同友会メディカルニュース

2018年4月号
健康的な食習慣によって腸内環境を整えましょう

1.はじめに

腸内には、私たちの体を構成する細胞数を凌駕する数の細菌が生育しているのをご存じでしょうか?これらの腸内細菌は培養できないものが多く、これまでは私たちの体にどのように影響しているのか解りませんでした。しかし21世紀に入ってからは遺伝子解析方法の急速な進歩により、私たちの体の状態に腸内細菌が大きく影響を及ぼしていて、腸内細菌バランスの乱れ(Dysbiosisと言います)が腸疾患だけでなく、アレルギー性疾患や生活習慣病など様々な疾患や体質に関係している事がわかってきました。

2014年4月号のメディカルニュースでは腸内細菌バランスの乱れが肥満や代謝異常そして心血管疾患の原因となりうる事を書かせて頂きました。今回はその続編として、併せてお読み頂ければと思います。

2.腸内細菌バランスの重要性について

フィンランドやエストニアは近隣国であるロシアに比べて、1型糖尿病(自己免疫による糖尿病)や食物アレルギーが非常に多いことで知られています。そこで、各国の代表的な都市で地理的にも近い3つの都市、ロシアのペトロザヴォーツク、エストニアのタルトゥ、フィンランドのエスポー在住の子供を比較した研究がおこなわれました1)(図1)。3つの都市は地理的に近いだけでなく、民族的にも近いようです(フィンランド民族が主体)。そして、従来言われているように、ペトロザヴォーツク市の子供に比して、エスポー市やタルトゥ市の子供(2歳時点)は、1型糖尿病の原因となる自己抗体の保有率が非常に高く、食物アレルギーも多い結果でした。著者らはこの主因の一つが腸内細菌バランスであると結論づけています。つまり、フィンランドやエストニアは非常に多くの肉類を摂取、ペトロザヴォーツク市の地域では根菜類の摂取が多いなど、食習慣に大きな違いがあり、その結果、3都市間で腸内細菌のバランスに差異が生じるのです(図2)。乳児の腸内細菌は母親の腸内細菌の影響を色濃く受けるため、受け継いだ腸内細菌バランスの違いが、2歳児の免疫反応異常の起こりやすさにも変化を与えていると考えられます。

また、日本人のエネルギー摂取量は昔と比較して増えていないにも関わらず、肥満や脂肪肝の人が増加していることや、糖尿病などの生活習慣病が増加している主原因の一つに食習慣の変化(加工食品や肉類摂取の増加・野菜の摂取減少など)に伴うDysbiosisがあると思われます。

<図1>

ロシア、エストニア、フィンランドの子供を比較した研究

Cell 2016;165:842 図1を改変

<図2>

3都市間の腸内細菌バランスの違い

Cell 2016;165:842 図3を改変

3都市間の腸内細菌バランスの違いの例として、Akkermansia muciniphilaはロシアに比してフィンランドやエストニアでは少ない。Bacteroides doreiはロシアに比してフィンランドやエストニアでは多い。

3.Dysbiosisの予防や改善のために

このように腸内細菌バランスが様々な疾患や体質に強く影響していることが解明されるに従い、有益と思われる腸内細菌を補充するプロバイオティクスの考え方が着目されるようになってきています。実際、様々な効果をうたったプロバイオティクス関連商品がたくさん発売されています。客観的な医学的検証が十分なされているとは言えない状況ですので、その是非を明確に論じることは出来ません。ただし、不十分ながら様々な臨床研究報告から判断すると、“一定の効果は期待できるかもしれない”程度に捉えておいた方が良さそうです。

そのように考える理由として3つの根本的事実があります。まず、「経口投与した細菌株は宿主の腸管に定着する事はない」という原則があります。つまり、プロバイオティクスとして摂取した細菌株は我々の腸内でとどまったり増殖する事はなく、一定期間の後に分解されたり体外に排泄される事となります。次に、「経口投与した細菌株の腸内滞在時間は食習慣などの生活環境に大きく左右される」があります。これは端的に言えば、悪い食習慣の方では摂取したプロバイオティクスが腸内から直ちに排除されやすいという事です。例としてマウスの実験2)ですが、乳酸菌の一種を摂取させたところ、通常の餌では摂取した細菌株が完全に腸内から喪失するのに48時間要した一方で、高脂肪の餌で飼育した場合は24時間の時点でほぼ腸内から喪失していました。つまり、食習慣の問題から生じやすいDysbiosisに対し、プロバイオティクスを摂取するという考え方は、そもそもの食習慣を健全化しないと効果が得られにくい事を意味しています。

3つ目がもっとも重要なポイントですが、「腸内細菌の種類の減少がDysbiosisの本質である」があげられます。腸内細菌は1,000種類以上あり、これらが様々な機能を持って我々の体に働きかけています。Dysbiosisは善玉菌<悪玉菌といった簡単な話ではなく、本来は多様性(たくさんの種類をもっている)が失われる事なのです。多様性が失われる主要因はやはり食習慣です。すなわち、高脂肪食(特に動物性)、食物線維が少ない食事、単一食、加工食品が腸内細菌の種類の減少に大きく影響する事がわかっています3,4)

