同友会メディカルニュース

2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話

あまり生活に馴染みのない臓器ですが、今月は小腸の検査方法についてとりあげたいと思います。

1. ~『暗黒の臓器』小腸について~

私達が食べた食物は、食道・胃・小腸・大腸などの消化管という長い管を通して、消化・吸収されていきます。その中でも,小腸は栄養の吸収を一手に引き受けている大事な臓器で、小腸の表面をおおっている絨毛(じゅうもう)と呼ばれるビロード状の突起を広げるとその面積はテニスコート1面分になると言われています。小腸は長さ6~7メートルもある上に、お腹の内側で固定されておらず、自由に伸び縮みするやわらかい管がクネクネと長く曲がりくねっている構造のため内視鏡による精密検査が難しい臓器でした。そのため『暗黒の臓器』と言われてきました。他の部位の内視鏡が日々進歩する中、小腸の内視鏡検査は30年近く進歩していませんでした。しかし2000年に入ってから小指の先くらいの大きさのカプセル内視鏡が開発され、さらに2001年にはダブルバルーン内視鏡が考案され、小腸も精密検査ができるようになり、一躍脚光を浴びるようになりました。

2. なぜ小腸の検査?

原因不明の消化管出血、小腸に病気の多いクローン病やベーチェット病の炎症の診断、小腸腫瘍の診断が格段に進歩しました。小腸腫瘍はまれで全消化管の1-2%といわれています。今までは小腸の進行した悪性疾患以外の発見は困難でしたが、検査の進歩によりより小さな病変の診断が可能となっています。また吐血や下血の症状があり、上部下部内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ)を行っても出血源がどこにあるかわからない場合、これまで手術に至っていた症例もスクリーニング検査や小腸内視鏡検査、さらに止血術も可能になりました。しかし、小腸の検査は、まだ一般のクリニックや病院で、健康診断目的で気軽に受けられる検査ではありません。

3. 新しい検査方法 ~バルーン式小腸内視鏡~

従来の内視鏡では、小腸のやわらかい腸管を伸ばしてしまい、奥まで届きませんでした。そこで、バルーン付きの外筒を内視鏡と一緒に用いて、腸管をアコーディオンのように折りたたんで尺取り虫のように進んでいくように改良したのが“バルーン式小腸内視鏡”です。経口からと肛門からのアクセスで全小腸の内視鏡観察が可能となりました。全小腸の観察のみならず処置や内視鏡治療へ応用できる画期的な検査法なのです。(図1 図2)

バルーン式小腸内視鏡1
図1 バルーン式小腸内視鏡

バルーン式小腸内視鏡2

4. 新しい検査方法 ~カプセル内視鏡~

カプセル内視鏡はごく小さい機器ですが、体内で1秒間に2枚の画像を撮影し、それを体外に無線送信する機能を備えた高性能の精密機器です(図3)。もともとはイスラエル国防省内の研究所で軍事目的のカメラとして開発が進められてきたものを、医学分野に応用したものです。カプセル型の小さな内視鏡を少量の水といっしょに口から飲み込み、半日ほど普通に過ごすだけで検査が終了します。検査に伴う苦痛や時間的制約が少ないという利点がある一方、検査費用が高価となり、6万枚程度の画像解析が必要で時間と労力も要します。また内蔵されたバッテリーのパワーと作動時間の問題、腸管滞留の問題、受動撮影(見たい部位へカプセルを誘導することができないこと)、組織の採取やポリープ切除などの処置ができないなど課題も残されています。現在では食道、小腸、大腸用のカプセル内視鏡が存在し、観察可能となっています。遠隔操作を行えるようなカプセル内視鏡検査も近い将来には可能となるかもしれません。さらに病変のあるところにカプセル内視鏡を誘導し薬剤をまいたり、ポリープやガンを切除したりといった処置もできれば、SFの世界のような話も実現化するかも?しれません。

カプセル内視鏡
図3 カプセル内視鏡

掲載内容は、最新の医療情報であり当会では実施していない検査です。

同友会メディカルニュース / 医療と健康(老友新聞)

同友会メディカルニュース

お元気ですか

季刊誌

2019年1月号NEW
・私の健康法 読売新聞スポーツアドバイザー 報知新聞評論家 堀内 恒夫/・パーキンソン病について/順天堂大学大学院 医学研究科 神経学 藤巻 基紀・平成29年「国民健康・営業調査」の結果/管理栄養士 花里 映里/・ペットボトル体操~腰周りを鍛える~ 運動指導科 原田 健/・早めに対策!乳がん予防 保健師 野中 未夏/・歩いて健康 文京巡り 第16回「護国寺」/・医療情報 第45回医学講演会「企業を成長に導く女性の健康推進」開催
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
同友会グループの社会貢献
健康と経営を考える会
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック2020 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
メディア掲載
取材に関するお問合せ

ページトップ