• TOP  >
  • 同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2011年2月号
血清抗p53抗体に関する話題

当会では2008年から腫瘍マーカー検査として血清抗p53抗体を追加しました。検診機関における同抗体の検査の意義がある程度分かってきましたので、今回取り上げてみます。

p53遺伝子は癌を抑制する遺伝子として知られています。例えば、この遺伝子を先天的に持っていない人もおられますが、彼らは非常に癌に罹りやすいということが知られているのです。またいろいろな癌の組織を調べると、組織中のp53遺伝子が変異(正常のものと比較して変わっている)していることが多いことも事実です。
細胞というものはある一定の間隔をおいて、分裂して成長してゆきます。その途中で遺伝子に変異が起きることがあり、変異した細胞が上手く排除されないと癌になる場合があります。p53遺伝子が変異すると正常細胞が癌細胞に変わった時に排除されにくくなり、その結果として癌はどんどん成長してゆくという図式が浮かび上がります。

さて、変異したp53遺伝子(図で、赤い丸印)は(正常のものと比較して)性質が変わったp53蛋白を作ります。これは正常のp53蛋白より細胞内に残りやすいと言われています。一方、体内ではいろいろな蛋白質を認識する抗体というものが作られますが、これらを測定することが可能になってきました。正常であればp53蛋白自体は消えてゆくのが早いために、p53蛋白自体を認識する抗体の量も少ないのです。ただ、性質が変わったp53蛋白は細胞内に残りやすいとされ、p53に対する抗体(抗p53抗体)も高値になると考えられています。(図1)

図1

ここで注意しておいてほしいことは抗p53抗体が高いからといって、必ずしも癌組織が体内に存在している訳ではないということです。抗p53抗体は大腸がんなどで早期がんの陽性率が高いと言われてはいますが、他の腫瘍マーカーと同様に疑陽性というものが存在します。ただ一つ面白いことが分かりました。それは同抗体が高かった人のうち、40%程度の方から大腸ポリープが見つかったことです。特に50歳を超すと同抗体高値の方の半分以上で同症と診断されました。(図2)

図2

通常、大腸ポリープがあるかどうかということは便に血液が混ざっているかどうかで類推するのですが、抗体が高値で大腸検査を受けた人のうち、便に血液が混ざっていた人は5%もおられませんでした。つまり、大半の方々は今までの検査では大腸ポリープを見過ごされていたことになります。大腸ポリープは癌に変化しやすいということが分かっており、大腸ポリープが見つかり、かつ、ある程度の大きさであれば切除します。抗p53抗体を測ったことにより大腸癌を未然に防ぐことができたとも言えましょう。

抗p53抗体についてはまだまだ分からないことが数多くあり、高値の方についてはおそらく5年~10年と追跡してゆかなければならないように感じています。ただ、現時点で分かったことを受診者の方々に還元することにより、癌を早期に発見することに努めてゆきたいと思う次第です。

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2017年7月号
認知機能障害についてNEW
2017年6月号
心房細動と診断されたら
2017年5月号
逆流性食道炎とバレット食道について
2017年4月号
頭痛について
2017年3月号
汗っかきに潜む怖い病気
2017年2月号
睡眠時間確保のすすめ
2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?
2016年12月号
高LDL-C血症(俗にいう悪玉コレステロール)について
2016年11月号
最近のがん免疫治療の話
2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上を
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ

お元気ですか

季刊誌

2017年1月号NEW
・私の健康法 女優 泉ピン子/・MRIについて 順天堂東京江東高齢者医療センター 放射線科 鈴木 賢/・二日酔い予防 管理栄養士 花里 映里/・ダイナミック・ストレッチ/「ペットボトル体操」ヘルスケアトレーナー 原田 健/・さらば冬風邪 保健師 内田 道子/・歩いて健康 文京めぐり第8回「牛天神 北野神社」/・医療情報「第54回健康管理研究協議会」

ページトップ