栄養士連載 食事プラスワン

第16回 関節の痛みには・・・

前回(第15回)栄養相談にて骨を丈夫にするための食事や生活のアドバイスを受けたノリエさん。今度はひざの痛みが気になり、関節に関係のある栄養素について質問したいことがあるようです。その様子をのぞいてみましょう。

こんにちは、ノリエさん。前回、骨を丈夫にするための食事や生活面でのお話をさせていただきましたが、その後いかがですか?

栄養士

53歳女性 ノリエさん

はい。あれから牛乳を毎日コップ1杯飲んでいますよ。あと、時間がある時だけですがお天気のいい日は買物のついでに公園で日向ぼっこしています。

ベンチ

どちらも骨を丈夫にするにはいい習慣ですね。ぜひ続けてみてください。

栄養士

53歳女性 ノリエさん

今回も相談したいことがあって来ました。前々から膝の痛みがあるんですけど、関節の痛みにはコラーゲンやコンドロイチン、グルコサミンなどのサプリメントがいいって聞きますが、効果はあるのでしょうか?

サプリメント

テレビなどでよく耳にしますよね。
効果の前に、まずこのようなサプリメントをとったあと体のなかでどうなるのかご存じですか?

栄養士

53歳女性 ノリエさん

体の中でどうなるのか・・・あまり考えたことはなかったわね。
そうねぇ。たくさんとれば体の中の少ないところに補充されるのかしら?

消化器

たとえば、コラーゲンをとると消化によって小さい小さい成分にまで分解されて、腸から吸収されます。ここで注意しないといけないのは、吸収された後、体内で、もういちどコラーゲンに構成されるとは限らないのです。
簡単にいうとコラーゲンをとったからといって、体内でまったくそのままの形で使われることはないのです。

栄養士

53歳女性 ノリエさん

あらそうなの!!コラーゲンをとれば、そのままお肌や関節のコラーゲンが増えると思っていたわ。

コンドロイチンやグルコサミンについては関節の痛みへの効果などについて研究がなされていますが、まだまだ分かっていないことが多いようです。
ひざなどに痛みがある場合、その原因は専門の医師でないとわかりません。思わぬ病気が隠れている可能性も考えられるのでサプリメントの摂取を考える前に、まずは病院を受診して、適切な検査や治療について医師に相談しましょう。

栄養士

53歳女性 ノリエさん

確かにそうね。サプリメントで何とかなるかなと軽く考えていました。まずは病院へ行った方がいいですね。

原因や治療方法がわかったほうがノリエさんも安心ですよね。体重を減らすことも膝への負担を減らすことになりますから、医師の了解の上で体重を無理なく減らす方法を一緒に考えていきましょう。

栄養士

コラム

膝や関節が痛い場合、思わぬ病気が隠れていたり、何か別の病気の兆候の可能性もあります。まずは医療機関を受診して、原因や治療方法を医師に相談しましょう。

サプリメントや健康食品の中には、摂取したあと体内で消化により分解されるものもあります。この場合、体内でまったくもとの状態で利用されるとは限りません。また、とればとるほどよいとは限りません。中には栄養素のとり過ぎが問題になることもありますし、場合によっては処方されている薬の効き目を弱めたりすることもありますので注意する必要があります。特に治療中の方はサプリメントや健康食品を試す前に使用して問題ないかどうか必ず医師に相談してください。

注意
特に治療中の方は、食事量、調理方法など、必ず担当の医師や栄養士に確認し、指示に従ってください。

栄養バランスのよい食事とは

同友会メディカルニュース / 医療と健康(老友新聞)

同友会メディカルニュース

お元気ですか

季刊誌

2019年1月号NEW
・私の健康法 読売新聞スポーツアドバイザー 報知新聞評論家 堀内 恒夫/・パーキンソン病について/順天堂大学大学院 医学研究科 神経学 藤巻 基紀・平成29年「国民健康・営業調査」の結果/管理栄養士 花里 映里/・ペットボトル体操~腰周りを鍛える~ 運動指導科 原田 健/・早めに対策!乳がん予防 保健師 野中 未夏/・歩いて健康 文京巡り 第16回「護国寺」/・医療情報 第45回医学講演会「企業を成長に導く女性の健康推進」開催
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
同友会グループの社会貢献
健康と経営を考える会
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック2020 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
メディア掲載
取材に関するお問合せ

ページトップ