• TOP  >
  • 同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2017年5月号
逆流性食道炎とバレット食道について

1.バレット食道とは

最近日本では逆流性食道炎が増加傾向にあるといわれていますが、その逆流性食道炎と関連が深いバレット食道という病気をご存知でしょうか。

通常、食道の粘膜は扁平上皮、胃や腸は円柱上皮という粘膜に覆われています。逆流性食道炎などで炎症を起こして傷害された食道の扁平上皮が、胃から連続して胃と同じ円柱上皮で置き換えられたものをバレット粘膜(図1)、バレット粘膜が存在する食道をバレット食道といい、食道がんに対してリスクが高いといわれています。

このバレット食道に引き続いて起こる食道がん(バレット食道がん)が欧米の白人で近年非常に増加していることで問題になっています。

逆流性食道炎とバレット食道の内視鏡所見

図1 逆流性食道炎とバレット食道の内視鏡所見

両矢印がバレット粘膜の範囲を、赤矢印が食道炎を示しています。

2.逆流性食道炎とは

バレット食道の主な原因である逆流性食道炎は、胃液などの消化液が食道まで逆流することによって食道に炎症を起こし、胸焼けや口の中に酸っぱいものが上がってくる(呑酸)、などの症状をきたす病気です(図1)。

逆流性食道炎の原因としては加齢などによる胃の入り口(噴門部)の胃液逆流防止機能の低下が重要で、食道裂孔ヘルニア(図2。横隔膜で食道が貫通している部分が弛緩し胃の一部が胸部に脱出すること)のある場合は特に起こりやすいと考えられます。その他にも肥満や内臓脂肪の増加による腹腔内部の圧上昇、過食、喫煙、飲酒なども誘因として挙げられます。

逆流性食道炎は最近増加傾向にありますが、その中のごく一部がバレット食道に変化していくものと考えられています。

食道裂孔ヘルニアと胃液の逆流

図2 食道裂孔ヘルニアと胃液の逆流

矢印が胃液の流れを示しています。正常(左側)では横隔膜などにより胃液の逆流防止機構が働いていますが、食道裂孔ヘルニアがあると逆流防止機構がうまく作動せず、食道に胃液が逆流してしまいます。

3.バレット食道と発がん

バレット粘膜に遺伝子の変化などが加わることでがん化すると考えられていますが、その発がんのメカニズムはまだ十分には解明されていません。

欧米のデータではバレット食道のある患者さんは健常者と比較して食道がんの発生が30~125倍高いとされています。

日本人のバレット食道の発がんリスクは現時点では欧米より低いと推定されていますが、まだ患者さんの数も少ないため大規模な調査等がなく、正確な頻度は不明です。

欧米では最近25年でバレット食道からの発がんは6倍以上に増加していると報告されています。逆流性食道炎がまず欧米で増加し、それに引き続いてバレット食道、バレット食道がんも著明に増加してきました。

欧米人の傾向を単純に日本人に当てはめることはできませんが、最近日本では逆流性食道炎が増加しており、今後食生活の欧米化などに伴いバレット食道も増加していくことが懸念されています。

4.バレット食道の診断と検査の必要性

逆流性食道炎は症状や問診からある程度診断はつくものと考えられますが、その患者さんにバレット食道が発生しているかどうかについては内視鏡検査が必要です。

バレット食道そのものに対する治療は現時点では有効なものがなく、随伴する逆流性食道炎の症状を抑えるために胃酸の分泌を抑制する内服薬(ガスター®等のH2受容体拮抗薬、タケプロン®やネキシウム®等のプロトンポンプ阻害薬)を使用します。

バレット食道からの発がんを抑制する有効な方法も現時点ではありません。
バレット食道がんの早期発見のためには、特に胸やけなどの逆流性食道炎の症状のある方はまず内視鏡検査を受けていただくこと、内視鏡検査でバレット食道を診断すること、そしてバレット食道と診断された場合は定期的に内視鏡検査を受けることが重要と考えられます。

  • 参考文献:
  • 1) 患者さんと家族のための胃食道逆流症(GERD)ガイドブック 日本消化器病学会編集
  • 2) 胃食道逆流症(GERD)診療ガイドライン2015 改訂第2版 日本消化器病学会 南江堂
  • 3) 食道癌 診断・治療ガイドライン 2012年4月版 日本食道学会編 金原出版株式会社
  • 4) 臨床・病理 食道癌取扱い規約 第11版 日本食道学会編 金原出版株式会社

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2017年7月号
認知機能障害についてNEW
2017年6月号
心房細動と診断されたら
2017年5月号
逆流性食道炎とバレット食道について
2017年4月号
頭痛について
2017年3月号
汗っかきに潜む怖い病気
2017年2月号
睡眠時間確保のすすめ
2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?
2016年12月号
高LDL-C血症(俗にいう悪玉コレステロール)について
2016年11月号
最近のがん免疫治療の話
2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上を
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ

お元気ですか

季刊誌

2017年1月号NEW
・私の健康法 女優 泉ピン子/・MRIについて 順天堂東京江東高齢者医療センター 放射線科 鈴木 賢/・二日酔い予防 管理栄養士 花里 映里/・ダイナミック・ストレッチ/「ペットボトル体操」ヘルスケアトレーナー 原田 健/・さらば冬風邪 保健師 内田 道子/・歩いて健康 文京めぐり第8回「牛天神 北野神社」/・医療情報「第54回健康管理研究協議会」

ページトップ