• TOP  >
  • 同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう

1.はじめに

これまで、度々食習慣についてお伝えしてきました。最近では、2013年8月号では糖質制限食(低炭水化物食)は、目先の減量効果は若干勝る可能性が高いものの健康寿命の延長についてはエビデンスがなく、また炭水化物以外の摂取状況によっては、健康上不利益を被る危険性が高くなる事を、2014年4月号では牛肉や豚肉摂取は腸内細菌を介して健康上不利益となる可能性をお伝えいたしました。そして、食習慣を個々の栄養素や有効成分のみで論じると間違った解釈をしてしまう危険があり、包括的に考えることが肝要である事もお伝えいたしました。

基本的に、食習慣についてはエビデンスが不足しており、まだよくわかっていない部分が多いのですが、地中海食に関しては健康上のメリットが沢山の研究で証明されており、十分なエビデンスがあります。今回は地中海食をもとに健康的な食習慣についてお伝えしようと思います。

2.地中海食とは?

地中海食が注目されるきっかけになったのは、1957年から開始された7か国研究です。図1に示しましたように、脂質摂取量が多いほど虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞など)が多くなるのですが、クレタ島は例外で、脂質摂取量が多いにも関わらず発症率が低かったのです。同様の事が、死亡率や癌発症率にも当てはまりました。

こうして注目されるようになった地中海食ですが、クレタ島の伝統的な食習慣とはどういうものか、その特徴を表1に示します。当時のクレタ島は社会経済的に決して豊かではなかったため、牛肉や豚肉を食べる機会はほとんどなかったようです。結果的に食材は豊富に収穫できる植物性食品や魚介類が主体となり、食品の加工を最小限にとどめ、特産であるオリーブオイルを用いた調理法になりました。

図1

表1

地中海食(クレタ島の伝統的な食習慣)の特徴

  • 全粒穀物、季節の野菜・果物を豊富に摂る
  • 豆類、ナッツの摂取量が多い
  • 油の摂取量は少なくないが、オリーブオイルが主体 (飽和脂肪酸が少ない)
  • 牛肉や豚肉はあまり取らず、時たまの肉も鶏肉がほとんど
  • 魚介類を習慣的に摂取する
  • 乳製品の摂取量は少ないか適量
    (主に羊のチーズで摂るが、自然の草食のため非常に低脂肪)
  • 卵の摂取量は、週4個未満
  • 加工食品の摂取は最小限
  • 昼食がメイン

3.地中海食の効果

地中海食による有益な効果は様々な項目で期待できます。例えば、死亡率の減少、動脈硬化性疾患の減少、減量効果、糖代謝の改善、癌の減少、認知障害の抑制、老化の防止、そしてこれらの結果とも言えますが健康寿命の延長効果などが報告されています。今回はその中から、2つの臨床研究をご紹介したいと思います。

1つ目は、地中海食の脳保護作用を報告したものです(*1)。地中海食を遵守する事で、脳卒中は29%減少、うつ病は32%減少、認知障害は40%減少したと報告しています。また、認知症の主原因であるアルツハイマー病の発症は57%減少したと報告しています。

2つ目は、地中海食で健康長寿を保つ人の割合を調べた研究です(*2)。この研究では健康長寿の定義として、70歳まで主要な慢性疾患(高血圧や糖尿病など)・認知障害・身体機能障害・メンタル問題が全てない状態で過ごしてきた場合としています。この健康長寿となる可能性が、地中海食を遵守していた方では約1.5倍であったと報告しています。

4.健康的な食事とは?

例えば、米国の臨床研究では、食習慣の質を評価する方法として、地中海食スコア(9項目から点数をつける)やAHEI-2010(健康な食生活指数2010:11項目から点数をつける)を用いることが一般的です。AHEI-2010は地中海食遵守の考え方がベースになっています。米国農務省は2011年に国民がバランスの取れた食生活を実践しやすくするためのガイドラインであるMyPlate(*3、4)を発表していますが、地中海食をベースに現代の米国人向けにアレンジしたものと言えます。

地中海食と違い、和食のエビデンスは不十分ですが、7か国研究で認められたように、伝統的な日本食は比較的健康的な食習慣と思われます。個人的には、図2に示しましたように次の5点に注意すれば、伝統的な日本食は究極の健康食ではないかと推測しています。①ご飯は精製度の低いものに(玄米や五穀米など)、②野菜の積極的な摂取、③塩分制限、④揚げ物は極力少なく、⑤果物は適量まで(日本の果物は糖度が高いため)。

米国のガイドラインであるMyPlateのように、日本の食文化に即したものとして、以前からお伝えしている“3つの皿”を毎食意識して頂き、朝食を欠食することなく、夕食の比重が多くならないように気を付けて頂ければと思います。

図2

  • 参考文献・サイト
  • *1. Ann Neurol 2013;74:580
  • *2. Ann Intern Med 2013;159:584
  • *3. http://www.nyc.gov/html/doh/downloads/pdf/csi/obesity-plate-planner-13.pdf
  • *4. http://dm-net.co.jp/calendar/2011/011596.php

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2017年4月号
頭痛についてNEW
2017年3月号
汗っかきに潜む怖い病気
2017年2月号
睡眠時間確保のすすめ
2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?
2016年12月号
高LDL-C血症(俗にいう悪玉コレステロール)について
2016年11月号
最近のがん免疫治療の話
2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上を
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ

お元気ですか

季刊誌

2016年10月号NEW
・私の健康法 生稲晃子 女優/・乳がんについて 越谷市立病院 外科部長 行方 浩二/・ご存知ですか?機能性表示食品について/管理栄養士 花里 映里/・ダイナミック・ストレッチ/「足腰のウォーミングアップ」ヘルスケアトレーナー 原田 健/・ノロウィルス対策について/保健師 折野 順子/・歩いて健康 文京めぐり第7回「駒込大観音 光源寺」/・医療情報「日本人間ドック学会学術大会にて」

ページトップ