• TOP  >
  • 同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係  ~ 代謝異常の視点から ~

1.はじめに

牛肉や豚肉の過剰摂取は動脈硬化性疾患や糖尿病などの代謝疾患のリスクが増加する一方で、魚類の摂取量が多い方やベジタリアンの方はこれらの疾患リスクが比較的低いことが知られています。この理由として、従来は脂肪酸の量やバランスが関係していると考えられてきました。つまり、積極的に摂取したいn-3 (ω-3)不飽和脂肪酸、そして過剰な摂取を控えたい飽和脂肪酸のバランスが重要と考えられてきました(最近では飽和脂肪酸よりもn-6 (ω-6)不飽和脂肪酸やトランス脂肪酸が問題と考えられています)。

しかし、様々な研究結果からこの考え方だけでは説明がつかない事が明らかになりつつあります。例えば、魚類に多く含まれ、有効成分と考えられているn-3不飽和脂肪酸をサプリメントで摂取した場合、魚類を積極的に摂取した場合と同様の効果が得られるわけではありません。また、肉類に多い飽和脂肪酸の摂取量と各疾患の関連はさほど大きくはなさそうです。

つまり、脂肪酸以外の理由があると考えられます。その有力な候補として腸内細菌の関与があると思われます。近年、腸内細菌と様々な疾患との関連が注目されていますが、今回は肥満や代謝異常に関連する研究をいくつか紹介したいと思います。

2.腸内細菌と肥満・代謝の関係

まず動物実験(*1)ですが、腸内細菌を無菌状態にしたマウスに肥満マウスの腸内細菌と健常マウスの腸内細菌を移植したところ、肥満マウスの腸内細菌を移植群では有意に体脂肪が増加しました(図1)。

人においても腸内細菌の遺伝子解析をした研究(*2)で、たくさんの腸内細菌が肥満・血清脂質(コレステロールや中性脂肪など)・血糖など様々な代謝と相関していることが報告されています。一例を挙げますと、Firmicutes 65, Clostridia 101, Clostridiales 373という腸内細菌は、体重や中性脂肪とは負の相関(これらの細菌が多いほど体重や中性脂肪は低くなる)が認められました。腸内細菌は1000種類以上、数は100兆個以上とも言われていますが、このように腸内細菌のバランスが肥満や生活習慣病などの原因になりうる事が示唆されます。

図1

3.食習慣によって腸内細菌は異なる

食習慣によって腸内細菌のバランスは変化すると考えられており、米国の健常者の腸内細菌を調べた研究(*3)などでも示されています。
次にベジタリアンの方とベジタリアンではない方を比較した研究(*4)を紹介したいと思います。まず予備知識として図2をご覧ください。カルニチンという物質は肉類に比較的多く含まれますが、一部の腸内細菌は摂取したカルニチンを分解して最終的にトリメチルアミンN-オキシド(TMAO)という動脈硬化を強力に引き起こす物質に変化させてしまうと考えられています。ベジタリアンに比べてベジタリアンではない方では、カルニチンを最終的にTMAOに変化させてしまう腸内細菌が明らかに多いという結果でした。そして、両方の方々にカルニチンを多く含む試験食を食べてもらったところ、ベジタリアンの方はほとんどTMAOが増加しませんでしたが、ベジタリアンではない方では大きく増加しました(図3)。

このように、食習慣によって腸内細菌のバランスは大きく異なります。そして、腸内細菌バランスが異なると、同じものを摂取しても結果が異なる事が示唆されます。また、牛肉や豚肉の過剰摂取がある方では、腸内細菌は健康上不利益の多いバランスに陥りやすいと考えられますが、そのような方々もカロリー制限や低脂肪かつ食物繊維が多い食事に変更されますと、腸内細菌のバランスが改善する事も報告されています(*3,5,6)。

図2

図3

4.さいごに

今回お話させていただいた食習慣と腸内細菌の関連は、食習慣というものを栄養素や有効成分といった視点だけで判断すると、間違った結論に至る可能性を改めて気づかせてくれます。2013年の8月号でも述べさせていただきましたように、栄養は包括的に考えるべきです。7つの“あ”に注意しつつ、“3つの皿”を毎食意識していただき、健康的な食習慣を心がけてください。

  • 参考文献:
  • *1.Peter J, et al. An obesity-associated gut microbiome with increased capacity for energy harvest. Nature 2006;444:1027
  • *2.Karlsson FH, et al. Gut metagenome in European women with normal, impaired and diabetic glucose control. Nature 2013;498:99
  • *3.Wu GD, et al. Linking Long-Term Dietary Patterns with Gut Microbial Enterotypes. Science 2011;334:105
  • *4.Koeth RA, et al. Intestinal microbiota metabolism of L-carnitine, a nutrient in red meat, promotes atherosclerosis. Nature Med 2013;19:576
  • *5.Ley RE, et al. Microbial ecology: Human gut microbes associated with obesity. Nature 2006;444:1022
  • *6.Turnbaugh PJ, et al. Diet-Induced Obesity Is Linked to Marked but Reversible Alterations in the Mouse Distal Gut Microbiome. Cell Host Microbe 2008;3:213

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2017年2月号
睡眠時間確保のすすめNEW
2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?
2016年12月号
高LDL-C血症(俗にいう悪玉コレステロール)について
2016年11月号
最近のがん免疫治療の話
2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上を
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ

お元気ですか

季刊誌

2016年10月号NEW
・私の健康法 生稲晃子 女優/・乳がんについて 越谷市立病院 外科部長 行方 浩二/・ご存知ですか?機能性表示食品について/管理栄養士 花里 映里/・ダイナミック・ストレッチ/「足腰のウォーミングアップ」ヘルスケアトレーナー 原田 健/・ノロウィルス対策について/保健師 折野 順子/・歩いて健康 文京めぐり第7回「駒込大観音 光源寺」/・医療情報「日本人間ドック学会学術大会にて」

ページトップ