同友会メディカルニュース

2011年3月号
減量に最適なカロリーバランスは? ~低炭水化物食は減量に効果的?~

年末年始の影響や寒さのため運動量が減ったりして、この数ヶ月で体重が増えてしまい、これから減量に取り組みたいと考えている(もしくは取り組み中の)方もいらっしゃるのではないでしょうか?ダイエットにはたくさんの方法が考案されていますが、その中でもよく質問を受けます低炭水化物ダイエットを例に挙げて健康的に減量するためにはどうしたら良いかお話していこうと思います。

人間が生きていくのに必要な栄養素はたくさんありますが、その中でエネルギー源(カロリー)となるのが、三大栄養素と言われる「炭水化物(糖質)」、「蛋白質」、「脂質」です。一般的にはカロリーのバランスとして炭水化物55~60%、蛋白質15~20%、脂質20~25%の割合が勧められています。これは“(高炭水化物)低脂肪食”と表現されるバランスです。一方で極力炭水化物を減らす(炭水化物を1日に100g以下に抑える)“低炭水化物(高脂肪)食”を勧めている専門家もいます。適切なカロリーバランスに関しては、専門家の間でも意見が分かれていて結論が出ていないのが実情ですが、ここ数年で数多くの臨床研究が報告されていますので、いくつか紹介致します。

まず、低炭水化物食の方が低脂肪食よりも減量効果が高いとした研究結果を紹介致します。米国肥満女性を対象とした研究(*1)ですが、同程度にカロリー制限を行った場合、どのカロリーバランスの減量効果が高いか検討しています(図1)。超低炭水化物食では他のバランスの食事に比べて減量効果が高かったですが、カロリーバランスを変化させるのは継続に困難が伴うようで、どの群でも元々のカロリーバランス(炭水化物約50%)へ近づいています。男性を主体とした別の研究(*2)でも同様の結果でした。

図1

一方で、超低炭水化物食と低脂肪食では減量効果にほとんど差がなかったとする報告もあります(*3,4)。図2に示しました研究では、超低炭水化物食と低脂肪食とに減量効果に差がなかったばかりでなく、超低炭水化物食では口臭や便秘などの問題が多かったと報告されています。

図2

このように、同程度のカロリー制限を行った場合、超低炭水化物食は減量効果が高いとする結果と低脂肪食と同等という結果とに分かれます。結果が異なる原因の1つとして超低炭水化物食は菓子類や清涼飲料水はもちろん、主食類(ご飯・めん類・パン)や果物などを極力食べないようにしますので、継続困難となる場合が多く結果的に低脂肪食とカロリーバランスに大きな差がなくなってしまう事も考えられます。いずれにしても減量効果の面で言えば、低炭水化物食は低脂肪食と同等かそれ以上の効果が期待できるかもしれないが、決定的な差があるわけではないという事になります。

また、低炭水化物食には様々な懸念があります。まず明らかなものとして、脳に対する悪影響です。脳はエネルギー源として炭水化物のブドウ糖を利用します。このため、低炭水化物食を実施すると集中力低下や仕事の能率低下などを来たす事がわかっていますし、長期的に実施した場合は認知機能を低下させる可能性があります。さらに低炭水化物食は食べる食品を制限しますので、偏食を招きやすいという欠点もあります。

何より重要なのは目先の減量効果ではなく、長期的な健康に利益があるかどうかですが、これについて最近参考になる研究結果が報告されました(*5)。約13万人の食習慣を20年以上調査し、カロリーバランスから死亡率に差があるかどうかを検討しています(図3)。摂取カロリーが同じ場合でも炭水化物摂取率が低くなるに従って、大きな差ではありませんが死亡率が高くなっています。このデータは男性の結果ですが、女性でも同様の結果でした。このように、低炭水化物食は健康面では低脂肪食よりも若干劣る可能性があります。ただし、蛋白質と脂質のとり方によっては結果が異なるようです。すなわち、脂質や蛋白質には動物性由来と植物性由来とに分かれますが、同じ低炭水化物食でもその他のエネルギーを動物性由来で多くとるか植物性由来で多くとるかで結果が異なりました。動物性由来を多くとる低炭水化物食では死亡率がより高くなる一方で、植物性由来を多くとる低炭水化物食では死亡率が低くなりました。以上の事から、低炭水化物食は(蛋白質・脂質を植物性由来中心とするならば)低脂肪食よりも若干有利かもしれません。それでもなお低炭水化物食は脳に対する問題を含めて長期的な安全性や健康面全体に対する優位性が確立していません。さらに、日本人は基本的に主食をしっかり食べる傾向(高炭水化物食)がありますので、欧米人でも困難な低炭水化物食の実施はさらに困難と思われます。

図3

結論ですが、低炭水化物食が優れていると言えず危険性がある以上、今までの食習慣を大きく変えて低炭水化物食にするよりも、多く摂取しているカロリーを減らす、野菜類を増やす、主菜は動物性を減らし植物性を多く、嗜好品はなるべく減らすといった従来の考え方が結局の所、安全で確実です。最後に健康的に減量するために、気を付けたい7つの“あ”についてお話して終わりたいと思います。 気を付けたい7つの“あ”:甘いもの、あまりもの、アルコール、脂っこいもの、朝ご飯を抜く、歩かない、安眠の不足(睡眠不足)

