同友会メディカルニュース

2018年10月号
副腎偶発腫瘍-「副腎腫大」「副腎腫瘍疑い」と言われたら…

副腎とは

左右の腎臓のすぐ上にあり、体の恒常性を保つために必要な重要なホルモンを分泌している1cm位の小さな三角形の臓器で、外側の皮質と内側の髄質という二つの部分からなっています。

副腎皮質は、ステロイドホルモン(コルチゾール、アルドステロン、性ホルモン)を産生します。コルチゾールとはストレスから体を守り、糖利用の調整や血圧を正常に保つ働きを持ち、生きて行くために必要不可欠なホルモンです。アルドステロンは、塩分やカリウム、水分や血圧の調整に重要な働きをします。また、性ホルモンの前段階のホルモンも少量産生されます。

副腎髄質は、カテコラミンというホルモン(アドレナリン、ノルアドレナリン、ドパミン)を産生します。これらのホルモンは、心臓や血管をはじめ全身に作用し、循環・呼吸・代謝を調整します。非常時には、血圧を上昇させたり、心臓から血液を送り出す力を強めたり、エネルギー源としてブドウ糖を血中に放出させたりする重要な働きをします。

[ 図1 ] 副腎の位置、副腎の皮質と髄質

副腎の位置、副腎の皮質と髄質

偶発腫瘍(インシデンタローマ)

近年、エコー、CT、MRI等の画像診断の発達に伴い、健康診断や種々の疾患の精査過程で、たまたま副腎腫瘍が発見される機会が増えています。このように偶然発見された副腎腫瘍は副腎偶発腫瘍(Adrenal incidentalomaアドレナルインシデンタローマ)と総称されています。腹部CT施行例の 0.3~0.8% に副腎腫瘍が認められ、無症状でも中には機能性(ホルモンなどを産生する)腫瘍や悪性腫瘍があります。

わが国の副腎偶発腫瘍 3,678例の集計では、男性 51.9%、女性 48.1%、平均年齢 58.0 歳で、その内訳は非機能性副腎腺腫が 50.8% と最も多く,次いでコルチゾール産生腺腫 (クッシング症候群、サブクリニカルクッシング症候群)10.5%、カテコラミン産生腫瘍(褐色細胞腫)8.5%、アルドステロン産生腺腫(原発性アルドステロン症) 5.1% となっています。その他、転移性悪性腫瘍、骨髄脂肪腫、神経節神経腫、囊胞、悪性リンパ腫などがあります。

副腎のサイズが大きいほど副腎がんの可能性が高く、4 cm以上の腫瘍では、無症状でも悪性の確率が高いため、手術を考慮します。但し、大きくても、嚢胞や血腫など良性病変の場合もあります。

[ 図2 ] 副腎偶発腫瘍の内訳(文献2.より引用作図)

副腎偶発腫瘍の内訳

副腎偶発腫瘍が見つかったら

症状が無くても、機能性か非機能性か、悪性の可能性がないかを検査します。
早朝空腹で血液検査・尿検査を行い、機能性が疑われる場合は、負荷試験(薬剤によるホルモンについての詳しい検査)を行います。また、造影CT検査、MRI検査、PET-CT検査、シンチグラフィーなども、腫瘍の状態や悪性の可能性の評価に有用です。

機能性腫瘍、悪性が疑われる場合

良性のホルモン産生腫瘍の場合は、手術治療により治癒(ホルモンの正常化)が得られます。ホルモン異常の種類とその程度によっては、術前の投薬や術後のホルモン補充療法が必要となります。悪性の場合も、転移がなければ手術治療により治癒が得られます。副腎腫瘍は悪性であっても進行が緩徐のものも多く、術後しばらく経過して局所再発や遠隔転移が見つかることがあります。副腎皮質癌の5年生存率は60-80%、ステージ(病期)が進行すると30-50%となり予後不良です。また、悪性リンパ腫などの特殊な疾患では化学療法等を行います。

良性かつ非機能性腫瘍の場合

手術せず経過観察の方針になった場合でも、増大傾向やホルモン異常が徐々に現れ手術治療の方針に変わる症例が数%あるため、6~12カ月後にCTやMRIの画像検査、1年後にホルモン検査を行います。その後、1年ごとに3年間(可能であれば10年間)フォローしていきます。

[ 図3 ] 副腎偶発腫瘍の診断・治療の流れ

副腎偶発腫瘍の診断・治療の流れ

高血圧や糖尿病、肥満、それらの悪化が、実は副腎のホルモン過剰(ホルモン産生腫瘍)が原因であることもあります。一度精密検査について、主治医と相談なさってみてはいかがでしょうか。

人間ドックや健診で、「副腎腫大」、「副腎腫瘍疑い」と指摘された場合は、放置せずに内科外来を受診し詳しい検査を受けてみて下さい。

参考文献

  • 一般社団法人 日本内分泌学HP
    http://square.umin.ac.jp/endocrine/ippan/03_disease/02_04.html
  • 一城貴政,他.本邦における5年間の継続的副腎腫疫学調査―最終報告―厚生労働省研究補助金難治性疾患克服研究事業 副腎ホルモン産生異常に関する調査研究,平成 16 年度研究報告書.2005, 121-129.
  • 一城貴政,他.副腎偶発腫長期予後調査最終報告.厚生労働省研究補助金難治性疾患克服研究事業 副腎ホルモン産生異常に関する調査研究,平成 26 年度総括・分担研究報告書.2015, 51-59.
  • Sturgeon C, et al. Risk assessment in 457 adrenal cortical carcinomas: how much does tumor size predict the likelihood of malignancy? J Am Coll Surg. 2006, 202(3):423-30.
  • Fassnacht M, et al. Management of adrenal incidentalomas: European Society of Endocrinology Clinical Practice Guideline in collaboration with the European Network for the Study of Adrenal Tumors. Eur J Endocrinol. 2016, 175(2): G1-G34.
  • Jung-Min Lee, et al. Clinical Guidelines for the Management of Adrenal Incidentaloma. Endocrinol Metab. 2017, 32(2): 200–218.

