同友会メディカルニュース

2011年12月号
日本人はなぜ平均寿命が世界でトップクラスなの?

日本人は長生き・・

誰もが知っていることでしょうが、世界で一流の雑誌(Lancet)に日本人がなぜ世界でもトップクラスの平均寿命を誇るのか、そして健康なのかを論じており、その中で人間ドックのことが紹介されておりました(1)。今月はその論文の詳細について紹介します。

まずは乳幼児が死亡することが少なくなってきたことが大きな要因の一つです。あと、感染症が制御できるようになってきたこと。受診者の方にはよくお話するのですが、戦前の日本では若い人が結核でよく命を失っておりました。最近のテレビ番組で記憶に残っているものは、NHKが年末に放送している「坂の上の雲」。正岡子規が肺結核で喀血しながら壮絶な死をとげたことがドラマ化されていました。第二次世界大戦前、そして戦後しばらくは結核を筆頭にして、いわゆる感染症が健康に害を及ぼすものの主因でした。しかし、抗生物質の発達、普及により感染症はかなり克服されていったのです。

1960年代からは脳卒中が死因のトップに躍り出てきました。読者の中には祖父母もしくはご両親が、朝トイレに立った時に脳出血で亡くなったという経験をお持ちの方は相当数おられるのではないでしょうか?脳出血は高血圧症を有する人に多い病気で、幸い死を免れたにせよ、半身麻痺や言語障害が残る厄介なものでもあります。しかし、薬の効きが良くなり、一日に一回服用すれば済んでしまうものも登場したため、同症の管理がしやすくなりました。食塩の摂取量の調整も重要で、摂取量は1950年代は1日に30グラムでしたが、1980年代には14グラムまで減りました。これらが脳卒中の罹患率の低下につながったと考えられています。1980年代以降は癌による死亡がトップに躍り出、以後死亡原因のトップを独走しています。心筋梗塞は欧米ではかなり多いのですが、なぜか日本人では少ないことが特徴です。この点に関しては後に触れますが、体質的なものではなく、むしろ生活様式(例えばn-3やn-6脂肪酸の摂取状況など)が関与していると考えられています。

イラスト

これらのことに加えて、論文では人間ドックのことをhuman dry dockと記述してあり、長生きに一役買っていることが紹介されています。1500あまりの施設で、年間300万人が利用していると。その内容は以下の通りです。血液検査、尿検査、便検査、X線検査、超音波検査などを行い、病歴や生活様式について医師と話す。検査の後、医師は検査結果を説明し、生活様式に関して助言をする、これが大切だということです。人間ドックは受診者の肥満・高血圧症・高血糖・脂質代謝異常症・高尿酸血症などの危険因子を指摘し、コントロールすることにより、脳血管障害や心血管障害の一次予防を果たしています。また日本人に多い胃がんを筆頭にして、各種の癌を早期の状態で発見することにも重要な役割を演じています。MRIを用いた脳ドック、さらにはPETを用いて小さな癌までを発見しようとしている現実も紹介されていました。45-54歳の男性の70%は(人間ドックを含めて)年に一回健診を受けておられるという現実もあります。

その他の内容で印象的だったのは、日系アメリカ人ではがんや虚血性心疾患の罹患率が増えている事実から、そのような生活習慣病には遺伝的背景よりも生活習慣のほうの関与が高いと考えられること。日本人は食生活の安全性に細心の注意を払う国民性があること、教育水準が高く、健康への興味も深いこと。あと余談ですが、日本人のがんの特徴は他の東アジアの諸国と同様で、ヘリコバクターピロリ菌感染による胃がん(年間31000人が死亡)とC型肝炎ウイルスによる肝臓がん(年間23000人が死亡)が多いことが特徴です。しかし、食生活の欧米化に伴い、罹患する癌の種類も変貌していることはよく知られております。これからは大腸がん、肺がんなどに注意を払うべきかもしれません。喫煙が原因で死亡する人は年間12900人いるとされ、禁煙することで平均寿命は男性で1.9年、女性で1.6年延びるとも報じられております。反面、自殺は大きな問題点の一つであることも述べられています。確かに年間3万人くらいの方は自殺で命を失っており、これは癌で亡くなる方の10分の1程度ですから、大きな問題になりつつあります。

現在の日本人の食生活は従来の日本食と欧米の食環境とが良い具合に融合し合っているので、日本人は長寿であるとも言われています。美味しいものをお腹いっぱい食べたいという欲求は誰しもが持っているはず。肥満はいろいろな生活習慣病の一因にもなります。更に一歩進んで、健康寿命を満喫したいものです。

参考文献:

  • Naru IKEDA, Lancet 378, 1094-1105, 2011

同友会メディカルニュース / 医療と健康(老友新聞)

同友会メディカルニュース

お元気ですか

季刊誌

2019年4月号NEW
・私の健康法 落語家 三遊亭 小遊三/・解離性動脈瘤 順天堂大学 大学院医学研究科 循環器内科学 准教授 小西 博応/・生活習慣病予防のために、よく噛んでバランスの良い食事をとりましょう~その1~ 管理栄養士 花里 映里/・ペットボトル体操~体幹を鍛える~ 運動指導科 原田 健/・軽く考えると危ない! 口呼吸習慣を改善しましょう 保健師 脇神 亜希子/・歩いて健康 文京巡り 第17回「播磨坂さくら並木」/・医療情報 日本総合健診医学会第47回大会に同友会より2題口演
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
同友会グループの社会貢献
健康と経営を考える会
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック2020 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
メディア掲載
取材に関するお問合せ

ページトップ