腸内細菌健全化の側面からも、2015年9月号でお伝えした地中海食がお勧めです。私も2年ほど前から豚肉や牛肉や揚げ物の摂取を極力避け、植物性食品を主体とした地中海食に準じた食生活を徹底しておりますが、体質改善(便通異常や太りやすさなどの改善)や体力がついた事を実感しています。

  • 参考文献:
  • 1) Vatanen T, et al. Variation in Microbiome LPS Immunogenicity Contributes to Autoimmunity in Humans. Cell 2016;165:842
  • 2) Takemura N, et al. Inulin Prolongs Survival of Intragastrically Administered Lactobacillus plantarum No. 14 in the Gut of Mice Fed A High-Fat Diet. J Nutr 2010;140:1963
  • 3) Menni C, et al. Gut microbiome diversity and high- fi bre intake are related to lower long-term weight gain. Int J Obes 2017;41:1099
  • 4) David LA, et al. Diet rapidly and reproducibly alters the human gut microbiome. Nature 2014;505:559

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2018年7月号
大人の麻疹(はしか)―あなたは抗体を持っていますか?NEW
2018年6月号
多発性嚢胞腎(のうほうじん)のことを御存じですか?
2018年5月号
動脈硬化を気にしていますか?
2018年4月号
健康的な食習慣によって腸内環境を整えましょう
2018年3月号
心不全の予防とケアを推進しよう!
2018年2月号
IPMNは経過観察が必要?
2018年1月号
「血圧高め」は「高血圧」になる?
2017年12月号
長引く咳の原因について
2017年11月号
人工知能の医療への応用
2017年10月号
膀胱炎の正しい知識と治し方
2017年9月号
暑さ指数(WBGT)をもっと活用しましょう
2017年8月号
サルコペニアご存知ですか?
2017年7月号
認知機能障害について
2017年6月号
心房細動と診断されたら
2017年5月号
逆流性食道炎とバレット食道について
2017年4月号
頭痛について
2017年3月号
汗っかきに潜む怖い病気
2017年2月号
睡眠時間確保のすすめ
2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?
2016年12月号
高LDL-C血症(俗にいう悪玉コレステロール)について
2016年11月号
最近のがん免疫治療の話
2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上を
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ
2013年10月号
大腸がん検診受けていますか?
2013年9月号
ピロリ菌除菌治療の保険適用が拡大されました。
2013年8月号
今一度、低炭水化物食(糖質制限食)について考えてみましょう。
2013年7月号
片足立ちで靴下を履けますか?
2013年6月号
腹部大動脈瘤も人間ドック・健診で早期発見を
2013年5月号
アルコールと消化器疾患について
2013年4月号
糖尿病とがん・糖尿病治療とがんの関係
2013年3月号
最近の禁煙事情
2013年2月号
膵臓(すいぞう)がんについて知っておいてほしいこと
2013年1月号
遺伝的なリスクはその後の行いで変えられるかもしれません
2012年12月号
血尿とIgA腎症
2012年11月号
動脈硬化疾患予防ガイドラインについて
2012年10月号
機能性胃腸障害について
2012年9月号
ドライアイのリスクと治療
2012年8月号
高血圧のタイプ別心血管・脳血管疾患リスクについて
2012年7月号
遺伝情報を用いたオーダーメイド医療の時代が、すぐ近くまで来ています。
2012年6月号
今の生活習慣が老後を決めてしまうかもしれません
2012年5月号
がん治療の最前線
2012年4月号
骨粗鬆症の予防について
2012年3月号
高血圧とは ガイドラインを中心に
2012年2月号
消炎鎮痛剤とがんの意外な関係
2012年1月号
食習慣改善はお菓子やジュース類を減らす事から始めましょう
2011年12月号
日本人はなぜ平均寿命が世界でトップクラスなの?
2011年11月号
大腸がん対策について
2011年10月号
生活習慣改善の目標と方法
2011年9月号
ひとりひとりが認知症に対する備えを
2011年8月号
よい睡眠が健康にはとても重要です
2011年7月号
たかがコレステロール、されどコレステロール
2011年6月号
肺がんには胸部CTが有効です
2011年5月号
動脈硬化を調べましょう
2011年4月号
「脂肪肝なんて」と軽く考えていませんか
2011年3月号
減量に最適なカロリーバランスは?
2011年2月号
血清抗p53抗体に関する話題
2011年1月号
関節リウマチの話題

お元気ですか

季刊誌

2018年4月号NEW
・私の健康法 プロスキーヤー NPO法人グローバル・スポーツ アライアンス理事長 三浦雄一郎/・うつ病について 東邦大学医療センター大森病院 心療内科 中村 祐三/・毎日上手に食物繊維を摂りましょう 管理栄養士 花里 映里/・ペットボトル体操 ~足腰を鍛える~ 運動指導科 原田 健/・自律神経を調えて免疫力をあげよう!~心と身体の健康のため~ 保健師 志村 麻衣子/・歩いて健康 文京巡り 第13回「傳通院(でんづういん)」/・医療情報 日本総合健診医学界第46回大会にて当会医師が口演
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
同友会グループの社会貢献
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック2020 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
取材に関するお問合せ
取材に関するお問合せ

ページトップ