同友会メディカルニュース

2013年7月号
片足立ちで靴下を履けますか?

ちょっと前になりますが、NHKの朝のニュースで面白い報道をやっていました。「ロコモ」という聞き慣れない言葉。その番組の中で、片足立ちで靴下を履けるかどうかということが取り上げられていました。内臓脂肪の多さと動脈硬化は関連があるとのことで、メタボリックシンドロームという概念が提唱され、それは今や広く認識されるようになりました。一方、ロコモとはロコモティブシンドローム(locomotive syndrome)の略(1)。日本語にすると運動器症候群という言葉になりましょうか?人間は骨や筋肉といった運動器により支えられて生きており、その運動器の障害により要介護になるリスクが高い状態になることをロコモティブシンドロームと称しています。健康寿命と関連性が高いということで今注目を浴びている話題の一つです。今回はロコモについてお話ししましょう。

人間は、他の動物に比較して両足で立つことが特徴です。人間が二歩足で立つことで手を有効に使えることになり、進化したことはよく耳にしますし、人間以外の動物は常時二本足で立つことは難しいことも分かります。私たちは何気なく立っていますが、実はまっすぐ立つためには足の筋肉や脊柱を支える筋肉などの力がある程度必要で、かつ調和が取れていることが必須と考えられています。そしてその筋力が落ちてくると背筋がピンと伸びず、前かがみの状態など、年齢を感じさせる姿勢になったりします。確かに後期高齢者で、筋骨隆々の人は皆無。手足も細くなってゆくのが一般的でしょうか。一方、若い人ならば脚の太い人は多く、更にこの二つの年齢層以外、例えば中年層では太っていても手足の細い人は多く見かけるようにも感じます。人間は60歳を過ぎて何も運動しなければ1年ごとに1%ずつ筋肉が減ると言われるくらいです。足には余分な脂肪分が少ないので、筋肉の衰えが顕著に反映されるのかもしれません。

ロコモ

さて、これらの筋肉の衰えがロコモと密接な関係を持っています。ロコモがなぜ問題になるかというと、将来の「要介護」のリスクと密接な関係があるためです。脚、腰、脊柱起立筋の筋力が落ちてくると、立ったり、座ったり、階段を登るとか、長く歩く、などの日常生活動作ができにくくなりますし、また転倒をきっかけに脚や腰の骨を折るとベッド上での生活を余儀なくさせられます。ロコモの簡単な診断は「片足立ちで靴下を履けるかどうか?」ということ。うまくできない人はロコモの可能性があります。

ではロコモ対策のためには何をしたら良いのか?簡単に言うと筋力を(若い時のまま)保持することです。話題を少し変えますが、世界最高齢でエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎さん。彼の足の筋力は40歳代の男性に匹敵するということがニュースで取り上げられていました。その強靭な足腰があったから凄いことができたのでしょう。三浦さんが転倒して腰の骨を折った、なんてあり得ないことのように思えます。もちろん、我々凡人は三浦さんの真似することは至難の業。ただ、日常生活で効果的に体を動かすことくらいはできるかもしれません。トレーニングジムなどの通うことは不要。そのかわり、例えば、エレベーターを使わずに階段を昇降すること、速足で歩くこと、電車の中で立つこと等々。日頃から運動することが大切とも言えます。多くの人は長生きしたいと思っていることでしょう。そこに、健康と活動できる体力が備わればより充実した人生が待っていると感じる次第です。

  • (1) http://www.jcoa.gr.jp/locomo/teigi.html 

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2017年10月号
膀胱炎の正しい知識と治し方NEW
2017年9月号
暑さ指数(WBGT)をもっと活用しましょう
2017年8月号
サルコペニアご存知ですか?
2017年7月号
認知機能障害について
2017年6月号
心房細動と診断されたら
2017年5月号
逆流性食道炎とバレット食道について
2017年4月号
頭痛について
2017年3月号
汗っかきに潜む怖い病気
2017年2月号
睡眠時間確保のすすめ
2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?
2016年12月号
高LDL-C血症(俗にいう悪玉コレステロール)について
2016年11月号
最近のがん免疫治療の話
2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上を
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ
2013年10月号
大腸がん検診受けていますか?
2013年9月号
ピロリ菌除菌治療の保険適用が拡大されました。
2013年8月号
今一度、低炭水化物食(糖質制限食)について考えてみましょう。
2013年7月号
片足立ちで靴下を履けますか?
2013年6月号
腹部大動脈瘤も人間ドック・健診で早期発見を
2013年5月号
アルコールと消化器疾患について
2013年4月号
糖尿病とがん・糖尿病治療とがんの関係
2013年3月号
最近の禁煙事情
2013年2月号
膵臓(すいぞう)がんについて知っておいてほしいこと
2013年1月号
遺伝的なリスクはその後の行いで変えられるかもしれません
2012年12月号
血尿とIgA腎症
2012年11月号
動脈硬化疾患予防ガイドラインについて
2012年10月号
機能性胃腸障害について
2012年9月号
ドライアイのリスクと治療
2012年8月号
高血圧のタイプ別心血管・脳血管疾患リスクについて
2012年7月号
遺伝情報を用いたオーダーメイド医療の時代が、すぐ近くまで来ています。
2012年6月号
今の生活習慣が老後を決めてしまうかもしれません
2012年5月号
がん治療の最前線
2012年4月号
骨粗鬆症の予防について
2012年3月号
高血圧とは ガイドラインを中心に
2012年2月号
消炎鎮痛剤とがんの意外な関係
2012年1月号
食習慣改善はお菓子やジュース類を減らす事から始めましょう
2011年12月号
日本人はなぜ平均寿命が世界でトップクラスなの?
2011年11月号
大腸がん対策について
2011年10月号
生活習慣改善の目標と方法
2011年9月号
ひとりひとりが認知症に対する備えを
2011年8月号
よい睡眠が健康にはとても重要です
2011年7月号
たかがコレステロール、されどコレステロール
2011年6月号
肺がんには胸部CTが有効です
2011年5月号
動脈硬化を調べましょう
2011年4月号
「脂肪肝なんて」と軽く考えていませんか
2011年3月号
減量に最適なカロリーバランスは?
2011年2月号
血清抗p53抗体に関する話題
2011年1月号
関節リウマチの話題

お元気ですか

季刊誌

2017年7月号NEW
・私の健康法 前橋育英高等学校 硬式野球部監督 荒井直樹/・膵がんについて 順天堂大学 肝胆膵外科 准教授 吉本次郎/・むし歯予防の日/管理栄養士 花里 映里/・夏バテに注意しましょう 管理栄養士 花里映里/・肩こり予防・解消のペット ボトル体操 ヘルスケアトレーナー 原田 健/・ステキな素足ライフを 保健師 野中未夏/・歩いて健康 文京巡り 第10回「駒込富士神社」/・医療情報 第4回「健康と経営を考える会」シンポジウム開催
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
同友会グループの社会貢献
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック2020 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
取材に関するお問合せ
取材に関するお問合せ

ページトップ