※低炭水化物食には様々な方法があります。代表的なアトキンスダイエットでは、最初の2週間は炭水化物を1日20g以下としその後は徐々に炭水化物量を増やしていく方法ですが、その他の方法でも炭水化物摂取量を1日あたり100g以下に抑える事になります。日本人男性では平均で1日300g近くの炭水化物をとっていますので、1/3以下に抑える事となります。なお、文章中では便宜上“低炭水化物食”と“超低炭水化物食”と分けている部分がありますが、本来の低炭水化物食は“超低炭水化物食”にあたります。

  • 参考文献
  • *1 Gardner CD. Comparison of the Atkins, Zone, Ornish, and LEARN Diets for Change in Weight and Related Risk Factors Among Overweight Premenopausal Women. JAMA 2007;297:969-977
  • *2 Shai I. Weight Loss with a Low-Carbohydrate, Mediterranean, or Low-Fat Diet. N Engl J Med 2008;359:229-241
  • *3 Frank M. Sacks FM. Comparison of Weight-Loss Diets with Different Compositions of Fat, Protein, and Carbohydrates. N Engl J Med 2009;360:859-873
  • *4 Foster GD. Weight and Metabolic Outcomes After 2 Years on a Low-Carbohydrate Versus Low-Fat Diet. Ann Intern Med 2010;153:147-157
  • *5 Teresa T. Fung TT. Low-Carbohydrate Diets and All-Cause and Cause-Specific Mortality. Ann Intern Med 2010;153:289-298

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2017年10月号
膀胱炎の正しい知識と治し方NEW
2017年9月号
暑さ指数(WBGT)をもっと活用しましょう
2017年8月号
サルコペニアご存知ですか?
2017年7月号
認知機能障害について
2017年6月号
心房細動と診断されたら
2017年5月号
逆流性食道炎とバレット食道について
2017年4月号
頭痛について
2017年3月号
汗っかきに潜む怖い病気
2017年2月号
睡眠時間確保のすすめ
2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?
2016年12月号
高LDL-C血症(俗にいう悪玉コレステロール)について
2016年11月号
最近のがん免疫治療の話
2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上を
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ
2013年10月号
大腸がん検診受けていますか?
2013年9月号
ピロリ菌除菌治療の保険適用が拡大されました。
2013年8月号
今一度、低炭水化物食(糖質制限食)について考えてみましょう。
2013年7月号
片足立ちで靴下を履けますか?
2013年6月号
腹部大動脈瘤も人間ドック・健診で早期発見を
2013年5月号
アルコールと消化器疾患について
2013年4月号
糖尿病とがん・糖尿病治療とがんの関係
2013年3月号
最近の禁煙事情
2013年2月号
膵臓(すいぞう)がんについて知っておいてほしいこと
2013年1月号
遺伝的なリスクはその後の行いで変えられるかもしれません
2012年12月号
血尿とIgA腎症
2012年11月号
動脈硬化疾患予防ガイドラインについて
2012年10月号
機能性胃腸障害について
2012年9月号
ドライアイのリスクと治療
2012年8月号
高血圧のタイプ別心血管・脳血管疾患リスクについて
2012年7月号
遺伝情報を用いたオーダーメイド医療の時代が、すぐ近くまで来ています。
2012年6月号
今の生活習慣が老後を決めてしまうかもしれません
2012年5月号
がん治療の最前線
2012年4月号
骨粗鬆症の予防について
2012年3月号
高血圧とは ガイドラインを中心に
2012年2月号
消炎鎮痛剤とがんの意外な関係
2012年1月号
食習慣改善はお菓子やジュース類を減らす事から始めましょう
2011年12月号
日本人はなぜ平均寿命が世界でトップクラスなの?
2011年11月号
大腸がん対策について
2011年10月号
生活習慣改善の目標と方法
2011年9月号
ひとりひとりが認知症に対する備えを
2011年8月号
よい睡眠が健康にはとても重要です
2011年7月号
たかがコレステロール、されどコレステロール
2011年6月号
肺がんには胸部CTが有効です
2011年5月号
動脈硬化を調べましょう
2011年4月号
「脂肪肝なんて」と軽く考えていませんか
2011年3月号
減量に最適なカロリーバランスは?
2011年2月号
血清抗p53抗体に関する話題
2011年1月号
関節リウマチの話題

お元気ですか

季刊誌

2017年7月号NEW
・私の健康法 前橋育英高等学校 硬式野球部監督 荒井直樹/・膵がんについて 順天堂大学 肝胆膵外科 准教授 吉本次郎/・むし歯予防の日/管理栄養士 花里 映里/・夏バテに注意しましょう 管理栄養士 花里映里/・肩こり予防・解消のペット ボトル体操 ヘルスケアトレーナー 原田 健/・ステキな素足ライフを 保健師 野中未夏/・歩いて健康 文京巡り 第10回「駒込富士神社」/・医療情報 第4回「健康と経営を考える会」シンポジウム開催
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
同友会グループの社会貢献
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック2020 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
取材に関するお問合せ
取材に関するお問合せ

ページトップ