同友会メディカルニュース

2017年9月号
暑さ指数(WBGT)をもっと活用しましょう

例年、真夏になると日本のどの地域で最高気温が何度まで上がったとか、熱中症で何人搬送されたといったニュースをよく耳にします。今年も7月の熱中症による搬送者は統計開始以降最多になったと総務省消防庁からの発表がありました。8月に入って中旬までは比較的涼しい日が続きましたが、例年ですとお盆明けから9月にかけてもまだまだ熱中症になる方は多く、引き続き注意が必要です。

ところで、報道や天気予報を見ていると日中の「最高気温」にどうしても目が行きがちですが、実は熱中症の指標として気温よりも重要な「暑さ指数(WBGT)」というものがあることをご存じでしょうか?

暑さ指数(湿球黒球温度:WBGT=Wet Bulb Globe Temperature)は、1954年にアメリカで提唱された、熱中症を未然に防ぐことを主目的とした指標です。今では労働環境の指針としてその有効性が広く認められ、国際的に規格化されています。単位は気温と同じ摂氏度(℃)で表記されるのですが、実際のところその値は気温とはかなり異なります。

具体的には、WBGTは温度と湿度、輻射熱(ふくしゃねつ=地面や建物、体から出る熱)、風(気流)を総合的に評価したもので、構成比率は温度:湿度:輻射熱=1:7:2ぐらいなので、温度よりも湿度や輻射熱の方が大きく影響します。過去に東京で実際にあった2日間を比較してみると、最高気温が低くてもWBGTが高い日の方が熱中症で搬送された人がずっと多い事が分かります(図1)。

[ 図1 ] 2011年7月18日と8月15日の例(東京)
  7月18日 8月15日
最高気温 34.8℃ 33.2℃
最小湿度 42% 54%
WBGT 28.6℃ 30.2℃
熱中症搬送数 56人 100人

WBGTは日常生活に関する指針が定められていて(図2)、28度を超えると熱中症患者の発生率が急増することが知られています。都内では年0.4度の割合で上昇が続いていて、このままだと2020年東京オリンピックの開催期間は34度を超えるとする予測もあり、対策の必要性が指摘されています。

WBGT値を知るにはその場にWBGT温度計があれば一番正確ですが、環境省の熱中症予防サイトにある「暑さ指数(WBGT)の実況と予測」で自分が滞在する地点を調べたり、あるいは気温と湿度が分かれば関係表(図3)を用いて簡易的に算出することも出来ます。

[ 図2 ] 熱中症におけるWBGTの日常生活に関する指針
温度基準
(WBGT)
注意すべき
生活活動の目安
注意事項
危険
(31℃以上)
すべての生活活動でおこる危険性 高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい。外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する。
厳重警戒
(28~31℃)
すべての生活活動でおこる危険性 外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する。
警戒
(25~28℃)
中等度以上の生活活動でおこる危険性 運動や激しい作業をする際は定期的に充分に休息を取り入れる。
注意
(25℃未満)
強い生活活動でおこる危険性 一般に危険性は少ないが激しい運動や重労働時には発生する危険性がある。

日本生気象学会「日常生活における熱中症予防指針Ver.3」(2013)より

[ 図3 ] WBGT値と気温、湿度の関係表

WBGT値と気温、湿度の関係表

厚生労働省労働基準局より

仕事をする際には、「身体作業強度等に応じたWBGT基準値」が厚生労働基準局から示されている(図4)ので、基準を超える場合は冷房や除湿によって作業場所のWBGT値を低下させたり、現場のWBGT値でも許容しうる身体作業強度の低い作業に変更することが推奨されます。

[ 図4 ] 身体作業強度等に応じたWBGT基準値

身体作業強度等に応じたWBGT基準値

厚生労働省労働基準局より

気温だけを見て熱中症に備えようとすると、湿度や熱、換気等に対する注意がおろそかになり、今日は猛暑日ではないからと油断して危険な状態に陥りかねません。お出かけや屋内外で作業をするときは、これからは最高気温の予想だけではなく、暑さ指数(WBGT)がどれくらいになりそうかにも注意を払って対策を怠らないようにしてください。

参考になる情報サイト:

同友会メディカルニュース / 医療と健康(老友新聞)

同友会メディカルニュース

小石川の健康散歩道

保健師コラム

第24回
階段利用で歩数UP・プチ筋トレ♪NEW
第23回
釣って食べる!海釣りのオススメ~船酔い(乗り物)酔い対策編~
第22回
素敵な和菓子
第21回
『デンタルケアから始める健康管理』
第20回
『気にしていますか? 夜間熱中症』
第19回
本当の血圧はどれくらい? ‐意外と知らない血圧上昇の原因‐
第18回
五感を働かせ、楽しみながらの英語習得!認知症予防にも効果的!?
第17回
「素敵な靴は、素敵な場所に連れて行ってくれる」って本当?!
第16回
今、スポーツ観戦がアツイ!
第15回
釣って食べる!海釣りのオススメ ~運動編~
第14回
太鼓に感動!
第13回
運動前の糖質摂取―大事なのは種類とタイミング―
第12回
体質は遺伝する、習慣は伝染する。
第11回
新生活を迎える時ほど大切に!家族・身近な相手とのコミュニケーション
第10回
もっと気軽に健康相談♪
第9回
食材で季節を感じてみませんか?
第8回
夏の日差しを楽しむために
第7回
休日は緑を求めて…
第6回
お風呂好きは日本人だけ?
第5回
気分の高揚を求めて
第4回
みなさん、趣味はありますか?
第3回
休み明けの朝だってすっきりさわやか、そんな生活への...
第2回
忙しい日々こそ、1日をふりかえること。
第1回
少しの工夫で散歩が変わる!

お元気ですか

季刊誌

2019年7月号NEW
・私の健康法 あいおいニッセイ同和損害保険所属 プロランナー 川内 優輝/・膠原病とは 医療法人社団 同友会 管理者理事 日本リウマチ学会認定リウマチ専門医 松戸診療所 所長 髙谷 磨紀代/・生活習慣病予防のために、よく噛んで バランスの良い食事をとりましょう~その1~ 管理栄養士 花里 映里/・いすに座って腰痛体操~背中のストレッチ~運動指導科 原田 健/・日焼けによる肌老化。 アフターケアも重要です! 保健師 山下 眞理子/・歩いて健康 文京巡り 第18回「文京区立森鴎外記念館」/・医療情報 第6回「健康と経営を考える会」シンポジウム開催
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
同友会グループの社会貢献
健康と経営を考える会
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック2020 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
メディア掲載
取材に関するお問合せ

ページトップ