• TOP  >
  • 同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話

あまり生活に馴染みのない臓器ですが、今月は小腸の検査方法についてとりあげたいと思います。

1. ~『暗黒の臓器』小腸について~

私達が食べた食物は、食道・胃・小腸・大腸などの消化管という長い管を通して、消化・吸収されていきます。その中でも,小腸は栄養の吸収を一手に引き受けている大事な臓器で、小腸の表面をおおっている絨毛(じゅうもう)と呼ばれるビロード状の突起を広げるとその面積はテニスコート1面分になると言われています。小腸は長さ6~7メートルもある上に、お腹の内側で固定されておらず、自由に伸び縮みするやわらかい管がクネクネと長く曲がりくねっている構造のため内視鏡による精密検査が難しい臓器でした。そのため『暗黒の臓器』と言われてきました。他の部位の内視鏡が日々進歩する中、小腸の内視鏡検査は30年近く進歩していませんでした。しかし2000年に入ってから小指の先くらいの大きさのカプセル内視鏡が開発され、さらに2001年にはダブルバルーン内視鏡が考案され、小腸も精密検査ができるようになり、一躍脚光を浴びるようになりました。

2. なぜ小腸の検査?

原因不明の消化管出血、小腸に病気の多いクローン病やベーチェット病の炎症の診断、小腸腫瘍の診断が格段に進歩しました。小腸腫瘍はまれで全消化管の1-2%といわれています。今までは小腸の進行した悪性疾患以外の発見は困難でしたが、検査の進歩によりより小さな病変の診断が可能となっています。また吐血や下血の症状があり、上部下部内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ)を行っても出血源がどこにあるかわからない場合、これまで手術に至っていた症例もスクリーニング検査や小腸内視鏡検査、さらに止血術も可能になりました。しかし、小腸の検査は、まだ一般のクリニックや病院で、健康診断目的で気軽に受けられる検査ではありません。

3. 新しい検査方法 ~バルーン式小腸内視鏡~

従来の内視鏡では、小腸のやわらかい腸管を伸ばしてしまい、奥まで届きませんでした。そこで、バルーン付きの外筒を内視鏡と一緒に用いて、腸管をアコーディオンのように折りたたんで尺取り虫のように進んでいくように改良したのが“バルーン式小腸内視鏡”です。経口からと肛門からのアクセスで全小腸の内視鏡観察が可能となりました。全小腸の観察のみならず処置や内視鏡治療へ応用できる画期的な検査法なのです。(図1 図2)

バルーン式小腸内視鏡1
図1 バルーン式小腸内視鏡

バルーン式小腸内視鏡2

4. 新しい検査方法 ~カプセル内視鏡~

カプセル内視鏡はごく小さい機器ですが、体内で1秒間に2枚の画像を撮影し、それを体外に無線送信する機能を備えた高性能の精密機器です(図3)。もともとはイスラエル国防省内の研究所で軍事目的のカメラとして開発が進められてきたものを、医学分野に応用したものです。カプセル型の小さな内視鏡を少量の水といっしょに口から飲み込み、半日ほど普通に過ごすだけで検査が終了します。検査に伴う苦痛や時間的制約が少ないという利点がある一方、検査費用が高価となり、6万枚程度の画像解析が必要で時間と労力も要します。また内蔵されたバッテリーのパワーと作動時間の問題、腸管滞留の問題、受動撮影(見たい部位へカプセルを誘導することができないこと)、組織の採取やポリープ切除などの処置ができないなど課題も残されています。現在では食道、小腸、大腸用のカプセル内視鏡が存在し、観察可能となっています。遠隔操作を行えるようなカプセル内視鏡検査も近い将来には可能となるかもしれません。さらに病変のあるところにカプセル内視鏡を誘導し薬剤をまいたり、ポリープやガンを切除したりといった処置もできれば、SFの世界のような話も実現化するかも?しれません。

カプセル内視鏡
図3 カプセル内視鏡

掲載内容は、最新の医療情報であり当会では実施していない検査です。

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2017年4月号
頭痛についてNEW
2017年3月号
汗っかきに潜む怖い病気
2017年2月号
睡眠時間確保のすすめ
2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?
2016年12月号
高LDL-C血症(俗にいう悪玉コレステロール)について
2016年11月号
最近のがん免疫治療の話
2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上を
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ

お元気ですか

季刊誌

2016年10月号NEW
・私の健康法 生稲晃子 女優/・乳がんについて 越谷市立病院 外科部長 行方 浩二/・ご存知ですか?機能性表示食品について/管理栄養士 花里 映里/・ダイナミック・ストレッチ/「足腰のウォーミングアップ」ヘルスケアトレーナー 原田 健/・ノロウィルス対策について/保健師 折野 順子/・歩いて健康 文京めぐり第7回「駒込大観音 光源寺」/・医療情報「日本人間ドック学会学術大会にて」

ページトップ