同友会メディカルニュース

2012年9月号
ドライアイのリスクと治療

人間ドック受診をされる方にも、眼精疲労や肩こり・頭痛、長時間VDT(visual display terminals)使用の項目にチェックをつけていらっしゃる方が多いようです。近年、ドライアイのとらえ方の変化により新しい作用機序の点眼薬が処方されるようになりましたので、今回は「ドライアイ」についてお話ししたいと思います。

ドライアイとは、慢性的に涙の分泌量が減少したり、量は十分でも涙の質の低下により、目の表面を潤す力が低下した状態であり、現在、日本の患者数は、800万人以上といわれています(1)。

ドライアイの症状は、目の乾燥感だけでなく、異物感・目の痛み・まぶしさ・目の疲れなど、多彩な目の不快感として感じられます。目を使い続けることによる「実用視力」の低下も起こります。ドライアイ患者では、開眼後、4-8秒で見えにくくなり、60秒後には視力の低下が確認されています(2)。

涙は、眼球の外上側にある涙腺から1分間に約1μL分泌され、瞬きにより目の表面全体に行き渡ります。大部分は、目頭にある「涙点」という小さい穴から鼻へと排出され、一部が目の表面から蒸発します(図1)。涙は、厚さ7μmほどの薄い層ですが、角膜や結膜の細胞に酸素や栄養を届け、温度やpHを保ち、ごみや老廃物を洗い流す重要な働きをしています。そのため、涙の減少=ドライアイでは、目の表面の細胞に傷ができやすくなり、様々な症状の原因となります。

涙腺と涙点の構造

検査としては、ろ紙を下眼瞼の縁にはさんで、涙の量を計測する「シルマー試験」や、涙の安定性を検査する「BUT検査」(Break Up Time:涙液層破砕時間)などにより、涙の質と量の評価が行われます。乾燥による目の表面(角膜や結膜)の傷は、染色液を点眼し、スリットランプと呼ばれる顕微鏡を用いて検査します。

ドライアイの増悪因子は多岐にわたります(表1)。女性は、男性12.5%に対して、21.6%と罹患率が高く、男性ホルモン(アンドロゲン)が低いこと、女性ホルモン(エストロゲン)が高いことがリスクであり、前立腺がんや更年期障害へのホルモン治療で、ドライアイが発症・悪化することが分かっています。VDTは、2時間使用で1.50倍、6時間以上の使用では2時間未満の2.03倍(48.9%)となります(3)。アイメイク(アートメイクや睫毛エクステも含む)や、レーシック手術によるドライアイも施術数に伴い増加しています。糖尿病や、シェーグレン症候群という涙腺・唾液腺に対する自己免疫疾患などの全身疾患が原因となることもあります(4)。

表1 ドライアイのリスクファクター

加齢
女性
VDT 作業
紫外線
乾燥
喫煙
コンタクトレンズ(特にソフトコンタクトレンズ)
内服薬(降圧剤、精神疾患薬)
点眼薬(一部の成分、防腐剤)
アレルギー性結膜炎
レーシック手術
アイメイク(アイライン、アートメイク、睫毛エクステなど)
全身疾患(糖尿病、関節リウマチ、シェーグレン症候群など)

現在、涙は、外側の油の層と内側の角膜を覆う液体の層(水分と不溶性のムチンが結合したゲル構造)の二層構造をとっているとされています。日本では、液層内の水分の減少(分泌低下や蒸発亢進)だけでなく、粘度の高いムチン成分の減少による涙の安定性の低下も、ドライアイに強く関与し、角膜の炎症や障害を引き起こしていると考えられています(4)。

そのため、治療には、従来より用いられてきた人工涙液、ヒアルロン酸製剤などの他、涙液の安定化効果もあるジクアソホソルナトリウムやレバミピドの点眼薬が用いられます。重症例では、自己血清の点眼を行う施設もあります。また、涙点プラグ(直径0.5-1mmの固形プラグや液状のコラーゲン)という涙が鼻へ排泄される出口である涙点に栓をして、眼の表面にとどまる涙の量を増やす治療もあります(図2)。日常生活では、瞬きの回数が減る長時間のVDT作業や運転を控え、コンタクトレンズ装用を減らすこと、目の保湿を図るために、加湿器を使用し、エアコンの設定を変えること、眼を温めること(温めるとマイボーム腺から油分が放出される)も有効です。メガネの周りに覆いがついたドライアイ用の眼鏡も売られています。カフェインやラクトフェリン摂取で涙が増えるとの報告もあります。