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2018年12月号
失神の原因と対処法NEW
2018年11月号
尿路結石と生活習慣による予防法
2018年10月号
副腎偶発腫瘍
2018年9月号
前立腺がんのPSA検診について
2018年8月号
めまいについて
2018年7月号
大人の麻疹(はしか)―あなたは抗体を持っていますか?
2018年6月号
多発性嚢胞腎(のうほうじん)のことを御存じですか?
2018年5月号
動脈硬化を気にしていますか?
2018年4月号
健康的な食習慣によって腸内環境を整えましょう
2018年3月号
心不全の予防とケアを推進しよう!
2018年2月号
IPMNは経過観察が必要?
2018年1月号
「血圧高め」は「高血圧」になる?
2017年12月号
長引く咳の原因について
2017年11月号
人工知能の医療への応用
2017年10月号
膀胱炎の正しい知識と治し方
2017年9月号
暑さ指数(WBGT)をもっと活用しましょう
2017年8月号
サルコペニアご存知ですか?
2017年7月号
認知機能障害について
2017年6月号
心房細動と診断されたら
2017年5月号
逆流性食道炎とバレット食道について
2017年4月号
頭痛について
2017年3月号
汗っかきに潜む怖い病気
2017年2月号
睡眠時間確保のすすめ
2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?
2016年12月号
高LDL-C血症(俗にいう悪玉コレステロール)について
2016年11月号
最近のがん免疫治療の話
2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上を
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ
2013年10月号
大腸がん検診受けていますか?
2013年9月号
ピロリ菌除菌治療の保険適用が拡大されました。
2013年8月号
今一度、低炭水化物食(糖質制限食)について考えてみましょう。
2013年7月号
片足立ちで靴下を履けますか?
2013年6月号
腹部大動脈瘤も人間ドック・健診で早期発見を
2013年5月号
アルコールと消化器疾患について
2013年4月号
糖尿病とがん・糖尿病治療とがんの関係
2013年3月号
最近の禁煙事情
2013年2月号
膵臓(すいぞう)がんについて知っておいてほしいこと
2013年1月号
遺伝的なリスクはその後の行いで変えられるかもしれません
2012年12月号
血尿とIgA腎症
2012年11月号
動脈硬化疾患予防ガイドラインについて
2012年10月号
機能性胃腸障害について
2012年9月号
ドライアイのリスクと治療
2012年8月号
高血圧のタイプ別心血管・脳血管疾患リスクについて
2012年7月号
遺伝情報を用いたオーダーメイド医療の時代が、すぐ近くまで来ています。
2012年6月号
今の生活習慣が老後を決めてしまうかもしれません
2012年5月号
がん治療の最前線
2012年4月号
骨粗鬆症の予防について
2012年3月号
高血圧とは ガイドラインを中心に
2012年2月号
消炎鎮痛剤とがんの意外な関係
2012年1月号
食習慣改善はお菓子やジュース類を減らす事から始めましょう
2011年12月号
日本人はなぜ平均寿命が世界でトップクラスなの?
2011年11月号
大腸がん対策について
2011年10月号
生活習慣改善の目標と方法
2011年9月号
ひとりひとりが認知症に対する備えを
2011年8月号
よい睡眠が健康にはとても重要です
2011年7月号
たかがコレステロール、されどコレステロール
2011年6月号
肺がんには胸部CTが有効です
2011年5月号
動脈硬化を調べましょう
2011年4月号
「脂肪肝なんて」と軽く考えていませんか
2011年3月号
減量に最適なカロリーバランスは?
2011年2月号
血清抗p53抗体に関する話題
2011年1月号
関節リウマチの話題

お元気ですか

季刊誌

2018年7月号NEW
・私の健康法 リオデジャネイロオリンピック 男子陸上4×100mリレー銀メダリスト 山縣亮太/・慢性腎臓病―尿検査とeGFR(推算糸球ろ過量)の測定で早期発見を 品川クリニック 所長 横松 守/・食中毒に気をつけましょう/管理栄養士 花里 映里/・ペットボトル体操~体幹(腹筋)を鍛える~ 運動指導科 原田 健/・抗がん剤治療と仕事の両立 保健師 今井 真美/・歩いて健康 文京巡り 第14回「白山神社」/・医療情報 第5回「健康と経営を考える会」シンポジウム開催
巡回健診・巡回レディース健診
巡回健診
巡回レディース健診
全国対応健診
全国ネットワーク健診

全国健康増進協会

有料老人ホーム
長寿の森
高齢者向け新聞
老友新聞社
社会活動
学術活動・セミナーのご案内
同友会グループの社会貢献
健康と経営を考える会
がん検診企業リアクション
日本乳がんピンクリボン運動
目指せ東京パラリンピック2020 瀬立モニカ選手を応援しています
広報
メディア掲載
取材に関するお問合せ

ページトップ