をNEW
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ

お元気ですか

季刊誌

2016年7月号NEW
・私の健康法 瀬立モニカ リオデジャネイロパラリンピック日本代表 パラカヌー選手/・大腸がんについて 順天堂大学 医学部 付属順天堂医院 大腸・肛門外科 教授 坂本 一博/・生活習慣を見直してみましょう/管理栄養士 花里 映里/・ダイナミック・ストレッチ/「肩こり予防・解消」ヘルスケアトレーナー 原田 健/・熱中症は予防が大切!WBGT値を利用しよう 保健師 山下 眞理子/・歩いて健康 文京めぐり第6回「六義園」/・医療情報「胃がん対策強化の取組み」

ページトップ