涙点プラグ挿入例

ドライアイは、慢性的な目の不快感や疲れを引き起こし、日常生活の質を著しく下げる疾患であり、全身疾患が原因になっていることもあります。点眼薬や保護メガネの種類も増え、涙点プラグの治療は保険適応となっていますが、ドライアイ患者のうち医療機関受診者は、わずか11%程です。症状のある方は、一度眼科で検査を受けてみられるといいでしょう。

  • 1.ドライアイ研究会 http://www.dryeye.ne.jp/index.html
  • 2.海道美奈子;あたらしい眼科 29(3):309-14,2012
  • 3.山田昌和;診断と新薬 49(2):169-177,2012
  • 4.横井則彦;あたらしい眼科 29(3):291-297,2012

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2017年10月号
膀胱炎の正しい知識と治し方NEW
2017年9月号
暑さ指数(WBGT)をもっと活用しましょう
2017年8月号
サルコペニアご存知ですか?
2017年7月号
認知機能障害について
2017年6月号
心房細動と診断されたら
2017年5月号
逆流性食道炎とバレット食道について
2017年4月号
頭痛について
2017年3月号
汗っかきに潜む怖い病気
2017年2月号
睡眠時間確保のすすめ
2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?
2016年12月号
高LDL-C血症(俗にいう悪玉コレステロール)について
2016年11月号
最近のがん免疫治療の話
2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上を
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ
2013年10月号
大腸がん検診受けていますか?
2013年9月号
ピロリ菌除菌治療の保険適用が拡大されました。
2013年8月号
今一度、低炭水化物食(糖質制限食)について考えてみましょう。
2013年7月号
片足立ちで靴下を履けますか?
2013年6月号
腹部大動脈瘤も人間ドック・健診で早期発見を
2013年5月号
アルコールと消化器疾患について
2013年4月号
糖尿病とがん・糖尿病治療とがんの関係
2013年3月号
最近の禁煙事情
2013年2月号
膵臓(すいぞう)がんについて知っておいてほしいこと
2013年1月号
遺伝的なリスクはその後の行いで変えられるかもしれません
2012年12月号
血尿とIgA腎症
2012年11月号
動脈硬化疾患予防ガイドラインについて
2012年10月号
機能性胃腸障害について
2012年9月号
ドライアイのリスクと治療
2012年8月号
高血圧のタイプ別心血管・脳血管疾患リスクについて
2012年7月号
遺伝情報を用いたオーダーメイド医療の時代が、すぐ近くまで来ています。
2012年6月号
今の生活習慣が老後を決めてしまうかもしれません
2012年5月号
がん治療の最前線
2012年4月号
骨粗鬆症の予防について
2012年3月号
高血圧とは ガイドラインを中心に
2012年2月号
消炎鎮痛剤とがんの意外な関係
2012年1月号
食習慣改善はお菓子やジュース類を減らす事から始めましょう
2011年12月号
日本人はなぜ平均寿命が世界でトップクラスなの?
2011年11月号
大腸がん対策について
2011年10月号
生活習慣改善の目標と方法
2011年9月号
ひとりひとりが認知症に対する備えを
2011年8月号
よい睡眠が健康にはとても重要です
2011年7月号
たかがコレステロール、されどコレステロール
2011年6月号
肺がんには胸部CTが有効です
2011年5月号
動脈硬化を調べましょう
2011年4月号
「脂肪肝なんて」と軽く考えていませんか
2011年3月号
減量に最適なカロリーバランスは?
2011年2月号
血清抗p53抗体に関する話題
2011年1月号
関節リウマチの話題

お元気ですか

季刊誌

2017年7月号NEW
・私の健康法 前橋育英高等学校 硬式野球部監督 荒井直樹/・膵がんについて 順天堂大学 肝胆膵外科 准教授 吉本次郎/・むし歯予防の日/管理栄養士 花里 映里/・夏バテに注意しましょう 管理栄養士 花里映里/・肩こり予防・解消のペット ボトル体操 ヘルスケアトレーナー 原田 健/・ステキな素足ライフを 保健師 野中未夏/・歩いて健康 文京巡り 第10回「駒込富士神社」/・医療情報 第4回「健康と経営を考える会」シンポジウム開催
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
同友会グループの社会貢献
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック2020 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
取材に関するお問合せ
取材に関するお問合せ

ページトップ