• TOP  >
  • 同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2013年11月号
肺がん検診のススメ -たばこを吸わない人も油断は禁物-

この原稿をご覧になっているのはおそらく10月下旬か11月上旬頃の方が多いと思いますが、11月は世界的に「肺がん啓発強化月間 - Lung Cancer Awareness Month  - 」とされていて、特に11月17日は国際肺癌学会で「肺がん撲滅デー」に制定されていることをご存知でしょうか。

死亡原因1位になった今も増加し続ける肺がん

2011年の日本人の肺がん死亡者は70293名(男性50782名, 女19511名)で、男女合計と男性ではがん死亡原因の1位、女性でも2位を占めています。さらに問題は今も急な速度で増加し続けている事で、1999年では52177名(男性37934名、女性14243名)であったことから、この12年でも約35%増えています(図1)。また年代別に見ると、40歳を境に急激に発症率が上昇することが分かります(図2)。

部位別がん死亡者数の推移

年齢別肺がん死亡数

「たばこを吸わないから肺がんにはならない」は大きな間違い

非喫煙者の肺がんの原因として最もよく言われるのは受動喫煙ですが、それ以外にも相応の根拠があるとされるリスク要因はヒ素、アスベスト、ディーゼル排ガス、煤煙、その他大気中の有害化学物質、放射線、女性ホルモン、遺伝的感受性など多岐に渡ります。その大部分が住生活環境や性別、家系に関するものですので完全に予防(一次予防)することは難しく、また肺がんの早期では自覚症状は当てにならない事から、やはり検診などの機会を利用した早期発見、早期治療に努める(二次予防)ことが重要になります。

肺がんの原因に占める喫煙の割合

早期発見にはCT検査が有効

検診における肺がんの検査というとまず胸部X線(レントゲン)検査が思い浮かびますが、小さながんは胸部X線でははっきり映らない場合も多く、また心臓や太い血管の影に隠れた場所に発生する事も多いので、胸部X線だけでは早期発見は難しいと考えられています。特に喫煙以外の原因による肺がんは肺の入り口(肺門部)ではなく奥の方(末梢)に発生しやすいため血痰や咳などの症状が出にくいという特徴があり、自覚症状や胸部X線検査だけで大丈夫だろうと安心することは危険です。

それに対して、以前のメディカルニュース(2011年6月号「肺がんには胸部CTが有効です」)でも紹介させて頂きましたが、胸部CT検査であれば影に隠れた、末梢にある1センチ以下の早期肺がんでも見つける事が可能(図4)で、実際に肺がんの死亡率を下げることも証明されています2,3)。日本でもこれまで胸部X線とCT検査の効果を比較した報告は多数ありますが、CTの方が少なくとも2倍、多くの施設では5倍から10倍も肺がん発見率の上昇が認められています。

検診におけるCT検査の放射線量は低く、検査にかかる時間も5分程度で特別な準備は必要ありません。肺がんの検査というと他に「喀痰検査」や「腫瘍マーカー」もありますが、早期発見のためにはやはりCT検査が一番有効というのが専門家の間でも一致した意見です。検診で一律にCT検査が導入されない理由は有効性や手間の問題ではなくコスト面が大きいと考えられます。肺がん検診の受診率はまだ20%台であり、肺がんから身を守るためには受診者一人一人が自ら必要な検査を取り入れていく意識を持つことが大切です。

胸部X線では映らずCTで見つかった肺がん

肺がん撲滅キャンペーンのご案内
同友会では肺がん啓発強化月間の11月から来年3月まで「同友会肺がん撲滅キャンペーン」を展開しており、受診者の方に積極的な検査の必要性を呼びかける活動をこれからも継続していきます。人間ドックや健康診断に追加していただく他、肺がん検査(胸部CT、肺がんセット、スモーカーズドック等)のみの検査でもキャンペーン価格にてご受診いただけますので、既に今年の健診を終了した方にもおすすめします。特に「肺がん撲滅デー」にあたる11月17日(日)は、今回の対象は女性のみですが春日クリニックを臨時オープンして検診を受け付けています。これまで「タバコを吸わない自分は肺がんに縁はない」と思っていた40歳以降の方を中心に、こうした機会を利用して肺がん検診を受けてみられる事を是非おすすめします。

同友会メディカルニュース

同友会メディカルニュース

2017年4月号
頭痛についてNEW
2017年3月号
汗っかきに潜む怖い病気
2017年2月号
睡眠時間確保のすすめ
2017年1月号
食塩摂取量気にしていますか?
2016年12月号
高LDL-C血症(俗にいう悪玉コレステロール)について
2016年11月号
最近のがん免疫治療の話
2016年10月号
乳房超音波検査で乳がん発見率の向上を
2016年9月号
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について
2016年8月号
夜中に足がつることはありませんか?
2016年7月号
ピロリ菌検査で「陰性」であっても気を付けて欲しいこと
2016年6月号
お薬手帳利用していますか?
2016年5月号
「座りっぱなし」をなくしましょう!
2016年4月号
歯周病、喫煙と乳がんとの関係
2016年3月号
血圧はどこまで下げればよいのか?
2016年2月号
過敏性腸症候群について
2016年1月号
脳動脈瘤について
2015年12月号
長時間労働は心・脳血管障害の大きなリスク
2015年11月号
「胆管がん」ってどんな病気?
2015年10月号
慢性膵炎についてご存知ですか?
2015年9月号
地中海食をもとに健康的な食習慣について考えましょう
2015年8月号
乳がん検診を受けましょう!
2015年7月号
コレステロールの摂取制限について
2015年6月号
アサーショントレーニング
2015年5月号
~胃の寄生虫、『アニサキス』について~
2015年4月号
うつ病について
2015年3月号
「体を動かすということ」をもう一度考えて...
2015年2月号
進歩する内視鏡検査
2015年1月号
高血圧について
2014年12月号
甘く見てはいけないインフルエンザ
2014年11月号
リンパ球と癌の関係
2014年10月号
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)について
2014年9月号
睡眠時無呼吸症候群:いびきだけではない危険な病気
2014年8月号
小腸カプセルとダブルバルーンの話
2014年7月号
大動脈弁狭窄症の新しい治療法 -TAVI-
2014年6月号
世界肝炎デーご存知ですか?
2014年5月号
「胆石」の事をよく知って正しく付き合いましょう
2014年4月号
食習慣と腸内細菌の関係~代謝異常の視点から~
2014年3月号
さだまさしさんの歌に思う-鉄欠乏性貧血の話-
2014年2月号
データヘルス計画が始まります
2014年1月号
『胸やけ、げっぷ』ありませんか?
2013年12月号
「潜在性甲状腺機能低下症」ってご存じですか?
2013年11月号
肺がん検診のススメ

お元気ですか

季刊誌

2017年1月号NEW
・私の健康法 女優 泉ピン子/・MRIについて 順天堂東京江東高齢者医療センター 放射線科 鈴木 賢/・二日酔い予防 管理栄養士 花里 映里/・ダイナミック・ストレッチ/「ペットボトル体操」ヘルスケアトレーナー 原田 健/・さらば冬風邪 保健師 内田 道子/・歩いて健康 文京めぐり第8回「牛天神 北野神社」/・医療情報「第54回健康管理研究協議会」

ページトップ